• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Service Management ではキューはどのように使用されますか?

顧客がリクエストを送信すると、それはキューに課題として表示されます。キューではリクエストがトリアージされ、表示、割り当て、トランジションを素早く実行できます。サービス プロジェクトには一連の事前構成済みのキューがありますが、ニーズに合わせて自身のものを作成できます。

キューは複数用意できるため、自身のキューをセットアップして、任意の方法でリクエストをトリアージできます。

キューの総数は、グループ全体で作業カテゴリのサービス プロジェクトにつき 50 個に制限されています。任意のキューは、999 個目の課題まで更新してカウントされ、それ以降は 999+ と表示されます。

キューを作成する際、どのようなリクエストを絞り込むかを選択できます。たとえば、IT サポート部門のエージェントの場合、電話関連のリクエストのキューと、コンピューター関連のリクエストのキューを作成できます。 チームのためのキューの作成方法に関する詳細をご確認ください

パフォーマンスの低いキューについては、そのキュー内の課題数を表示する代わりに、警告 が表示される可能性があります。このような場合は、プロジェクト管理者がキューのフィルターを再設定することをお勧めします。キューを大規模に管理するためのベスト プラクティスに関する詳細をご確認ください

 

その他のヘルプ