• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

インポート構造を作成する

Jira Service Management のアセットは、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトのみと互換性があります。アセットの詳細についてご確認ください

Jira Service Managementアセットは、さまざまなタイプの複数のインポートを保存して実行できます。インポートのタイプごとにインポート構造が必要です。この構造は、データの検索場所とアセットが特定のインポート タスクを管理する方法に関する情報をまとめたものです。

はじめる前に

Jira Service Managementアセットにインポートするデータを準備する必要があります。

インポート構造を作成するには、次の手順に従います。

  1. サービス プロジェクトから、[アセット] > [オブジェクト スキーマ] の順に移動します。

  2. オブジェクト スキーマを選択します。

  3. [スキーマ設定] を選択して、次に [インポート] タブを選択します。

  4. [インポート] タブで、次の手順に従います。

    1. インポート構造がない場合は、メッセージ「インポート構造が作成されていません」が表示されます。[最初に作成] をクリックします。

    2. インポート構造がすでに作成されている場合は、[インポートを作成] をクリックして新しいインポート構造を追加します。

  5. ポップアップ ウィンドウから、次のいずれかを選択します。

    1. Discovery インポート - Asset Discovery ファイルからデータをインポートします。

    2. CSV インポート - CSV (コンテンツ区切り値) ファイルからデータをインポートします。

    3. JSON インポート - JSON (JavaScript オブジェクト表記) ファイルからデータをインポートします。

    4. 外部インポート - 外部アプリからデータをインポートします。アセットにデータをインポートするアプリの開発方法に関する詳細をご確認ください

  6. 次に、[インポート構造を定義] 画面でインポート構造を設定します。外部インポートを作成する場合は 、このステップをスキップできます。

    1. Name (required) (名前 (必須)): インポート設定の名前を入力します。

    2. 説明: インポート設定の説明を入力します。

    3. ファイルをドラッグ & ドロップするか参照する (必須) - ここにソース データ ファイルをドラッグ & ドロップするか参照します。

    4. オブジェクト タイプと属性を自動で作成する - このオプションを無効にするには、データのインポート前にデータをスキーマに手動でマッピングする必要があります。データの手動マッピングに関する詳細についてご確認ください。

    5. その他のオプション - アセットが区切り文字、エンコード、空または未知の値、連結、日付形式を処理する方法を変更するには、ここで既定値を変更します。

      1. Delimiter (required) (区切り文字 (必須): ファイルで使用する区切り文字を選択します。区切り文字は、ある値の終わりと次の値の始まりの場所を示す文字です。「\ t」で示される「タブ」文字を除いて、1 文字の長さの区切り文字のみが許可されます。区切り文字または二重引用符を含めるには、それぞれの値を二重引用符で囲みます。

      2. Encoding (required) (エンコーディング (必須)): CSV ファイルで使用するエンコーディングを選択します。デフォルトのエンコーディングは UFT-8 です。

      3. 連結子 (必須) - 複数の値を 1 つのアセット属性に結合する場合は、連結子を使用できます。初期設定ではダッシュ記号「-」です。データがスペースで連結されている場合は「/s」を入力できます。

      4. Empty values (required) (空の値 (必須)): 空の値を削除するか無視するかを選択します。

      5. Unknown values (required) (不明な値 (必須)): 空の値を無視するか追加するかを選択します。

      6. 日付形式 - 日付をアセットに変換する形式を選択します。何も指定されていない場合は、アセットが正しい形式を自動で検索します。

      7. 日時の形式 - 日時をアセットに変換するための日時形式。何も指定されていない場合は、アセットが正しい形式を自動で検索します。

  7. [作成] を選択します。

  8. これで、[インポート] タブに新しいインポート構造が入力されます。

アセットにデータをインポートする方法

  1. アセットにデータをインポートするには、次の 5 つのステップに従います。

    1. データを準備します

    2. インポート構造を作成します。インポートには 4 つのタイプがあります。

      1. Discovery。Discovery のデータをアセットに取り込む方法の詳細をご確認ください。

      2. CSV。インポート用に CSV を設定する方法の詳細をご確認ください。

      3. JSON インポート。JSON ファイルからのデータのインポートに関する詳細をご確認ください。

      4. 外部インポート。アセットにデータをインポートするアプリの開発方法に関する詳細をご確認ください

    3. データをマッピングします。次の 2 つのオプションがあります。

      1. オブジェクト タイプと属性を自動で作成することで、データを自動でマッピングするか、

      2. 次の方法でデータを手動でマッピングします。

        1. オブジェクト タイプ マッピングによってアセット オブジェクト タイプを作成する

        2. オブジェクト タイプ属性マッピングによってアセット属性と参照を作成する

        3. 子オブジェクト タイプ マッピングによって階層的な親と子の構造を作成する。

    4. オブジェクト タイプ マッピングを作成したら、それらを有効にする必要があります。すべてのオブジェクト タイプ マッピングが [有効化] に設定されるまで、インポート構造は実行されません。オブジェクト タイプ マッピングが有効にされていない場合は、オブジェクト タイプ マッピングを右クリックして [有効化] をクリックして有効にします。

    5. インポートを実行します

 

その他のヘルプ