• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

オブジェクト タイプとは

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

オブジェクト タイプは、オブジェクト スキーマ内で類似するオブジェクトのグループを表します。

これらのオブジェクトは、特定のタイプのアセットまたはサービスに関する情報の保持に役立つ属性やその他の特性を共有します。

各オブジェクト タイプは、単一の親オブジェクト タイプと複数の子オブジェクト タイプを含めます。継承を設定して、子オブジェクト タイプが親の属性を自動で受け取って子オブジェクト タイプの属性をそれ自体の子に渡せるようにできます。

同様に、いくつかのオブジェクト タイプを抽象として設定できます。つまり、独自のオブジェクトは含められませんが、その属性を子に渡せます。子自体はオブジェクトを含められます。継承と抽象のオブジェクト タイプを使用すると、シンプルで強力なオブジェクト スキーマを作成できます。

 

その他のヘルプ