• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

検索結果のビューを変更する

検索を実行する際には、課題の一覧全体を確認する必要がある場合も、1 つの課題を探している場合もあります。いずれの場合も、検索結果の課題の表示方法を変更したり、表示される課題を編集したりすることができます。

次の 2 つのビューを切り替えられます。

  • リストビュー

  • 詳細ビュー

リストビュー

リスト ビューでは、検索結果が課題のリストとして表示されます。このビューは簡単にチェックできるため、各課題に関するいくつかの詳細だけを確認する場合に最適です。

一覧ビューでは、プロジェクトでの検索結果から個々の課題に関して、検索結果を開くことなく、作業の記録、ステータスの更新、ファイルの添付、コメント、移動、クローン、削除、その他のアクションを実行できます。

詳細ビュー

詳細ビューでは、検索結果が課題のリストとして表示されて、現在選択している課題の詳細が右側のパネルに表示されます。このビューは、個々の課題に関する詳細が必要である場合、または (特定のフィールドのインライン編集によって) 課題をすばやく編集したい場合に最適です。リスト ビューでは、個々の課題での作業の記録、ステータスの更新、ファイルの添付、コメント、移動、クローン、削除、その他のアクションを、課題を開くことなくプロジェクトの検索結果から実行できます。

検索結果のビューを変更するには、次の手順に従います。

  • 右上の [ビューを変更]ボタン ( または ) を選択すると、[すべての課題を表示] から検索結果のリスト ビュー詳細ビューを切り替えます。 

  • プロジェクトで検索結果を表示する方法を変更するには、[リスト ビュー] または [詳細ビュー] を選択します。

並び順の変更

リスト ビューをご利用の場合は、列名をクリックして課題を並べ替えます。同じ列名を何度か選択すると、並べ替え順が昇順と降順で切り替わります。

注意:

  • [画像] 列またはサブタスク集計列 ("∑" で始まるすべての列) で並べ替えを行うことはできません。

  • 高度な検索を行って検索結果を並べ替えた場合、"ORDER BY" 句 が JQL クエリに追加 / 更新され、検索結果での課題の表示順に反映されます。

詳細ビューをご利用の場合は、[並び順] を選択して課題を昇順または降順に並べ替えます。

フィールドを列として設定する

自身や特定のフィルター用に、異なる列設定を作成できます。

このアクションはリスト ビューでのみ利用可能です。詳細ビューをご利用の場合は、まずリスト ビューに切り替える必要があります。

Jira には、次のような列設定があります。

  • ユーザー既定値: これは、検索結果用の既定の列設定です。

  • フィルタ: これは、フィルタについての検索結果を表示している場合に有効になります。これはユーザーの既定設定を上書きします。

  • システム (Jira 管理者に対してのみ表示されます): これは、すべてのユーザーに適用される列設定です。ユーザーの既定の列設定とフィルター固有の列設定によってオーバライドされます。

列を表示または非表示にする

列設定を切り替えるには、[列を設定] を選択して、[ユーザー既定値]、[フィルター]、または [システム](Jira 管理者に対してのみ表示されます)のいずれかのタブを選択します。

また、次の任意の設定を変更できます。

フィールドを列として表示または非表示にするには、次の手順に従います。

  1. [] を選択して、[ユーザー既定値]、[フィルター]、または [システム] のいずれかを選択します。

  2. 追加または削除するフィールドをスクロールして探すか、フィールド名を "検索" フィールドに入力します (スクロールではすべてのフィールド名が表示されないことがあります。見つからない場合は "検索" フィールドにフィールド名を入力してください)。

  3. フィールドをオンまたはオフにして、フィールドを表示または非表示にします。

列として設定できるフィールドの数は 500 です。最も重要なものだけをビューに追加することをお勧めします。500 を超えるフィールドを列として表示する場合は、課題をエクスポートできます。

リスト ビューにフィールドが表示される順序を変更できます。フィールドを列として並べ替えるには、列を希望の位置にドラッグ & ドロップするだけです。

プロジェクトの検索結果の列を設定する

プロジェクト内の課題を検索するときに、最も重要なフィールドがリスト ビューに表示されるようにビューをカスタマイズできます。

フィールドを列として設定するには、次の手順に従います。

  1. プロジェクトのサイドバーから [課題] を選択します。

  2. [列を設定] を選択します。

  3. 課題と共に表示するフィールドを選択します。

リスト ビューにフィールドが表示される順序を変更できます。フィールドを列として並べ替えるには、列を希望の位置にドラッグ & ドロップするだけです。

列を移動する

フィールドを列として追加したあとは、列を好きな位置にドラッグして移動することもできます。

列が見つからない場合、以下の制限のいずれかに該当している可能性があります。

  • 課題フィールドの列では、非表示に設定されておらず、かつユーザーが表示権限を持っている列のみを表示できます。

  • 一部のカスタム フィールドは、選択されていても、すべての課題を検索している場合に課題ナビゲーターに表示されません。たとえば、プロジェクト固有のカスタム フィールドは、フィルターがそのプロジェクトに限定された場合にのみ表示されます。課題タイプ カスタム フィールドは、フィルターがその課題タイプに限定された場合にのみ表示されます。

フィルター固有の列順を定義する

保存されたフィルターで列の順序を定義できます。これにより、フィルター結果は保存された列順に従って表示されます。これを設定しない場合、結果は自身の列順の設定 (設定済みの場合) またはシステムのデフォルトに従って表示されます。

購読しているフィルターで、指定した列順で情報を表示するには、ユーザー プロファイルの [送信メール形式]で HTML を選択します。。Jira からテキスト形式のメールを受け取っている場合、設定した列の順序で表示することはできません。

保存済みのフィルターに列レイアウトを追加する方法:

  1. 更新したいフィルターを見つけます。

  2. フィルター名をクリックして結果を表示します。列が見えるようにリスト ビューでフィルターが表示されるようにしてください。

  3. 列名をクリックして新しい位置へドラッグすることで、列順を希望にあわせて設定します。変更は保存され、このフィルターを次回参照したときにも反映されます。

フィルターの保存済みレイアウトを削除する方法

  1. 更新したいフィルターを見つけます。

  2. フィルター名をクリックして結果を表示します。列が見えるようにリスト ビューでフィルターが表示されるようにしてください。

  3. 列を設定] > [既定値に戻す] を選択します。

課題を列順でエクスポートする

フィルターを使用するときは、[課題をエクスポート] を選択して、フィルター内のフィールドをさまざまな形式でエクスポートします。たとえば、保存済みフィルターの結果を Excel にエクスポートする場合、列順と列の選択はフィルターに保存されたようになります。ユーザーが画面上の結果について個人的に列順を設定している場合も、Excel エクスポートには保存済みの設定が使用されます。独自の設定を使用してエクスポートするには、自身の設定を含む状態でフィルターをコピーして保存してから結果を Excel にエクスポートします。

フィルターを使用しない場合は、[課題をエクスポート] を使用して、既定のフィールドをさまざまな形式でエクスポートできます。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。