• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Insight オブジェクト フィールドを設定する

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

Insight オブジェクトのカスタム フィールドを表示または編集する際は、特別な権限がユーザーに適用されます。

  • Insight オブジェクト カスタム フィールドがポータルのエンドユーザーによってアクセスできるリクエスト タイプに追加されると、すべてのユーザー (Jira Service Management またはアトラシアン製品のライセンスを取得していないユーザーも含む) に対して一時的な「ユーザー」ロールが付与されます。これによって、ユーザーは Insight オブジェクトのフィールドとその値を表示できます。

  • Jira Software、JSM、JSW の各ユーザーに対して、一時的な「オブジェクト スキーマ ユーザー」ロールが適用されます。これによって、Insight オブジェクト カスタム フィールドのコンテンツをユーザーが既存の編集権限を持っている課題内で表示して編集できるようになります。

これらのロールは、ご利用のライセンスでの合計ユーザー数に計上されません。

Jira 課題を Insight オブジェクトに接続するには、次の手順に従います。

  1. Jira サイトで、グローバル ナビゲーション バーの右上にある [設定] に進みます

  2. Jira 設定の下の [課題] に移動します

  3. ナビゲーション サイドバーの [カスタム フィールド] に移動します

  4. [Create custom field > All (カスタム フィールドの作成 > すべて)] の順に選択します。

  5. 下にスクロールするか検索して、Insight オブジェクトを見つけます。

  6. [Insight オブジェクト] フィールドに名前説明を入力します。

  7. その添付先の画面を選択します。これによって、そのプロジェクトに含まれる課題に接続できます (プロジェクト キーによって [Insight オブジェクト] フィールドを使用するプロジェクトを検索します)。

  8. 更新を選択します。

これで、フィールドを作成してプロジェクトに接続できました。ここで設定に進みます。Insight オブジェクト フィールドの設定をご確認ください

  1. ナビゲーション サイドバーの [カスタム フィールド] に移動します

  2. [Insight オブジェクト] フィールドを見つけます ([タイプ] 列で Insight オブジェクトを検索するか、名前を検索します)。

  3. その他のオプション > [コンテキストと既定値] の順に選択します

  4. [Edit Insight objects field configuration (Insight オブジェクト フィールドの設定を編集)] を選択します。

  5. フィールドにアクセスするオブジェクト スキーマをドロップダウンから選択します ([オブジェクト スキーマ] の下)。

  6. (オプション) [フィルター スコープ (IQL)] に Insight クエリ言語 (IQL) のクエリを入力して、どのオブジェクトを表示するかについて定義します。このフィールドによって、Insight の属性に基づいて Insight オブジェクトをフィルタリングできます。IQL の詳細についてご確認ください

  7. (オプション) [フィルター課題スコープ (IQL)] に Insight クエリ言語 (IQL) のクエリを入力して、どのオブジェクトを表示するかについて定義します。このフィールドによって、Jira Service Management 内の他のフィールドの値に基づいて Insight オブジェクトをフィルタリングできます。IQL の詳細についてご確認ください

  8. (オプション) [フィルター課題スコープ (IQL)] フィールドがポータルに表示された際にそこに初期設定のオブジェクトが入力されている状態にする場合は、[このフィールドをカスタマー ポータルに表示する際に、初期設定のオブジェクトを表示] をクリックします。

  9. [User interaction (ユーザーの操作)] で、ユーザーが検索できて課題ビューに表示される Insight 属性を選択します。

  10. [保存] を選択します。

Insight オブジェクト フィールドの設定画面にある [フィルター スコープ (IQL)] フィールドでは、プレースホルダーを使用できません。

エンドユーザーがポータル リクエストからオブジェクトを選択してエージェントが課題ビューからオブジェクトに直接アクセスできるように、このフィールドをリクエスト タイプに追加してポータルに表示させます。

フィールドがリクエスト タイプに追加されると、そのポータルのすべての顧客にユーザーのロールが付与されることに注意してくださいロールの詳細。

また、オブジェクトが選択されているすべてのリクエストは、Insight ビュー内の [接続された Jira 課題] の下に表示されます。

フィールドは設定されました。テストする場合は次の手順に従います。

  • 課題に移動します

  • 先ほど作成した Insight オブジェクト フィールドの名前を探します。

  • フィールドを選択してオブジェクトに移動するか、グラフ アイコン ( ) を選択してオブジェクト グラフを表示します

この機能は、自動化ルールによって特定のアクションを自動化して、さらに強力かつ効果的にできます。Jira Service Management にある Insight の Automation に関する詳細

その他のヘルプ