• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

インポートとは

Jira Service ManagementInsight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細をご参照ください

インポートとは、外部データを Insight に取り込み、それを Insight オブジェクト タイプ、オブジェクト、属性、参照に自動で変換する方法です。

現在、CSV、JSON、Insight Discovery からデータをインポートできますが、外部データベースや Jira 環境自体からデータを追加する計画もあります。

Insight は、異なるタイプの複数のインポートを保存して実行できます。インポート設定とは、データを検索する場所と Insight が特定のインポート タスクを管理する方法に関する情報をまとめたものです。

新しいインポート設定を作成する際は、作成するオブジェクトの定義済みの構造や設定を作成するオプションがあります。定義済みの構造と設定とは、インポートするデータのタイプ (CSV、JSON、Discovery ファイルなど) に基づくデフォルトの構造と設定です。また、定義済みの構造と設定なしでインポート設定を作成するオプションもあります。つまり、データをオブジェクト タイプ、オブジェクト、属性、参照に手動でマッピングします。

データを Insight にマッピングするには、いくつかの方法があります。

  • オブジェクト タイプ マッピングを使用してオブジェクト タイプを作成します。

  • オブジェクト タイプ属性マッピングを使用して属性を作成します。

  • プレースホルダーでオブジェクト タイプ マッピングを使用して、参照を作成します。

  • 子オブジェクト タイプ マッピングを使用して、オブジェクト スキーマ内に親階層と子階層を作成します。

Insight に情報をインポートするには、インポート設定を作成してデータをマップし、インポートを実行する必要があります。

Insight にデータをインポートする方法

Insight にデータをインポートするには、4 つのステップがあります。

  1. データを準備します

  2. インポート設定を作成します

  3. データを Insight にマッピングします。これには 2 つのオプションがあります。

    1. 定義済みの構造と設定を使用してデータを自動でマッピングするか、

    2. データを手動でマッピングします:

      1. オブジェクト タイプ マッピングを使用して Insight オブジェクト タイプを作成する

      2. オブジェクト タイプ属性マッピングを使用して Insight 属性と参照を作成する

      3. 子オブジェクト タイプ マッピングを使用して階層的な親構造と子構造を作成する

  4. インポートを実行します

最終更新日 2021年07月29日)
次でキャッシュ 9:07 PM on Oct 23, 2021 |

その他のヘルプ