robotsnoindex

description

チーム管理対象サービス プロジェクトを作成して、その詳細、キー、またはアイコンを編集する方法についてご確認ください。

robotsnoindex

デフォルトでは、すべてのユーザーがチーム管理対象プロジェクトを作成できます。Jira Service Management では、既定でエンド ユーザーにチーム管理対象プロジェクトの作成グローバル権限が付与されます。Jira 管理者は、この権限を付与するグループを管理することで、ユーザーがチーム管理対象プロジェクトを作成できないようにできます。グローバル権限の詳細をご覧ください

自身のプロジェクトを作成できるかどうかを確認するには、ナビゲーション バーで [プロジェクト] を選択します。[プロジェクトの作成] オプションが表示されれば、準備が整っています。表示されない場合は、Jira 管理者にプロジェクトの作成についてご確認ください。

チーム管理対象サービス プロジェクトを作成する

チーム管理対象サービス プロジェクトを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [プロジェクト] > [プロジェクトの作成] の順に選択します。
  2. [プロジェクト テンプレート] で [Service Management (サービス管理)] または [製品] の [Jira Service Management] を選択します。
  3. 利用可能なテンプレートの詳細を確認して、テンプレートを選択します。

  4. テンプレートの詳細情報を表示して、[Use template (テンプレートを使用する)] を選択します。
  5. プロジェクト タイプ: [チーム管理対象] を選択します。

  6. プロジェクトに名前を付けます。[テンプレートの変更] を選択して、サービス プロジェクト テンプレートを変更できます。

  7. プロジェクトにアクセスできるユーザーを選択します。

  8. 作成を選択します。

プロジェクト キーはサービス プロジェクトの作成時に自動的に生成されます。

チーム管理対象プロジェクトの詳細を編集する

チーム管理対象サービス プロジェクトでは、プロジェクトの次の情報を編集できます。

  • アイコン: チームが Jira サイト全体でサービス プロジェクトを視覚的に識別できるようにする

  • 名前: Jira サイトでの検索、ディレクトリの参照、プロジェクト スイッチャーの使用時に表示される

  • キー: 一般的にはサービス プロジェクト名の短縮名

  • カテゴリ: 大規模な組織でのラベル付けやディレクトリ内での類似プロジェクトおよびサービス プロジェクトのフィルタリングに役立つ

  • プロジェクト リーダー (通常はチーム管理対象サービス プロジェクトのプロジェクト管理者)
  • デフォルトの担当者 (プロジェクトで作成されるすべてのリクエストが割り当てられるロール)

これらの詳細を変更するには、プロジェクトのサイドバーで [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。

チーム管理対象サービス プロジェクトのアイコンを変更する

アイコンを使用して、サービス プロジェクト名に個性を与えることができます。アイコンは、サービス プロジェクトのサイドバーと、サイトの他のすべての Jira プロジェクトの一覧に表示されます。アイコンは、サービス プロジェクトのサイドバーと、サイトの他のすべての Jira プロジェクトの一覧に表示されます。

サービス プロジェクトのアイコンを変更するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。
  2. 現在のアイコンの下の [アイコンの変更] を選択します。

  3. 既定のアイコンから選択するか、独自のものをアップロードします。

  4. [詳細を保存] を選択します。

チーム管理対象サービス プロジェクトのキーを変更する

プロジェクト キーはサービス プロジェクトのリクエスト用の短縮名を提供します。リクエストの連番と組み合わせることで、"課題キー" と呼ばれる一意の識別子を形成します。この略称が、Jira Service Management での作業の追跡および参照方法の基盤になります。課題キーは以下の場所に表示されます。

  • リクエスト自体 (ラベルとして)

  • 検索結果および保存済みフィルター

  • キューとレポート

  • 作業を接続しているリンク

  • リクエストの URL

  • 追跡している作業を参照する必要があるすべての場所

サービス プロジェクトのキーを変更するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。
  2. [キー] フィールドで、希望するキーを入力します。サービス プロジェクトのキーは以下の要件を満たす必要があります。

    • 2 文字以上

    • 大文字で始まる

    • 大文字と数字のみを含める

  3. [詳細を保存] を選択します。

キーを変更した後は、チームに変更を周知することをお勧めします。

チーム管理対象サービス プロジェクトのカテゴリーの割り当てまたは変更

プロジェクト カテゴリは Jira サイト全体で似たソフトウェア、サービス、およびビジネス プロジェクトをグループ化するのに役立ちます。カテゴリは、詳細検索、フィルター、レポートなどで使用できます。Jira 管理者は利用可能なカテゴリを作成および管理します。プロジェクト カテゴリの追加および削除の詳細については、こちらをご覧ください

プロジェクトのカテゴリを割り当てまたは変更するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。
  2. [カテゴリ] でドロップダウンを使用してプロジェクトにカテゴリを割り当てます。
  3. [詳細を保存] を選択します。

チーム管理対象サービス プロジェクトのリーダーを変更する

通常は、チーム管理対象プロジェクトのプロジェクト リードが、プロジェクト設定を制御して管理するプロジェクト管理者になります。

長期的なプロジェクトでは、チームのメンバーの移動に応じてプロジェクト リードを変更する必要が生じる場合もあります。

プロジェクト リーダーを変更するには:

  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。
  2. [プロジェクト リーダー] フィールドで、新たにプロジェクトを率いるチーム メンバーを設定します。
  3. 保存 を選択します。

チーム管理対象サービス プロジェクトの既定の担当者を追加または変更する

プロジェクトでリクエストが作成されると、既定の担当者を設定できるようになります。これは、サイト上のすべてのユーザーがプロジェクトにタスクを報告できるオープン プロジェクトの場合に便利です。

既定の担当者は一般に、報告されたリクエストの優先度を決めたり、自身のチームが対応するリクエストであることを検証したりした後、それに応じてそれらのタスクをチーム メンバーに割り振るチーム メンバーです。既定では、プロジェクトでリクエストが作成されると既定の担当者に通知が送信されます。

デフォルトの担当者を変更できない場合は、[ 未割り当ての課題を許可 ] がシステムの Jira 一般設定で有効になっていることを確認してください。 Jira アプリケーション設定の詳細をご確認ください。.


プロジェクトの既定の担当者を変更するには:


  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。
  2. [既定の担当者] フィールドで、プロジェクトの既定の担当者を指名します。
  3. 保存 を選択します。


デフォルトの担当者は 未割り当てまたは プロジェクトのリーダー特定の個人を既定の担当者にするには、 プロジェクト リードを変更する必要があります。

チーム管理対象サービス プロジェクトをゴミ箱に入れる

Jira 管理者やプロジェクト リードは、不要なサービス プロジェクトをゴミ箱に移動して処分できます。サービス プロジェクト (リクエスト、キュー、自動化ルール、SLA、レポートを含む) は ゴミ箱への移動後も利用できますが、 60 日間 残った後に、永久に削除されます。.

Jira 管理者はゴミ箱で次の操作を行えます。 

  • プロジェクトがゴミ箱に移動されたタイミングの確認
  • プロジェクトをゴミ箱に移動したユーザーの確認
  • プロジェクトが完全に削除されるタイミングの確認
  • ゴミ箱に移動されたプロジェクトの復元
  • プロジェクトの完全な削除

サービス プロジェクトをゴミ箱に移動、アーカイブ、復元、削除する方法に関する詳細についてご確認ください