• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Slack で課題を作成する

チャットによってサービス プロジェクトを Slack と連携させて、Slack から離れずにメッセージを課題に変換してその課題に取り組めます。チャットの詳細についてご確認ください

Slack で課題を作成する方法は複数あります。どの方法でも、コメントは Slack と Jira Service Management で同期されるので、エージェントや依頼者が更新を見逃すことはありません。

非公開チャンネルまたはダイレクト メッセージから

セキュリティ対策として、Assist は Slack の非公開チャンネルまたはダイレクト メッセージの履歴にはアクセスできません。つまり、課題を作成できるのは Assist が招待された後に投稿された非公開チャンネルのメッセージからのみです。ただし、ボットを招待できないダイレクト メッセージはこの限りではありません。

Assist を使用せずに非公開チャンネルから、またはダイレクト メッセージから課題を作成するには、次の手順に従います。

  1. メッセージを見つけてカーソルを合わせると、[ その他のアクション] が表示されます。

    1. 場合によっては、[その他のメッセージ ショートカット] の選択が必要になります。

  2. [リクエストを申請] を選択します。

  3. ドロップダウンからリクエスト フォームを選択します。

  4. フォームに入力して [作成] を選択します。

リクエスト チャンネルから

ユーザーがリクエスト チャンネルにメッセージを投稿したら、次の手順で課題に変更します。

  1. チケットの絵文字 (:ticket:) でメッセージにリアクションします。

  2. ドロップダウンからリクエスト フォームを選択します。

  3. フォームに入力して [作成] を選択します。

Assist アプリから

また、顧客とエージェントは、次の手順によって Assist アプリのホームからリクエストを登録できます。

  1. サイドバーの [アプリ] セクションで、[Assist] を選択します。表示されない場合は、上部の検索フィールドを使用します。

  2. [ホーム] タブで [リクエストを申請] を選択します。

  3. ドロップダウンからリクエスト フォームを選択します。

  4. フォームに入力して [作成] を選択します。

スラッシュ コマンドを使用する

Slack 内のどの場所でも、「/assist」と入力してリクエストを登録できます。

このコマンドをリクエスト チャンネルで使用すると、そのプロジェクトで非公開チャットのリクエストがオンになっていない限り、リクエストはそのチャンネルに投稿されます。

リクエスト フォームを使用しない

リクエスト チャンネルのメッセージを自動で課題に変換する場合は、課題の自動作成をオンにします

その他のヘルプ