• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

企業管理対象プロジェクトでリクエスト タイプを作成する

リクエスト タイプは、受信リクエストの定義と分類に役立ち、リクエストの解決に必要な情報の収集を可能にします。

サービス プロジェクトには、作成に使用されたプロジェクト テンプレートに基づいたリクエスト タイプが既定で設定されている場合があります。 これらをカスタマイズして、カスタマーやチームのニーズに合わせてさらに追加することができます。

リクエスト タイプを作成するには、Jira 管理者かプロジェクト管理者である必要があります。以下の手順は、企業管理対象プロジェクト向けのものです。

新しいリクエスト タイプの作成方法

  1. サービス プロジェクトから [プロジェクト設定] > [リクエスト タイプ] の順に移動します。

  2. [リクエスト タイプの作成] を選択します。

ここから、[空白のものを作成] を選択して独自のリクエスト タイプを作成したり、Jira 管理者は [テンプレートから作成] を選択して、さまざまなチームやユース ケース向けに用意されたテンプレートを使用して、後で編集できる新しいリクエスト タイプをすばやく作成できます。

独自のリクエスト タイプを作成する

  1. [空白のものを作成] を選択します。

  2. リクエスト タイプの名前と説明を入力し、アイコンを選択して、ポータル グループと課題タイプを選択します。

  3. [保存] を選択します。

リクエスト タイプ テンプレート ライブラリから [空白] テンプレートを選択して、独自のリクエスト タイプを作成することもできます。

テンプレートから作成 (Jira 管理者のみ)

  1. [テンプレートから作成] を選択します。

  2. さまざまなテンプレートを閲覧、検索、プレビューします。

  3. 新しいリクエスト タイプの作成に使用したいテンプレートを選択します。

  4. 名前、説明、アイコン、ポータル グループ、課題タイプなど、リクエスト タイプの詳細を確認して更新します。

  5. [保存] を選択します。

Jira Service Management の Premium エディションか Enterprise エディションで Atlassian Intelligence を使用している Jira 管理者には、3 番目のオプションである [AI で作成] が表示されます。

どの方法でもリクエスト タイプ オブジェクトが作成され、選択した課題タイプとワークフローに関連付けられます。次に、カスタマーとエージェントの両方に表示するフィールドを決定する必要があります。
リクエスト タイプ、課題タイプ、およびワークフローの関連性に関する詳細はこちらをご確認ください。

各リクエスト タイプで異なるフィールドを表示するようにカスタマイズし、チームの成功に必要な情報を特定して収集することもできます。
リクエスト タイプのフィールドをカスタマイズする方法をご確認ください。

カスタマーに表示するワークフロー ステータスの名前を更新することもできます。
リクエスト タイプのワークフロー ステータスをカスタマイズする方法をご確認ください。

その他のヘルプ