• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

影響緊急性の優先度マトリックスを作成するにはどうすればよいですか?

Jira Service Management では、優先度レベルを手動で割り当てたり、影響と緊急性の優先度マトリックスを作成したり、自動化機能を使用して優先度を自動的に割り当てたりできます。インシデントに優先順位を付ける自動化ルールの作成方法をご確認ください

この記事では、影響と緊急性に関するマトリックスを作成して、チームがどのようにリクエストに優先順位を付けるかを定義する方法を説明します。以下の例は、Jira Service Management で用意されている優先度評価を使用した影響と緊急性のマトリックスです。これを元に独自のマトリックスを作成することも、まったく新しいマトリックスを作成することもできます。

影響

緊急度

 

 

 

 

 

最高

Lowest

大規模 / 全面的

最高の優先度

高い優先度

中程度の優先度

低い優先度

最も低い優先度

相当規模 / 広範囲

最高の優先度

高い優先度

中程度の優先度

低い優先度

最も低い優先度

中規模 / 限定範囲

高い優先度

中程度の優先度

低い優先度

低い優先度

最も低い優先度

小規模 / 局所的

中程度の優先度

低い優先度

低い優先度

低い優先度

最も低い優先度

ここにリストされた優先度の値は、説明用の一例です。ご利用のサービス プロジェクトに固有の優先度を作成することもできます。詳細は優先度フィールド値の定義をご参照ください。

はじめる前に

選択リスト タイプ (1 つのみ選択可) の次の 2 つのカスタム フィールドがあり、それぞれに前述の表の値が含まれていることを確認します。

  • 緊急度: 最高、高、中、低、最低

  • 影響: 広範囲、深刻、中程度、軽度 

ワークフローの構成

  1. [設定] () > [課題] > [ワークフロー] に移動します。

  2. 変更の課題タイプで使用されるワークフローを検索して、[編集] を選択します。 

  3. 作成トランジションと最初のステータスの間に、新しいステータスを追加して、優先度トリアージと名付けます。 

  4. このステータスから次の 5 つのトランジションを追加します。

    1. 最高

    2. Lowest

これらの各トランジションで、事後操作を追加します。 

  1. 課題フィールドの更新 事後操作を選択します。 

  2. 事後操作で、トランジションと一致するように [優先度] フィールドを更新します。たとえば、最高のトランジションでは、事後操作で [優先度] フィールドを [最高] に変更します。同様に、のトランジションでは事後操作で [優先度] フィールドを [] に、のトランジションでは値を [] に、のトランジションでは [] に、最低のトランジションでは [最低] に設定します。

  3. ワークフローを公開します。 

変更管理事後機能

ワークフローの構成後、課題が作成されるとすぐに、ワークフローは優先度トリアージ ステータスにトランジションします。また、4 つのトランジションがあり、優先度を値に設定します。 

次に、[緊急度と影響度] フィールドの値を確認し、マトリックスに従って対応するトランジションを実行する自動化ルールを設定します。  

その他のヘルプ