• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Insight オブジェクト フィールドとは

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

Insight オブジェクトのカスタム フィールドを表示または編集する際は、特別な権限がユーザーに適用されます。

  • Insight オブジェクト カスタム フィールドがポータルのエンドユーザーによってアクセスできるリクエスト タイプに追加されると、すべてのユーザー (Jira Service Management またはアトラシアン製品のライセンスを取得していないユーザーも含む) に対して一時的な「ユーザー」ロールが付与されます。これによって、ユーザーは Insight オブジェクトのフィールドとその値を表示できます。

  • Jira Software、JSM、JSW の各ユーザーに対して、一時的な「オブジェクト スキーマ ユーザー」ロールが適用されます。これによって、Insight オブジェクト カスタム フィールドのコンテンツをユーザーが既存の編集権限を持っている課題内で表示して編集できるようになります。

これらのロールは、ご利用のライセンスでの合計ユーザー数に計上されません。

カスタム Insight オブジェクト フィールドを作成すると、チームが課題ビューから Insight オブジェクトに直接アクセスできます。これは Jira Service Management の Insight の強力な機能であり、エージェントが課題やリクエストを迅速かつ効果的に解決するために必要なコンテキストを取得する際に役立ちます。

Insight カスタム フィールドにオブジェクトを (値などとして) 追加すると、課題とオブジェクトの間にリンクが作成されます。これによって、オブジェクト ビューから接続されているすべての課題を確認できます。

これは、グラフを使用して依存関係を横断して問題がどこで起きたかを把握できるため、インシデント管理に役立ちます。

また、全体像を確認してリスクを評価できるため、変更管理に役立ちます。変更対象のアイテムに何が依存しているかを容易に確認できます。

 

その他のヘルプ