robotsnoindex

robotsnoindex
検索を実行する際には、課題の一覧全体を確認する必要がある場合も、1 つの課題を探している場合もあります。いずれの場合も、検索結果の課題の表示方法を変更したり、表示される課題を編集したりすることができます。

検索結果のビューを変更する

一覧ビューまたは詳細ビュー

次の項目を切り替えることができます。

  • 一覧ビュー: 検索結果を課題の一覧として表示します。このビューは参照しやすく、それぞれの課題についていくつかの情報の確認のみが必要な場合に最適です。

  • 詳細ビュー: 検索結果を課題のリストとして表示して、現在選択している課題の詳細を右側のパネルに表示します。このビューは、個々の課題に関する詳細情報が必要、または (特定のフィールドのインライン編集を使用して) 課題をすばやく編集する場合に最適です。リスト ビューでは、作業の記録、ステータスのアップデート、ファイルの添付、コメント、移動、クローン、削除、およびプロジェクトの検索結果から個々の課題に対するその他のアクションを課題を開くことなく実行できます。

tip/resting Created with Sketch.

一覧ビューでは、プロジェクトでの検索結果から個々の課題に関して、検索結果を開くことなく、作業の記録、ステータスの更新、ファイルの添付、コメント、移動、クローン、削除、その他のアクションを実行できます。

検索結果のビューを変更するには、次の手順に従います。

  • ビューの変更ボタン ( または ) をクリックして、詳細検索の結果のリスト ビュー詳細ビューを切り替えます。 
  • プロジェクトで検索結果を表示する方法を変更するには、[リスト ビュー] または [詳細ビュー] を選択します。

並び順の変更

列名をクリックします。同じ列名を複数回クリックすると、並べ替え順が昇順と降順で切り替わります。次の点にご注意ください。

  • [画像] 列またはサブタスク集計列 ("∑" で始まるすべての列) で並べ替えを行うことはできません。
  • 高度な検索を行って検索結果を並べ替えた場合、"ORDER BY" 句 が JQL クエリに追加 / 更新され、検索結果での課題の表示順に反映されます。

列 - 表示/非表示と移動

自身や特定のフィルター用に、異なる列設定を作成できます。列設定を切り替えるには、[] をクリックし、次のタブから 1 つを選択します。

  • ユーザー既定: これは、検索結果用の既定の列設定です。
  • フィルタ: これは、フィルタについての検索結果を表示している場合に有効になります。これはユーザーの既定設定を上書きします。
  • システム (Jira 管理者のみ): これは、すべてのユーザーに適用される列設定です。これは、ユーザーの既定のカラム設定とフィルター固有のカラム設定によって上書きされます。

また、次の任意の設定を変更できます。

列を表示または非表示にするには、次の手順を実行します。

  1. [] をクリックして、[ユーザー既定値]、[フィルター]、または [システム] を選択します。
  2. 追加または削除するフィールドをスクロールして探すか、フィールド名を [検索] フィールドに入力します (スクロールではすべてのフィールド名が表示されないことがあります。見つからない場合は [検索] フィールドにフィールド名を入力してください)。
  3. フィールドを選択または選択解除してそれらを表示するか非表示にし、[完了] を選択します。

列を追加したら、それを好きな位置にドラッグして移動することもできます。

列が見つからない場合、以下の制限のいずれかに該当している可能性があります。

  • 課題フィールドの列では、非表示に設定されておらず、かつユーザーが表示権限を持っている列のみを表示できます。
  • 一部のカスタム フィールドは、選択されていても、すべての課題を検索している場合に課題ナビゲーターに表示されません。たとえば、プロジェクト固有のカスタム フィールドは、フィルターがそのプロジェクトに限定された場合にのみ表示されます。課題タイプ カスタム フィールドは、フィルターがその課題タイプに限定された場合にのみ表示されます。


個別の課題の編集

検索結果に表示される個々の課題を、課題ナビゲーターから直接操作できます。

tip/resting Created with Sketch.

課題を変更したために元の検索条件を満たさなくなった場合でも、課題の一覧はそのまま表示されます。これは、ユーザーが課題をトリアージする際に、一連の一貫した課題を提供するためです。

課題の表示

課題のキーまたは要約をクリックします。

  • リスト ビューが表示されている場合、その課題にリダイレクトされます (検索結果ページは残ります)。
  • 詳細ビューを表示している場合、右側のパネルに課題の詳細が表示されます。

課題の編集

課題を編集 (フィールドの更新、トランジション、時間の記録など) するには、次の操作を行います。

  • 一覧ビューが表示されている場合、課題にカーソルを合わせ、••• アイコンをクリックして、選択肢からアクションを選択します。
  • 詳細ビューが表示されている場合、課題を選択し、右側の課題の詳細パネル上で更新します。

tip/resting Created with Sketch.

また、それぞれのビューでは、キーボード ショートカットから課題を選択したり更新したりすることもできます。"j"k" キーを使って、前の/次の課題を課題ナビゲーターで選択します。

課題の一括編集

一括操作により、一度に複数の課題を編集することができます。これらのアクションとしては、課題のトランジション、削除、移動、ウォッチまたはウォッチ解除があります。

[詳細] (•••) > [全 <N> 件の課題を一括変更] をクリックして、一括操作ウィザードに従います。

検索結果を共有する

高度な検索の課題検索結果をリンクとして共有できます。検索結果やフィルターへのリンクをチームメイトにメールで送信できます。たとえば、チームで高度な検索を使って、バックログのすべてのバグを追跡できます。

高度な検索から課題を共有する方法:

  1. 画面の右上にある共有アイコン () をクリックします。

  2. 結果を共有するフィールドを入力します。

  • メールの受信者は、検索結果へのリンクと、ノート フィールド (入力されている場合) を受け取ります。メールの件名には、送信者 (ユーザー名) が課題を共有していることが明記されます。

  • フィルターを共有する場合、未保存の検索ではなく、フィルターへのリンクが表示されます。受信者がフィルターを表示する権限を持っていない場合、フィルター URLではなく検索結果へのリンクが表示されます。

プロジェクトで課題を検索するときにも検索結果を共有できます。検索を実行したら URL をコピーしてチームに送信します。


Confluence で検索結果を表示する

Jira サイトが Confluence に接続されている場合、Jira 課題マクロを使用して、検索結果をページに表示します。

tip/resting Created with Sketch.

フィルターへのリンクをコピーし、Confluence ページにペーストすると、Jira 課題マクロが自動的に追加されます。

検索結果をダッシュボード ガジェットとして使用する

検索結果からダッシュボード ガジェットを作成するには:

  1. 右上の [エクスポート] ( ) を選択します。
  2. [ダッシュボード ガジェットの作成] を選択します。
  3. 結果の表示に使用するガジェットのタイプを選択します。
  4. ダッシュボードに保存 を選択します。

グラフがダッシュボードに追加されます。各グラフに表示される内容の詳細については、「レポート」を参照してください。

検索結果へのサブスクライブ

検索結果にサブスクライブして、検索によって返されるすべての課題を定期的にメール通知で受け取ることができます。特定の課題の変更について通知を受け取りたい場合、 を選択して課題をウォッチしてください。

メール

検索結果のメール サブスクリプションを作成したい場合、その検索をフィルターとして保存する必要があります。自身や他のユーザーに対し、任意の頻度で配信できます。フィルターの結果のうち最初の 200 件だけが送信されます。

  1. サブスクライブしたいフィルターを実行し、[詳細] (フィルター名の横) をクリックします。
  2. フィルターのサブスクリプション フォームに記入し、[サブスクライブ] をクリックします。

詳細情報:

  • [スケジュール] で [詳細設定] を選択した場合、Cron の記述方法についてこのページをご利用ください。
  • 受信者にグループを指定する方法:
    • グループ フィルター サブスクリプションの管理グローバル権限が必要です。
    • メールで送信されるフィルター結果は、受信者ごとに異なる点にご注意ください。たとえば、フィルターが currentUser() 関数を使用している場合、検索結果では受信者が現在のユーザーと見なされます。これは、ML リスト (メールのグループ エイリアス) には当てはまりません。
    • 多くのメンバーがいるグループにサブスクリプションを共有する場合、以下の点に注意してください。前述のように、検索は個別のユーザーに対して実行されるため、配信メールの生成に時間がかかる場合があります。
  • サブスクリプション メールは、プレーン テキストでは表示が壊れる場合があるため、HTML 形式に設定することをおすすめします。個人のメール設定を HTML に更新するための手順については、「Jira 個人設定の管理」を参照してください。Jira 管理者の場合、既定のメール設定の設定方法について、「ユーザー既定設定の構成」 をご参照ください。

RSS

RSS フィードを購読するには:

  1. 右上の [エクスポート] (  ) を選択します。
  2. RSS または RSS (コメント付き) をクリックします。ページに表示されるURLをRSSリーダーのフィードURLとして利用できます。

ヒント:

  • 返される課題の数を変更するには、URL にある tempMax パラメーターの値を変更します。
  • RSS フィードで最新のコメントのみを受信したい場合、検索時に Date Updated フィールドを使用します。たとえば、先週作成されたコメントのみを受信するには、Date Updated フィールドを追加して updated within the last 1 week に設定します。
  • フィードで制限されたデータを参照するには、Jira アプリケーションにログインする必要がある場合があります。この場合、フィードの URL に os_authType=basic を追加して (例: http://mycompany.com/anypage?os_authType=basic)、フィードの参照時にログイン ダイアログを表示するようにできます。

検索結果をエクスポートする

Microsoft Word

Word をエクスポートするには:

  1. 右上の [エクスポート] ( ) を選択します。
  2. [Word のエクスポート] を選択します。

エクスポートには、課題ナビゲーターで設定済みの課題フィールドだけでなく、説明、コメント、およびその他すべての課題データが含まれます。注意: 大規模なエクスポート (例: 数百件の課題) は推奨されません。

CSV

すべてのフィールド、または現在表示されているフィールドを CSV (カンマ区切り) ファイルにエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1. 右上の [エクスポート] ( ) を選択します。
  2. 次のいずれかを選択します。
    • Export Excel CSV (すべてのフィールド)
    • Export Excel CSV (現在のフィールド)

Microsoft Excel

課題を Microsoft Excel ファイルにエクスポートするか、Excel Online で開くには、次の手順を実行します。

  1. 検索結果の上にある [Open in Microsoft Excel] アイコンを選択します。
  2. 次のいずれかを選択します。
    1. デスクトップ アプリの Excel
    2. Excel Online

Excel Online を使用している場合、課題がブラウザの新しいスプレッドシートで開かれます。デスクトップ ユーザーの場合は、Excel ファイルをダウンロードします。

Google スプレッドシート

Google スプレッドシートで課題を開くには、次の手順を実行します。

  1. 検索結果の上にある [Open in Google Sheets] アイコンを選択します。
  2. Google スプレッドシートにログインし、Jira のデータへのアクセスが承認されていない場合は承認します。

ブラウザで新しいスプレッドシートで課題が開きます。

XML

XML をエクスポートするには:

  1. 右上の [エクスポート] ( ) を選択します。
  2. [XML のエクスポート] を選択します。

XML ビューの URL を Confluence の Jira 課題マクロで使用できます。ただし課題マクロでは、さらに簡単に取得できる JQL または課題検索 URL を使用できます。

XML エクスポートで返される課題フィールドを制限するには、URL で field パラメーターを指定します。たとえば、課題キー要約のみを含めるには、URL に &field=key&field=summary を追加します。field パラメーターが指定されない場合、XML 出力にはすべての課題フィールドが含まれます。1 つ以上の field パラメーターが指定されている場合、XML 出力には課題キーに加えてユーザーが選択したフィールドが含まれます。

XML エクスポートのフィールド パラメーター

title
<title>[TEST-4] This is a test</title>
<link>https://extranet.atlassian.com:443/jira/browse/TEST-4</link>

これは課題への "パーマリンク" です。課題間のリンクについては、以降の「issuelinks」を参照してください。

project (または pid)
<project id="10330" key="TST">Test</project>
description
<description>This is a detailed description of the issue.<description>
environment
<environment>Sydney network<environment>
鍵 (キー)
<key id="22574">TEST-4</key>
summary
<summary>This is a test<summary>
type (または issuetype)
<type id="3" iconUrl="https://extranet.atlassian.com:443/jira/images/icons/task.gif">Task</type>
parent
<parent id="22620">TEST-5</parent>

課題がサブタスクである場合にのみ関連します。

priority
<priority id="4" iconUrl="https://extranet.atlassian.com:443/jira/images/icons/priority_minor.gif">Minor<priority>
status
<status id="5" iconUrl="https://extranet.atlassian.com:443/jira/images/icons/status_resolved.gif">Resolved</status>
resolution
<resolution id="1">Fixed</resolution>
labels
<labels>
<label>focus</label>
<labels>
assignee
<assignee username="jsmith">John Smith</assignee>
reporter
<assignee username="jsmith">John Smith</assignee>
セキュリティ
<security id="10021">Private</security>

課題にセキュリティ レベルが適用されている場合にのみ関連します。

created
<created>Mon, 1 Sep 2008 17:30:03 -0500 (CDT)>/created>
updated
<updated>Mon, 1 Sep 2008 17:30:03 -0500 (CDT)>/updated>
resolved (または resolutiondate)
<resolved>Mon, 1 Sep 2008 17:30:03 -0500 (CDT)>/resolved>
due (または duedate)
<due>Mon, 1 Sep 2008 17:30:03 -0500 (CDT)>/due>
version (または versions)
<version>2.4.7</version>
fixfor (または fixVersions)
<fixVersion>2.6</fixVersion>
component (または components)
<component>Documentation</component>
votes
<votes>1</votes>
comments (または comment)
<comments>
    <comment id="39270" author="jsmith" created="Tue, 24 Feb 2009 16:45:02 -0600 (CST)">this looks familiar</comment>
    <comment id="39273" author="jbrown" created="Tue, 24 Feb 2009 16:48:16 -0600 (CST)">to me too</comment>
</comments>
attachments (または attachment)
<attachments>
   <attachment id="30318" name="Issue Navigator - Atlassian JIRA-2.png" size="16161" author="yoz" created="Mon, 9 Feb 2009 13:32:58 -0600 (CST)"/>
   <attachment id="30323" name="Windows XP (with Firefox 3.0).jpg" size="5802" author="vbharara" created="Tue, 10 Feb 2009 00:30:11 -0600 (CST)"/>
</attachments>

管理者が添付ファイルを有効にしている場合のみ利用可能です。

timeoriginalestimate
<timeoriginalestimate seconds="600">10 minutes</timeoriginalestimate>

Jira 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

timeestimate
<timeestimate seconds="300">5 minutes</timeestimate>

Jira 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

timespent
<timespent seconds="300">5 minutes</timespent>

Jira 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

aggregatetimeoriginalestimate
<aggregatetimeoriginalestimate seconds="36000">10 hours</aggregatetimeoriginalestimate>

課題とそのサブタスクすべての時間を合計します。Jira 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

aggregatetimeestimate
<aggregatetimeremainingestimate seconds="18000">5 hours</aggregatetimeremainingestimate>

課題とそのサブタスクすべての時間を合計します。Jira 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

aggregatetimespent
<aggregatetimespent seconds="18000">5 hours</aggregatetimespent>

課題とそのサブタスクすべての時間を合計します。Jira 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

timetracking
<timeoriginalestimate seconds="600">10 minutes</timeoriginalestimate>
<timeestimate seconds="300">5 minutes</timeestimate>
<timespent seconds="300">5 minutes</timespent>
<aggregatetimeoriginalestimate seconds="36000">10 hours</aggregatetimeoriginalestimate>
<aggregatetimeremainingestimate seconds="18000">5 hours</aggregatetimeremainingestimate>
<aggregatetimespent seconds="18000">5 hours</aggregatetimespent>

これは、上記の 6 つの時間管理フィールドのすべてを指定する場合に利用できる、便利かつ簡単な方法です。Jira 管理者が時間管理を有効にしている場合にのみ利用可能です。

<issuelinks>
    <issuelinktype id="10020">
        <name>Duplicate</name>
        <inwardlinks description="is duplicated by">
            <issuelink>
                <issuekey id="22477">INTSYS-1009</issuekey>
            </issuelink>
        </inwardlinks>
    </issuelinktype>
</issuelinks>
subtasks (または subtask)
<subtasks>
    <subtask id="22623">TEST-8</subtask>
</subtasks>
customfield_xxxxx
<customfields>
    <customfield id="customfield_10112" key="com.atlassian.jira.plugin.system.customfieldtypes:select">
        <customfieldname>Department</customfieldname>
        <customfieldvalues>
            <customfieldvalue>Adminstration</customfieldvalue>
        </customfieldvalues>
    </customfield>
</customfields>

"xxxxx" は対象のカスタム フィールドの ID です (この出力は以下を指定した場合の結果です)。 &field=customfield_10112

allcustom
<customfields>
    <customfield id="customfield_10112" key="com.atlassian.jira.plugin.system.customfieldtypes:select">
        <customfieldname>Department</customfieldname>
        <customfieldvalues>
            <customfieldvalue>Adminstration</customfieldvalue>
        </customfieldvalues>
    </customfield>
    <customfield id="customfield_10111" key="com.atlassian.jira.plugin.system.customfieldtypes:select">
        <customfieldname>Expenditure Type</customfieldname>
        <customfieldvalues>
            <customfieldvalue>Operating</customfieldvalue>
        </customfieldvalues>
    </customfield>
</customfields>

検索結果を印刷する

Jira で課題をすばやく検索して印刷し、物理的なタスク ボードにデータを投入し、完了すべきタスクに関する視覚的なリマインダーを設定することで、チーム全体のパフォーマンスと作業の追跡効率を向上させることができます。検索結果を PDF として保存したり、自身のドライブに保存することを選択することもできます。

詳細検索の結果を印刷するには、次の手順に従います。

  1. 次のように選択します。 エクスポート (  右上から
  2. [一覧の印刷] または [詳細の印刷] を選択します。 

[一覧の印刷] を使用すると、検索結果を簡単にナビゲートできます, 一方 [詳細の印刷] をクリックすると、課題のより詳細なビューが表示されます。