課題タイプとは

 

課題タイプは独自の方法で異なる作業タイプを区別するため、Jira サイト全体でチームが作業を識別、分類、報告するのをサポートします。これによって、チームが作業プロセスをより構造化できます。 

複数の課題タイプを使用すると、チームが取り組む作業の検索および並べ替え、特定作業タイプの進捗の追跡、バグに対するチームの対応状況およびより大きなイニシアチブの完了速度の見積もりに役立ちます。

それぞれの Jira 製品には、プロジェクトやチームのニーズに適した既定の課題タイプが付属しています。課題タイプは、目的に適った任意のプロジェクト管理方法に合わせてカスタマイズできます。

アトラシアンでは推奨される課題タイプを提供して、一般的なアジャイル ソフトウェア開発や IT サービス管理方法で作業タスクを分類できるようにしています。このような既定の課題タイプで使用を開始するか、独自の課題タイプを作成します。

親/子課題とは

親と子は、課題間の関係のタイプを表す用語です。

  • 複数のサブタスクで構成されるストーリーなど、親課題とは別の課題の上に位置する課題です。

  • あるタスクに属するサブタスクなど、子課題とは別の課題の下に位置する課題です。

つまり、親と子の関係は特定の課題タイプに限定されません。いずれの課題タイプも親と子の両方の課題になれます。唯一の例外はサブタスクで、階層内でその下に課題タイプがないため、常に子課題になります。

たとえば、次のような課題階層があるとします。

  • エピック

  • ストーリー、タスク、バグ

  • サブタスク

その後、次の手順に従います。

  • エピックが親課題になる場合は、ストーリー、タスク、バグを子課題として持てます。

  • タスクが親課題になる場合は、サブタスクを子課題として持てます。

  • サブタスクは子課題を持てません。

べストプラクティス

課題ビューに表示できる子課題は最大 500 件のため、課題の上限数を 500 件にすることをお勧めします。子課題が 500 件を超える場合は、次のようになります。

  • 課題ビューから子課題を表示するのではなく、課題ビューから直接移動できる検索で子課題を表示する必要があります。

  • タイム トラッキングを使用している場合は、サブタスクを含められません。

ヒント: 子課題の数を減らすには、親課題の分割をお試しください。たとえば、エピックにあるストーリーが多すぎる場合は、そのエピックを複数のエピックに分割できる可能性があります。また、タスクにあるサブタスクが多すぎる場合は、複数のタスクに分割するのが適切な可能性があります。アジャイル チームの作業構造化に関する詳細についてご確認ください

階層レベルとは

デフォルトでは、Jira は 3 つのレベルの階層をサポートします。

  • エピック課題は、Jira の作業の概要レベルのイニシアチブまたは大規模な単位を表します。ソフトウェア チームの場合、エピックは開発中の新機能を表すことがあります。IT サービス チームの場合、エピックは主要なサービスの変更またはアップグレードを表すことがあります。ビジネス チームの場合、エピックはプロジェクトの主要な成果またはフェーズを表すことがあります。

  • 標準課題は、通常の業務タスクを表します。Jira において、標準課題は、チーム メンバーが日常的な業務を議論または実行するために使用されます。ソフトウェア チームの場合、標準課題 (バグやストーリーなど) は、インタラクションのビルドに必要な作業や、チームのソフトウェアにおける他の最終目標の見積もりおよび追跡を行います。サービス チームの場合、標準課題は、チームのカスタマーによって行われた異なるリクエスト (サービスまたはサポートのリクエスト、インフラストラクチャでの問題やインシデントのレポートなど) を表します。ビジネス チームの場合、標準課題は、チーム メンバーの日常業務を表し、それらを追跡します。

  • サブタスク課題は、チームが標準課題を細分化するのに役立ちます。これは、チームに複数人で作業する必要があるタスクがある、またはチームが作業のスコープや複雑さを過小評価している場合に役立ちます。サブタスクは関連する標準課題とは独立して詳細を記述して見積もれるため、チームがその後、同様の作業をより適切に把握して見積もるために役立ちます。

Advanced Roadmaps を使用している Jira Premium のお客様は、課題階層にレイヤーをさらに追加できます。Advanced Roadmaps における課題階層の構成に関する詳細についてご確認ください

既定の課題タイプ

各 Jira 製品で提供される既定の課題タイプの一覧は次のとおりです。

Jira Work Management (ビジネス プロジェクト) の課題タイプ

既定では、ビジネス プロジェクトには次の 1 つの標準課題タイプが付属します。

タスク

タスクは、実施すべき作業を表しています。

既定では、ビジネス プロジェクトには次の 1 つの子課題タイプが付属します。

サブタスク

サブタスクは、タスクの完了に必要な個々の作業です。

Jira Software (ソフトウェア プロジェクト) の課題タイプ

既定では、ソフトウェア プロジェクトには次の 1 つの親課題タイプが付属します。

エピック

ブレイクダウンが必要な、大規模なユーザー ストーリー。エピックはバグ、ストーリー、およびタスクをまとめてグループ化し、より大きなイニシアチブの進捗状況を示します。アジャイル開発では、エピックは通常、チームが開発するソフトウェアの新機能またはエクスペリエンスなどの大規模な成果物を表します。

既定では、ソフトウェア プロジェクトには次の 3 つの標準課題タイプが付属します。

バグ

バグとは、プロジェクトの機能が損なわれる、または機能しなくなる問題のことです。

ストーリー

ユーザーストーリーは、実施すべき最小作業単位です。

タスク

タスクは、実施すべき作業を表しています。

既定では、ソフトウェア プロジェクトには次の 1 つの子課題タイプが付属します。

サブタスク

サブタスクは、1 つのタスクの完了に必要な個々の作業です。サブタスク課題は、Jira の標準課題 (バグ、ストーリー、またはタスク) の分割に使用できます。

Jira Service Management (サービス プロジェクト) の課題タイプ

変更

現在の IT プロファイルの変更をリクエストします。

IT help

IT 関連の問題のヘルプをリクエストします。

インシデント

インシデントまたは IT サービスの停止を報告します。

新機能

新機能またはソフトウェア機能をリクエストします。

問題

複数のインシデントの根本原因を調査および報告します。

サービス リクエスト

社内またはカスタマー サービス チームからヘルプをリクエストします。

承認付きのサービス リクエスト

マネージャーまたは役員による承認が必要なヘルプをリクエストします。

サポート

カスタマー サポートの課題に関するヘルプをリクエストします。 

その他のヘルプ