• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

アラートの優先度とは

この記事では、現在展開している機能について説明します。これらの機能がサイト上で公開される時期は、リリース ノートまたは Atlassian コミュニティでご確認ください。

アラートの優先度レベルは、アラートの重大度、通知対象者、受信する通知の内容、通知の受信方法に影響します。

デフォルトでは、アラートの優先度は次の範囲から構成されます。

P5 - 情報提供。色: 濃い緑。
P4 - 低、色: 明るい緑。
P3 - 中。色: 黄色
P2 - 高。色: オレンジ
P1 - 重要。色: 明るい赤。

アラートの優先度が更新された際に新しい優先度が以前のレベルよりも高い場合は、そのアラートの通知フローが再開されます。

アラートにはインシデントと同じまたは異なる優先度レベルを含められるため、各課題の優先度 (この場合はインシデントの優先度) に対して送信されるアラートを制御できます。課題の優先度に関する詳細をご確認ください

たとえば、P3 インシデントでは P4 レベルのアラートのみを送信することをお勧めします。デフォルトでは、上位 5 つのアラート優先度が上位 5 つのインシデント優先度に割り当てられて、すべての新しいインシデント優先度レベルは最低の Opsgenie アラート優先度 (P5 - 情報提供) に割り当てられます。Jira 管理者がグローバル設定で管理できるこれらは、インシデント管理を使用するすべてのサービス プロジェクトに影響します。

[プロジェクト設定] の [インシデント管理] ページに移動して [アラートの優先度を割り当て] を選択すると、アラートの優先度をインシデントの優先度に割り当てられます。

対応者アラート

ユーザーが割り当てられた、対応者として追加された、またはインシデントでサービスを所有した場合は、アラートが自動で作成されます。インシデントの課題ビューから対応者アラートを作成して承認できるように、各インシデント リクエスト タイプに対応者フィールドを追加することをお勧めします。対応者アラートの詳細をご確認ください

最終更新日 2021年08月18日)
次でキャッシュ 9:08 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ