• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

インポート設定の変更を表示する

Jira Service ManagementInsight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細をご参照ください

検査設定を使用すると、欠落しているかインポート設定の前回実行後に変更されたオブジェクトや属性についての情報を表示できます。

インポート設定を一度も実行していない場合、検査設定は機能しません。

はじめる前に

  1. データを準備する必要があります。

  2. インポート構成を作成します

  3. データを Insight にマッピングします。これには 2 つのオプションがあります。

    1. 定義済みの構造と設定を使用してデータを自動でマッピングするか、

    2. データを手動でマッピングします:

      1. オブジェクト タイプ マッピングを使用して Insight オブジェクト タイプを作成する

      2. オブジェクト タイプ属性マッピングを使用して Insight 属性と参照を作成する

      3. 子オブジェクト タイプ マッピングを使用して階層的な親構造と子構造を作成する

  4. オブジェクト タイプ マッピングを作成したら、それらを有効化する必要があります。すべてのオブジェクト タイプ マッピングが [有効化] に設定されるまで、インポート設定は実行できません。オブジェクト タイプ マッピングを右クリックして [有効化] をクリックし、新しいオブジェクト マッピングを有効化します。

  5. インポートを実行します

 インポート設定の変更を表示する

  1. オブジェクト スキーマを選択します。

  2. [Configure (設定)]、[インポート] タブの順に選択します。

  3. [インポート設定] を選択します。

  4. インポート設定の横にある歯車 アイコン、[Execute Import (インポートを実行)] の順に選択します。

  5. [Inspect configuration (検査設定)] をクリックします。

  6. [Inspection Results (検査結果)] が表示されます。インポート設定の各オブジェクト タイプまたは属性について、値の変更不足の有無、新しい値が表示されます。変更または欠落した要素がない場合は、「違いは見つかりませんでした。すべて問題ありません」というメッセージが表示されます。

最終更新日 2021年04月 1日)
次でキャッシュ 7:04 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ