企業管理対象プロジェクトの課題タイプでは、次のフィールドのタイプをカスタマイズしてさまざまな情報を収集できます。カスタム フィールドの作成方法、カスタム フィールドを画面に追加する方法、企業管理対象プロジェクトでカスタム フィールドを編集または削除する方法をご確認ください。

標準のカスタム フィールド タイプ

Jira プロジェクトでは次のフィールドがもっともよく使用されます。

チェックボックス

チェックボックス フィールドを使用すると、ユーザーは一覧から複数のオプションを選択してフィールドに入力できます。チェックボックス フィールドは、フリーフォーム形式のテキスト フィールドなどで発生する可能性がある入力ミスを減らすことで、データ入力をサポートします。また、ユーザーがフィールドに入力できるオプションを制限することで、適切なデータ入力を増やします

日付ピッカー


日付ピッカー フィールドでは、カレンダーから日付を選択して日付情報を入力できます。フィールドに日付を直接入力することも可能です。

日時ピッカー


日付ピッカー フィールドと同様、日時ピッカー フィールドでは、カレンダーとドロップダウン リストによる時間選択を使用して、日時情報を入力できます。日時フィールドには、日付を指定する欄と時間を指定する欄の 2 つの入力領域があります。

ラベル


ラベル フィールドでは、自由形式のテキストで入力された再使用可能なテキスト スニペットで課題をタグ付けできます。Jira では入力時のエラーを防ぐために既存のラベルが入力候補として表示されます。ラベル フィールドに直接入力して新しいラベルを作成することもできます。

数値フィールド


数値フィールドでは、数値情報を自由形式のテキストで入力できます。ユーザーは 1 行のテキスト ボックスに数値を入力することができます。入力可能な数値は、 -1兆から 1 兆 (100,000,000,000,000) までです。


次の点にご注意ください。


  • Jira は小数点以下 3 桁以降を四捨五入します。たとえば、5.555555 は四捨五入されて 5.556 となります。 
  • 値の大きな数字には指数表記を使用できます。たとえば、数値 5,000 は 5e3 と入力できます。

ラジオ ボタン


ラジオ ボタンを使用すると、ユーザーは一覧から 1 つのオプションを選択してフィールドを入力できます。ラジオ ボタンは、フリーフォーム形式のテキスト フィールドなどで発生する可能性がある入力ミスを減らすことで、データ入力をサポートします。また、ユーザーがフィールドに入力できるオプションを制限することで、適切なデータ入力を増やします。

選択リスト (カスケード)

カスケード式の選択フィールドでは、選択フィールドを親と子のオプションに分けることによって選択リストを絞り込めます。ユーザーは親ドロップダウン リストから項目を 1 つ選択して、次に表示されたサブリストからさらに項目を選択します。カスケード式の選択フィールドによって、選択リストの選択肢をカテゴリ別に分類して、フィールドに正しく入力するために選択リストの数を減らせます。

選択リスト (複数選択)


複数選択フィールドの入力では、ユーザーはドロップダウン リストから複数の項目を選択することができます。

選択リスト (単一選択)


単一選択フィールドの入力では、ユーザーはドロップダウン リストから 1 つの項目を選択することができます。

段落 (リッチ テキストをサポート)


長いテキストを格納できるマルチライン テキスト フィールドです。ユーザーはこれらのフィールドを使用して、チームが課題を解決するのに役立つ詳細なコンテキストを追加します。URLのリンク、太字、斜体、下線、色付きテキストなどのリッチ テキストに加えて、すべての Atlassian のエディタ機能をサポートします。

短いテキスト (プレーン テキストのみ)


短いテキスト (最大 255 文字) の 1 行のプレーン テキストです。通常、ユーザーは [短いテキスト] フィールドを使用して、コンテキストの追加、課題の並べ替えと検索、チーム情報のレポートを行います。リッチ テキストの場合は、[段落] カスタム フィールドを使用します。

URL フィールド


URL フィールドでは、有効な Web アドレスを入力することで入力が完了します。

ユーザー ピッカー (単一ユーザー)


フィールドでユーザーの検索を開始し、ドロップダウン メニューからそのユーザーを選択します。

高度なカスタム フィールド タイプ

次のフィールド タイプは特定の状況では役に立ちますが、ほとんどの Jira セットアップではあまり一般的ではありません。

Assets

アセットを課題にリンクします。

Date of first response 

報告者以外のユーザーが最初に課題にコメントした日付です。

Days since last comment

最後のコメントからの日数 / 時間 (制限付きコメントはユーザー単位で考慮されます) です。このフィールドで検索したり並べ替えたりすることはできません

Domain of assignee

担当者のドメイン名です。

Domain of reporter

報告者のドメイン名です。

Global rank

Jira Software 専用のグローバル ランク フィールドです。

グループ ピッカー (複数グループ)

ポップアップのピッカー ウィンドウを使用して、複数のユーザー グループを選択します。

グループ ピッカー (単一グループ)

ポップアップのピッカー ウィンドウを使用して、1 つのユーザー グループを選択します。

Last commented by a User Flag

最後にコメントしたユーザーが Jira 開発者 (jira-developers グループ メンバー) ではない場合に true が表示されます。

Last public comment date

最後の公開コメントの日付 / 時間 (制限付きコメントは無視されます)。このフィールドで検索したり並べ替えたりすることができます

Message Custom Field (for edit)

OnDemand の[編集] 画面に HTML またはレンダリングされた wiki マークアップとして既定値が表示されるカスタム フィールドです。

Message Custom Field (for view)

OnDemand の[表示] 画面に HTML またはレンダリングされた wiki マークアップとして既定値が表示されるカスタム フィールドです。

Number of attachments

課題の添付ファイルの数を格納するカスタム フィールドです。

Number of comments

課題のコメントの数を格納するカスタム フィールドです。

Parent link

説明なし。

Participants of an issue

課題の報告者、現在の担当者、コメントしたすべてのユーザーが表示されます。

プロジェクト ピッカー (単一プロジェクト)

ユーザーがシステムで表示できるプロジェクトから選択します。

チーム

説明なし。

テキスト フィールド (読み取り専用)

読み取り専用のテキスト ラベル。プログラム経由でのみ値を作成できます (Mantis からのインポート用に内部で使用されます)。最大 255 文字です。

ステータス期間

課題がそのステータスで費やした時間や、そのステータスになった回数についての統計情報を格納します。このフィールドでは、「ステータスの平均回数」チャートと「ステータスでの平均時間」チャートが生成されます。

ユーザー ピッカー (複数ユーザー)

ポップアップのピッカー ウィンドウを使用して、ユーザー ベースから複数ユーザーを選択します。

ユーザー プロパティ フィールド (255 文字まで)

ポップアップのピッカー ウィンドウを使用して、ユーザー ベースから複数ユーザーを選択します。

Name of last updater or commenter

最後の更新内容に応じ、最終更新者またはコメント追加者の名前が表示されます。

バージョン ピッカー (複数バージョン)

プロジェクトで利用可能なバージョンから選択します。

バージョン ピッカー (単一バージョン)

プロジェクトで利用可能なバージョンから 1 つのバージョンを選択します。