• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Service Management Cloud の Insight とは?

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。

2020 年、Atlassian は Jira アプリである Insight の元の作成者である Mindvilleを買収しました。現在は、Insight (アセット管理) の機能拡張、その機能の Jira Service Management Cloud Premium と Enterprise 製品への統合を進めています。

Jira Service ManagementInsight 機能を使用すると、チームはアセット、構成アイテム、リソースを追跡して、アプリケーション、サービス、その基盤となるインフラストラクチャ、その他の重要な依存関係の重要な関係を把握して視覚化できます。

Insight を使用すると、IT チームは次を実行できます。

  • 顧客のアセットを課題に直接リンクすると、サービス リクエストを迅速にクローズできます。

  • 変更によるダウンストリームの影響を理解することで、IT リスクを最小化します。

  • 課題にコンテキストを追加して、重大なインシデントを迅速にトラブルシューティングして解決します。

  • インフラストラクチャの詳細な可視化によって、根本的な問題をより的確に特定して解決できるようにします。

  • アセットの追跡によって、計画、監査、コンプライアンス アクティビティをサポートします。

Insight は Jira 上に構築されているため、チームはアセットと構成を、サービス リクエスト、インシデント、問題、変更、ワークロードに迅速かつ簡単に結び付けられます。

レガシー構成管理データベース (CMDB) とは異なる、柔軟でオープンな Insight のデータ構造を使用して、チームは ITSM プラクティスのサポートに重要なあらゆるアセットを管理できます。人事、セールス、マーケティング、法務、施設、その他の部門も Insight を使用して、資産とリソースを追跡して管理できます。

 

最終更新日 2021年04月20日)
次でキャッシュ 9:37 PM on Oct 28, 2021 |

その他のヘルプ