• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

カスタム フィールドを共有するメリットは何ですか?

Jira Service ManagementJira Software 間で一連のカスタム フィールドを共有して、ユーザーから適切な情報を収集するために役立てることができます。Jira 管理者はこれらのフィールドを単一の画面スキームで保持できます。そのスキームを開発プロジェクトとサービス プロジェクトの両方に適用できます。カスタム フィールドと画面スキームについてはこちらをお読みください

既定で、バグ課題タイプには次のフィールドが含まれています。

  • 要約

  • 症状

  • 添付ファイル

ただし、独自のカスタム フィールドを追加して、さらに多くの情報を収集したい場合があります。

開発者にとって、バグの修正における最大の障害は、情報が不十分なことである場合があります。開発者が使用する一般的な情報には次のようなものがあります。

  • バグの再現手順

  • 観察された動作と期待される動作

  • スクリーンショット

バグの報告に関連するアクションを分類、報告、または自動化するために情報を収集する必要がある場合もあります。

  • OS

  • VERSION (バージョン)

  • Component

  • URL

  • ユーザー エージェント文字列

Jira Service Management で新しいカスタム フィールドをプロジェクトに追加する方法をご確認ください。



その他のヘルプ