• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

オープンなポータルのセットアップ

誰でもポータルにアクセスできるオープンなポータルを設定できます。つまり、ポータルにアクセスするすべてのユーザーは、サイトの既存のアカウントを必要としません。ただし顧客は、リクエストを送信するときにメール アドレスを入力する必要があります。アカウントが作成されます。リクエストを表示するにはパスワードを設定してポータルにログインする必要があります。

サイト管理者は、「ポータルのみの顧客アクセス」ページから、サイトのオープンなポータルを許可できます。ただしすべてのポータルがオープンなポータルに自動的に変わるわけではなく、オープンなポータルへの切り替えメニューが、サイトのサービス プロジェクトのオプションとして追加されます。

オープンなポータルを許可する

オープンなポータルをオンにしても、すべてのポータルがオープンになるのではなく、プロジェクト管理者が自分で個々のポータルを開けます。

オープンなポータルを許可するには、サイト管理者である必要があります。

オープンなポータルを許可するには、次の手順を実行します。

  1. 右上から、[設定] () > [製品] の順に選択します。

  2. [Jira Service Management] で [ポータルのみの顧客アクセス] を選択します。

  3. [顧客にアカウントの作成を許可する] を選択します。

  4. [顧客はログインしないでアクセスしてポータルからリクエストを送信できる (Customers can access and send requests from the portal without logging in)] を選択します。

  5. 保存を選択します 。

プロジェクト管理者はプロジェクト設定で、すべてのユーザーがプロジェクトにリクエストを送信できるよう設定できます。

ポータルを開く

ポータルを開くには、プロジェクト管理者である必要があります。

ポータルを開いてすべてのユーザーがリクエストを送信できるようにするには、次の手順を実行します。

  1. サービス プロジェクトから、[プロジェクト設定] > [顧客権限] に移動します

  2. [メールまたはポータルを通じてプロジェクトにリクエストを送信できるユーザーを選択する (Choose who can send requests to your project via email or the portal)] で、[Web 上の全ユーザー (ログイン不要)] を選択します。

  3. 保存を選択します 。


このページは 企業管理対象 プロジェクト

サービス プロジェクト サイドバーの左下に [チーム管理対象プロジェクトを利用中です] が表示されている場合は、次のチーム管理対象プロジェクトの記事をご確認ください。

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

 

最終更新日 2021年10月 6日)
次でキャッシュ 9:01 PM on Oct 23, 2021 |

その他のヘルプ