• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

アラート フィールド

この記事では、Jira Service Management Cloud の一部のお客様に段階的に展開されている、Jira Service Management でネイティブに利用できる新しいアラート機能を取り上げています。ご利用のサイトにはまだ表示されていないか、利用できない可能性があります。

アラートは効果的な IT 運用チームの根幹を成すものであり、イベントに関する重要な情報を提供します。イベントがトリガーされた瞬間から解決まで、重要な詳細情報を収集する一元的なハブとして機能します。アラートのライフサイクルが進むにつれて、豊富な履歴情報が蓄積されます。

Jira Service Management では、アラートは静的なエンティティではなく、インタラクションやアップデートのたびに進化する動的なエンティティです。アラートは、ユーザーが特定の詳細を入力する情報フィールドと、Jira Service Management によって自動的にアップデートされる状態フィールドの 2 種類のフィールドで構成されます。この組み合わせにより、アラートを全体的に把握し、ユーザーから提供されたインサイトとシステムによって生成されたアップデートの両方を把握できます。

以下のセクションでは、アラート内のさまざまなタイプのフィールドと、それらがイベントの全体的な理解と管理にどのように役立つかについて説明します。

情報フィールド

  1. メッセージ: この必須フィールドは、アラートの簡潔な説明として機能します。HTML フォーマットに対応しており、最大 130 文字まで入力できます。メッセージの値は、必要に応じて後でアップデートできます。

  2. 対応者: このフィールドには、アラートに対応者として追加された個人の名前が記録され、この個人に対してアラートに関する通知が確実に送られます。

  3. エイリアス: オプションのフィールドです。エイリアスにより、ユーザーはアラートにユーザー定義の識別子を割り当てることができます。最大 512 文字まで入力できます。指定しない場合、Jira Service Management はアラート作成時に一意の値を自動的に割り当てます。

  4. エンティティ: このフィールドは通常、アラートに関連するドメインまたはコンテキストを指定するために使用されます。サーバーやアプリの名前である場合もあります。このエンティティ・フィールドには 512 文字まで入力できます。

  5. アクション: アラートには、Jira Service Management が提供する既定のアクションと、ユーザーが定義するカスタム・アクションの両方を設定できます。アラート・アクションに関する詳細をご確認ください。カスタム・アクションは、ユーザーがアラートに対して実行できる追加のアクションです。各アクションには 50 文字の制限があり、1 つのアラートに最大 10 個のカスタム・アクションを定義できます。

  6. 説明: このフィールドには、アラートに関するより詳細で長い説明を入力できます。HTML フォーマットに対応しており、説明フィールドには最大 15,000 文字まで入力できます。要約フィールドと同様に、説明の値は必要に応じて後でアップデートできます。

  7. 追加プロパティ: このフィールドでは、ユーザーが任意のキーと値のペアを追加して、アラートをさらにカスタマイズし、コンテキストを追加できます。HTML フォーマットに対応しています。キーと値のペアの数に制限はありませんが、値の長さの合計が 8,000 文字を超えてはいけません。

状態フィールド

  1. ステータス: ステータス・フィールドには、アラートの現在の状態が反映されます。アラートが作成されると「Open」または「Unknowledged」に初期設定され、Jira Service Management はアラートのステータスまたは確認状態が変化するにつれ、このフィールドをアップデートし続けます。

  2. 対応者の状態: このフィールドには、アラートに関連付けられている対応者ユーザーの最新の状態が表示されます。通知の受信やアクションの実行などのアップデートが記録されます。Jira Service Management は、最新の情報が反映されるように、これらの状態を継続的にアップデートします。

  3. メモ: メモ・フィールドには、「メモの追加」アクションでユーザーが追加した情報やコメントがすべて記録されます。Jira Service Management は、新しいメモが追加されるたびに、このフィールドをアップデートします。

  4. Activity log: Jira Service Management maintains an activity log that chronologically captures all user and system activities related to an alert. This log provides a comprehensive record of actions such as alert creation, user interactions, notifications, and deduplication events. The alert activity log also tracks the status of SMS and voice notifications sent to alert responders. This ensures that responders are well informed about each stage of the alert's lifecycle. Admins can also check the activity log for a more detailed examination. You can also track which automation actions are executed on the alert as well.

    アクティビティ・ログ全体から、アラートのタイムラインと進行状況に関する貴重なインサイトが得られます。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。