• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Insight オブジェクト フィールドとは

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

Insight オブジェクト フィールドを作成または編集するには、Jira Service Management エージェントまたは Jira 管理者である必要があります。Jira Service Management エージェントの場合は、オブジェクト スキーマの閲覧権限も必要です。これらの権限を持っていなくても Insight オブジェクト フィールドとその値を表示できますが、編集できません。Insight の権限に関する詳細についてご確認ください

Insight フィールドは Jira Software プロジェクトの課題タイプに配置できますが、編集できるのは管理者またはエージェントのみです。

カスタム Insight オブジェクト フィールドを作成すると、チームが課題ビューから Insight オブジェクトに直接アクセスできます。これは Jira Service Management の Insight の強力な機能であり、エージェントが課題やリクエストを迅速かつ効果的に解決するために必要なコンテキストを取得する際に役立ちます。

Insight カスタム フィールドにオブジェクトを (値などとして) 追加すると、課題とオブジェクトの間にリンクが作成されます。これによって、オブジェクト ビューから接続されているすべての課題を確認できます。

これは、グラフを使用して依存関係を横断して問題がどこで起きたかを把握できるため、インシデント管理に役立ちます。

また、全体像を確認してリスクを評価できるため、変更管理に役立ちます。変更対象のアイテムに何が依存しているかを容易に確認できます。

 

その他のヘルプ