• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

POP、IMAP、クラウド、その他のメール タイプのメール プロセス

使用する受信トレイは、Jira Service Management に、Jira Service Management 専用として接続し、その他の目的では使用しないよう推奨します。

Jira Service Management では、メール アカウント (POP、IMAP、クラウド アドレス) に応じて処理が異なります。

Google および Microsoft カスタム メール

Jira Service Management は受信トレイで次のメッセージを見つけます。

  • 未読で、

  • メール アカウントとサービス プロジェクトがリンクされた後で受信されたメッセージ

Google または Microsoft カスタム メール アカウントを使用する場合、メールは Jira Service Management での処理された後に既読として記録されます (削除されません)。Jira Service Management が既存のメッセージを読み込むようにする場合は、メッセージを受信トレイから移動して接続を確立してからメッセージを受信トレイに戻して未読にします。Jira Service Management が読み込むのは受信トレイのメールのみで、他のフォルダーのメールは読み込みません。

Google または Microsoft アカウントのパスワードを変更すると、Jira Service Management の接続が失われるため再接続する必要があります。メール アカウントの接続方法に関する詳細をご確認ください

POPを使用しているメール

Jira Service Management は受信トレイで次のメッセージを見つけます。

  • [削除済み] フラグが false に設定されており、

  • メール アカウントとサービス プロジェクトがリンクされた後で受信されたメッセージ

メール アカウントとサービス プロジェクト を POP を使用してリンクするには、既存のメッセージを別のフォルダーに移動、アーカイブ、または削除して、メールの受信トレイを空にしておく必要があります。POP メールは Jira Service Management の処理後に削除されるため、意図せずメールを失うことがないように、受信トレイを空にして開始します。

IMAPを使用しているメール

Jira Service Management は受信トレイで次のメッセージを見つけます。

  • 削除済み および 既読 フラグが false に設定されており、

  • メール アカウントとサービス プロジェクトがリンクされた後で受信されたメッセージ

IMAP を使用する場合、メールは Jira Service Management の処理後、既読として記録されます (削除されません)。Jira Service Management が既存のメッセージを読み込むようにしたい場合、接続が確立された後でメッセージを受信トレイに戻して未読にすることができます。

規定クラウドアドレスを使用しているメール

Jira Service Management が提供するメール アカウントを使用している場合、メール メッセージは処理後に削除されます。この既定のメール アドレスはいつでも変更できますが、過去のアドレスに送信されたメッセージは処理されません。このメール アカウントはサービス プロジェクトに紐付いており、別の方法ではアクセスできません。このため、メッセージを確認するためにどこかにログインする必要はありません。

最終更新日 2021年08月 4日)
次でキャッシュ 6:41 PM on Oct 28, 2021 |

その他のヘルプ