• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

自動化条件

ルールを実行し続けるために満たす必要がある条件を指定できます。たとえば、優先度が高い課題のみエスカレーションされるように、ルールの条件を指定できます。

条件はルール チェーンのどこにでも配置できます。条件に満たない場合、その後何も操作が実行されません。例外は If/else ブロック条件です。すべてのルールに条件を設定する必要はありません。

課題フィールドの条件

  • スマート バリューの使用: なし

課題フィールドが特定の条件を満たしているかを確認します。

この条件は、スマート バリューや JQL の記述が不要で、Jira の一般的なフィールドの大半をサポートします。可能であれば、この条件は JQL詳細比較条件の前に使用します。

課題フィールド条件で利用可能なフィールド

高度な比較条件

  • スマート バリューの使用: あり

スマート バリュー正規表現を使用して 2 つの値を比較します。

[課題フィールド] の条件で大半のニーズが満たされますが、この条件を使うと正規表現や関数の使用などの追加オプションを指定できます。

たとえば、カスタマーがコメントしたときに課題を再オープンする場合、[コメントされた課題] トリガーを最初に設定してから、詳細比較条件を追加して、コメントの作成者と課題の報告者を比較したり、別の条件を追加して課題のステータスが "完了" であるかを確認したりできます。これらの条件が満たされると、課題は "進行中" にトランジションされます。

高度な比較条件で利用可能なフィールド

比較メソッドを使用できるのは、以下の場合です。

  • 次に等しい (担当者が John に等しい、など)

  • 等しくない (例: 担当者は John に等しくない)

  • 次で始まる (報告者の名前が J で始まる、など)

  • 含む (例: 要約に 12 月が含まれる)

  • 含まない (例: 要約に 12 月を含まない)

この条件で正規表現を使用してパターンをテストできます。たとえば、フィールド値に正規表現フィールドの内容が含まれるのか、完全一致するのか、含まれないのかを確認します。

高度な比較条件の例

影響を受けるサービス

課題の影響を受けるサービス フィールドが指定された条件と一致しているかどうかを確認します。

この条件を設定して、影響を受けるサービスのサービス階層、サービス名、または依存関係にあるサービスに対して確認できます。

この条件は、影響を受けるサービス フィールド タイプを含む課題タイプを持つ、IT サービス管理プロジェクトでのみ利用できます。

影響を受けるサービスの条件で利用可能なフィールド

If/else ブロック

特定の条件と一致しているかどうかに基づいて、別のアクションを実行します。

この強力な条件によって、必要な数だけ if/else 条件を追加することができます。if ブロックは、すべての設定済み条件が満たされたときにそのブロック内で指定された操作を実行します。条件を満たさない場合、else ブロックが評価されます。

If/else ブロック条件の例

課題の添付ファイル

  • スマート バリューの使用: なし

課題の [コメント] フィールドまたは [説明] フィールドに添付ファイルが含まれるかどうかを確認します。

たとえば、顧客がスクリーンショットを含めたかどうか、またはベンダーが請求書を含めたかどうかを確認することもできます。添付資料が存在しない場合に、自動的にコメントを残して詳細情報をリクエストすることもできます。

課題の添付ファイルの条件で利用可能なフィールド

この条件を JQL 条件と組み合わせて、ファイル名が指定の形式かどうかを確認できます。以下のような添付ファイルの一部のプロパティには、条件付き比較を含めることもできます。

JQL

  • スマート バリューの使用: あり

JQL 条件を使い始める前に、代わりに課題フィールドの条件をルールで使えるかどうか確認してください。そうするとより簡単かつ短時間で設定できます。

課題が指定の JQL クエリと一致するかどうかを確認します。

たとえば、所与の課題のステータスにおけるカテゴリが "完了" であるかどうかを確認します。

1 statusCategory = Done
JQL 条件で利用可能なフィールド

この条件の [検証クエリ] をクリックして、JQL クエリが問題なく動作していることを確認します。スマート値を使っている場合は、JQL が有効かどうかは確認できません。

  • スマート バリューの使用: なし

関連する課題がトリガー課題にあるかどうか (例: 親課題、サブタスク、エピック、ストーリーなど)、または指定の JQL クエリと一致するかどうかを確認します。

関連課題の条件で利用可能なフィールド

ユーザー

  • スマート バリューの使用: あり (条件)

ユーザーが存在しているか、またはそのユーザーが指定したグループにいるかを確認します。

この条件にさらに基準を追加し、すべてまたは一部の基準が一致するロジックを選択できます。

たとえば、課題を再オープンする前に、課題にコメントを追加したユーザーが課題の報告者なのか、[参加者] カスタム フィールドのメンバーなのかを確認できます。

ユーザー条件で利用可能なフィールド

 

最終更新日 2020 年 11 月 9 日
次でキャッシュ 6:44 PM on Oct 28, 2021 |

その他のヘルプ