• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

最先端のインシデント管理の使用方法

 

Jira Service Management と Opsgenie との統合により、最新のインシデント管理ソリューションが提供されるため、サービス プロジェクトのインシデントをシームレスに管理できます。この統合により、次のことが可能になります。

  • Jira Service Management のインシデントを Opsgenie の重大なインシデントにエスカレートします。Opsgenie はアラートを送信し、適切なチームに迅速に対処しインシデントを解決するように通知します。

  • Jira Service Management の既存のインシデントから Opsgenie の重大なインシデントを作成する。

  • Jira Service Management のインシデントを Opsgenie の既存のインシデントにリンクする。

  • Opsgenie の一部として含まれるすべての追加機能 (オンコール スケジュール、監視ツールの統合、マルチ チャネル通知など) を使用する。

重大なインシデントは Jira Service Management で作成され、Opsgenie で管理されます。Jira Service Management で重大なインシデントが作成されると、Opsgenie は対応するインシデントとリスポンダー アラートを作成します。リスポンダー アラートは、適切なチームと人を見つけ、進行中のインシデントについて即座に通知します。その後、応答チームは、インシデントの解決に向けて迅速に作業を開始できます。

Jira Service Management でインシデント管理がどのように機能するかを見る。

Jira Service Management (旧 Jira Service Desk) で作成されたサービス プロジェクトをすでに使用している場合、サイドバー ナビゲーションにアラートとオンコールを追加して、Opsgenie 機能を有効にできます。または、新しい ITSM プロジェクトを作成して、これらの機能を使用します。

Opsgenie と Jira Service Management それぞれにライセンスをお持ちの場合、Opsgenie と Jira Service Management のマージをご検討ください。

Opsgenie の利用を開始する

Opsgenie から通知を受け取るには、まず、連絡先の詳細を追加し、通知ルールを設定する必要があります。対応チームとオンコール スケジュールを設定した後、重大なインシデントを作成できます。

連絡先の詳細を追加する

通知設定は非常に個人的なものであり、ユーザーによって異なります。重要な通知を見逃さないようにするため、すべての Opsgenie ユーザーができる限り早くプロファイルおよび通知設定を完了することを推奨します。

  1. サービス プロジェクトから、[アラート] を選択して Opsgenie に移動します。

  2. [設定] > [通知] を選択します。

  3. メール アドレスをご入力ください

  4. [SMS] と [音声] に電話番号を入力します。

  5. App Store または Google Play から Opsgenie アプリをダウンロードします。

  6. Opsgenie アカウントにログインして、モバイル プッシュ通知を有効にします。

通知ルールを設定する

連絡先の詳細を追加したら、それぞれのアラート アクションに基づいてどのようにアラートを受信するかをカスタマイズし、Opsgenie から状況に応じた適切な方法で通知が届くようにします。これにより、多すぎる通知を受け取ることなく、重要なアラートを見逃さないようにできます。

  1. サービス プロジェクトから、[アラート] を選択して Opsgenie に移動します。

  2. [設定] > [通知] を選択します。

  3. 下にスクロールして、通知ルールを設定します。

  4. [ルールの追加] を選択します。

  5. ルールの名前を入力します。

  6. 作成中のルールの対象となるアクションのタイプを選択します。

  7. [+Add new condition (+新規条件を追加)] を選択して、ルール条件の設定を作成します。

  8. [+Add notification method (+通知方法を追加)] を選択して、各ルール セットに任意の通知方法を設定します。

Opsgenie 通知の詳細については、こちらをご確認ください。

対応チームをセットアップする

連絡先の詳細と通知ルールを設定したら、Opsgenie で応答チームとオンコール スケジュールを作成できます。これにより、重大なインシデントが作成されると、Opsgenie はすぐに、オンコール スケジュールで適切な人に通知するリスポンダー アラートを確実に作成します。

  1. サービス プロジェクトから、[アラート] を選択して Opsgenie に移動します。

  2. [チーム] を選択します。

  3. [Add team (チームの追加)] を選択します。

  4. チームの名前を入力します。

  5. アカウント ユーザーを検索いて、メンバーを追加します。

  6. [Add team (チームの追加)] を選択して、保存します。

デフォルトのオンコール スケジュール、エスカレーション ポリシー、ルーティング ルールが自動的に作成されます。

Opsgenie のチーム ダッシュボードの詳細については、こちらをご確認ください。

所有者チームをサービスに設定する

Opsgenie を設定する最後のステップは、所有者チームをサービスに割り当てることです。これにより、Opsgenie はそのサービスでインシデントが発生したときに通知するオンコール スケジュールを認識できます。

  1. サービス プロジェクトから、[アラート] を選択して Opsgenie に移動します。

  2. [サービス]を選択します。

  3. サービス リストから、所有者チームを設定するサービスに移動します。

  4. [Assign owner team (所有者チームの割り当て)] を選択します。

重大なインシデントを作成する

Opsgenie の設定が完了したので、Jira Service Management で重大なインシデントを作成できます。

  1. サービス プロジェクトから [インシデント] を選択します。

  2. 関連するインシデントに移動し、[重大なインシデントを作成する] を選択します。

  3. 影響を受けるサービスを選択します。これにより、対応チームに警告が表示されます。

  4. [インシデント メッセージ] フィールドに問題の簡単な説明を入力します。インシデント メッセージインシデント説明を入力します。

  5. [優先度] を選択します。

  6. [Create major incident (重大なインシデントを作成)] を選択して、保存します。

Opsgenie を設定し、重大なインシデントを初めて作成する方法をご覧ください。

[Linked major incidents (リンクされた重大なインシデント)] の下に、重大なインシデントが表示されます。リンクをクリックすると、Opsgenie に重大なインシデントが表示されます。

重大なインシデントについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

最終更新日 2021年06月 1日)
次でキャッシュ 3:42 PM on Oct 23, 2021 |

その他のヘルプ