• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

IT サービス管理テンプレートの詳細について説明します。

IT サービス管理 (ITSM) テンプレートは、一般的な ITSM プラクティスに基づく事前構成です。IT チームを考慮して特別に設計された ITIL プラクティスは、ナビゲーション ヘルプに組み込まれてリクエストを関連するカテゴリーに分類します。これらのカテゴリーには、チーム間のサイロの分解をサポートしてハイ ベロシティのサービス管理を促進する、専門機能が含まれています。

ITSM テンプレートは、リクエスト ポータル、サービス カタログ、キュー、SLA などの他のサービス プロジェクト テンプレートの機能に加えて、インシデント、変更、インシデント管理のための多数の専用機能も提供します。

Opsgenie を活用した最先端のインシデント管理

すべての Jira Service Management プランでは、Atlassian 製品のひとつである Opsgenie を活用したオンコール スケジュール、アラート、インシデント スワーミングなどを利用できます。これらの機能はシームレスにサービス プロジェクトと統合されて、重大な課題を適切なユーザーに直ちに通知し、アクションが必要なコンテキストを提供します。Opsgenie を Jira Software、Bitbucket、Confluence に接続して、開発チームと IT 運用チーム全体に対するエンドツーエンドのインシデント解決プロセスを編成します。

Jira Service Management (旧 Jira Service Desk) で作成されたサービス プロジェクトをすでに使用している場合は、サイドバー ナビゲーションにアラートとオンコールを追加して Opsgenie 機能を有効化できます。新しいプロジェクトを作成している場合は、新しい ITSM プロジェクトを作成することでこれらの機能を使用できます。Opsgenie と Jira Service Management でそれぞれのライセンスをお持ちの場合は、Opsgenie と Jira Service Management をマージすることをご検討ください。

DevOps 時代のための変更管理

Jira Service Management で変更リクエストを作成すると、チームは、ソフトウェア開発とインフラストラクチャ関連ツールからコンテキスト情報を得て、サービスの変更に関するよりスマートな決定を下しやすくなります。自動化された変更リスク評価、高度な承認ワークフロー、変更カレンダー、Bitbucket Pipelines、Jenkins、CircleCI などの CI/CD ツールとの統合によって、負荷を減らしてより効率的な作業が可能になります。

アセットおよび構成管理

Insight による完全に統合された資産および構成管理は、Premium プランと Enterprise プランで利用できます。チームはアセット、構成アイテム、リソースを追跡して、アプリケーション、サービス、基礎となるインフラストラクチャ、その他の重要な依存関係間の重要な関係を可視化できます。Jira Service Management の Insight に関する詳細をご確認ください。

直感的なサービス エクスペリエンス

このエージェント エクスペリエンスによって、サービス リクエスト、インシデント、問題、変更の分類がより容易になります。一括アクション、機械学習機能などの機能によって、類似するリクエストをインテリジェントにグループ化して、エージェントがよりスマートに作業できるようにします。

近日公開

Halp との統合による対話型チケット作成機能

 

Jira Service Management で利用できるさまざまなテンプレートをご確認ください

最終更新日 2021年06月16日)
次でキャッシュ 2:35 AM on Sep 25, 2021 |

その他のヘルプ