• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Service Management にはどのようなユーザーとロールが存在しますか?

Jira Service Management には、ライセンス、グローバル権限、プロジェクト権限の組み合わせに基づいて、さまざまなユーザー タイプとロールが用意されています。

Jira Service Management のユーザー

サービス プロジェクトのユーザーは、リクエストの処理や送信を担当します。

Jira Service Management には、ライセンスを持つユーザーとライセンスのないユーザーがいます。名前が示すように、ライセンスを持つユーザーがサービス プロジェクトにアクセスするためには、Jira Service Management ライセンスが必要です。ライセンスのないユーザーは、サービス プロジェクトを無料で操作できます。

プロジェクト管理者

プロジェクト管理者は、サービス プロジェクトとユーザーをセットアップする、ライセンスを持つユーザーです。

サービス管理者は、サービス プロジェクトで次を実行できます。 

  • Jira Service Management のすべての機能にアクセスする

  • サービス プロジェクトのユーザーとロールを管理する

  • ポータル、リクエスト タイプ、キュー、レポート、SLA をセットアップする

  • エージェントが行えるすべてのタスクの実行

エージェント

エージェントは、顧客リクエストに取り組んで顧客をサービス プロジェクトに追加するライセンスを持つユーザーです。エージェントは、サービス プロジェクトサービス デスク チーム ロールに追加されます。

エージェントは次のことが実行できます。

  • サービス プロジェクト内にあるポータル、キュー、レポート、SLA のメトリックを表示する

  • 課題で顧客向けおよび内部向けコメントを表示、追加、編集、削除する

  • 顧客をサービス プロジェクトに追加する

  • ナレッジ ベースでコンテンツを表示、作成、管理する

  • 顧客と組織を管理する

サービス プロジェクトにエージェントを追加する方法をご確認ください。

カスタマー

顧客はポータル、メール、またはウィジェットを通じてサービス プロジェクトにリクエストを送信できる、ライセンスのないユーザーです。

カスタマーは次のことを行えます。

  • ポータル、メール、またはウィジェットを通じてリクエストを登録する

  • ポータルでリクエストを追跡する

  • 自身のリクエストにコメントを追加

  • ナレッジベースの記事の参照

  • 他のカスタマーのリクエストの承認

  • 他の顧客とリクエストを共有する (顧客権限により許可されている場合)

カスタマーの追加または削除方法、およびカスタマーを組織に整理する方法をご覧ください。

協力者

コラボレーターは、Jira Service Managementでともに作業を行う Jira サイト内のライセンスを持つユーザーです。通常、組織内の内部チームに所属して、内部向けのコメントをすることで顧客リクエストを持つエージェントをサポートすることがあります。たとえば、開発者はバグを分析するスタッフをサポートして、原因と利用可能な回避策を説明するコメントを追加します。 

協力者のできる操作:

  • 課題、コメント添付ファイルの参照

  • 添付ファイルを追加する、自分が追加した添付ファイルを削除する

  • 課題への内部コメントを追加する、自分の追加したコメントを削除する

  • 課題のウォッチと投票

  • 他のウォッチャーと投票者の表示

他の Jira 製品のチームとコラボレーションする際のベスト プラクティスに関する詳細をご確認ください。

Jira Service Management のロール

プロジェクト ロールによって、プロジェクト管理者はユーザーを特定の機能に関連付けて同様の権限または制限を設定できます。

Jira 製品にサインアップする際に、管理者ロールが各製品に固有のプロジェクト ロールと併せて自動で作成されます。

その後、Jira 管理者はこれらのプロジェクト ロールを定義して管理できます。プロジェクト管理者は、サービス プロジェクトの異なるユーザーをこれらの定義済みのプロジェクト ロールに割り当てられます。

プロジェクト ロールの管理方法をご確認ください。

 

最終更新日 2021年07月 8日)
次でキャッシュ 6:57 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ