• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

高度な自動化ルール オプション

Automation をお探しですか?

この記事は、2021 年 8 月 30 日より前に作成されたサービス プロジェクトにおけるレガシーの自動化に関連するものです。サービス プロジェクトにレガシーの自動化が表示されない場合は、自動化の記事をご確認ください。

ルール設定ページで [ルール オプション] () を選択して、特定のルールの動作を変更します。自動化ルールを追加して設定する方法をご確認ください

利用可能な高度なオプションの説明は、次のとおりです。

次のユーザーとしてルールを実行

既定では、ルールはプロジェクトを作成したユーザーとして実行されます。ルールをトリガーしたユーザーとしてルールを実行することもできます。たとえば、カスタマーに応答するルールの場合、プロジェクトを作成したユーザーではなく、リクエストに取り組んでいるエージェントからコメントを送信するほうが自然です。この場合、[次のユーザーとしてルールを実行] を [ルールをトリガしたユーザー] に設定します。選択したユーザーが、ルールによって実行されるすべてのアクションを完了する権限を持っていることを確認します。

デフォルトの実行者を変更するには、[自動化] > [設定] に移動します。選択したユーザーに、各ルールで自動化したいすべてのアクションを実行するための権限があることを確認します。

他のルールがこのルールをトリガーすることを許可する

既定では、ルールは他のルールをトリガーできます。場合によっては、2 つのルールが互いを無限にトリガーしないように、これを無効化する必要がある場合があります。

 

その他のヘルプ