• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Insight オブジェクト フィールドを設定する

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

Insight オブジェクト フィールドを作成または編集するには、Jira Service Management エージェントまたは Jira 管理者である必要があります。Jira Service Management エージェントの場合は、オブジェクト スキーマの閲覧権限も必要です。これらの権限を持っていなくても Insight オブジェクト フィールドとその値を表示できますが、編集できません。Insight の権限に関する詳細についてご確認ください

Insight フィールドは Jira Software プロジェクトの課題タイプに配置できますが、編集できるのは管理者またはエージェントのみです。

Insight オブジェクト フィールドを使用すると、Jira Service ManagementInsight オブジェクトを表示できます。Insight オブジェクト フィールドに表示するオブジェクトを選択するには、次の 3 つの方法でフィールドを設定できます。

  • オブジェクト スキーマを使用して、オブジェクト スキーマでオブジェクトをフィルタリングする

  • [Filter Scope (範囲をフィルタリング)] (IQL) を使用して、Insight の情報に基づいてオブジェクトをフィルタリングする

  • [Filter Issue Scope (課題範囲をフィルタリング)] (IQL) を使用して、現在の課題の情報に基づいてオブジェクトをフィルタリングする

オブジェクト スキーマ フィールドを使用する

オブジェクト スキーマ フィールドを使用して、この Insight オブジェクト フィールドにリンクされているオブジェクト スキーマを選択します。このフィールドは必須項目です。

[Filter Scope (範囲をフィルタリング)] (IQL) フィールドで別のオブジェクト スキーマからオブジェクトを選択した場合は、そのオブジェクト スキーマのオブジェクトのみが表示されます。

範囲の絞り込み (IQL) フィールドを使用する

Insight の情報に基づいて Insight オブジェクトをフィルタリングするには [Filter Scope (範囲をフィルタリング)] (IQL) フィールドを使用します。

このフィールドはオプションです。このフィールドではプレースホルダーを使用できません。

たとえば、特定の製造元に基づいて特定モデルのラップトップのみを表示する Insight オブジェクト フィールドを作成する場合は、IQL クエリ「objectType = “Laptop” AND Manufacturer = “Apple”」と入力するとこれらのオブジェクトのみを表示できます。

課題範囲の絞り込み (IQL) フィールドを使用する

[Filter Issue Scope (課題範囲をフィルタリング)] (IQL) フィールドを使用して、課題自体内の情報によってデータをフィルタリングします。これは、課題に関する情報を含む他の Insight オブジェクト フィールドまたは Jira システム フィールドに基づきます。

このフィールドはオプションです。[このフィールドがカスタマー ポータルに表示されたらデフォルト オブジェクトを表示する] を有効にすると、このフィールドにオブジェクトが自動で表示されます。

このフィールドではプレースホルダーを使用できますプレースホルダーの詳細をご確認ください

課題内のオブジェクト フィールドを使用してフィルタリングする

[Filter Issue Scope (課題範囲をフィルタリング)] (IQL) フィールドを使用して、課題内から Insight オブジェクト フィールドを参照できます。これは、2 つ以上の Insight オブジェクト フィールドをリンクして、カスケード リストを作成する際に使用できます。

たとえば、別のカスタム フィールドで選択した製造元に基づいて、特定モデルのラップトップのみを表示する Insight オブジェクト フィールドを作成する場合は、2 つの個別の Insight オブジェクト フィールドを作成します。

1 つ目の Insight オブジェクト フィールドを作成して「Manufacturer (製造元)」という名前を付けます。[Filter Scope (範囲をフィルタリング)] (IQL) を「objectType = “Manufacturer”」に設定することで、Insight から取得した「Manufacturer (製造元)」オブジェクトのみを表示するようにフィールドを設定します。

次に、2 つ目の Insight オブジェクト フィールドを作成して「Model (モデル)」という名前を付けます。「objectType = “Laptop” AND Manufacturer = ${customfield_xxxxx.label}」と入力することで、課題にある製造元フィールドのラップトップ モデルのみを表示するように [Filter Issue Scope (課題範囲をフィルタリング)] (IQL) を設定します。なお、ここの「xxxxx」とは「Manufacturer (製造元)」カスタム フィールドのカスタム フィールド ID を指します。

これで、“Model (モデル)” フィールドには、その製造元に対応するラップトップのみが表示されます。

[Filter Issue Scope (課題範囲をフィルタリング)] (IQL) フィールドを使用する際にカスタム フィールドを識別するためには、カスタム フィールド名 (「Manufacturer (製造元)」) ではなくカスタム フィールド ID (「customfield_xxxxx」) を使用する必要があります。

課題内のシステム フィールドを使用してフィルタリングする

[Filter Issue Scope (課題範囲をフィルタリング)] (IQL) フィールドを使用して、課題内の「Assignee (担当者)」や「Project (プロジェクト)」などのシステム フィールドを参照できます。

たとえば、現在の担当者が所有するラップトップのリストだけを表示する場合は「objectType = “Laptop” AND "Owner" LIKE ${assignee.label}」と入力して [Filter Issue Scope (課題範囲をフィルタリング)] (IQL) フィールドを設定できます。この場合、各ラップトップは Jira の担当者名に対応する「Owner (所有者)」属性を持っています。

Jira フィールドの中には、複数の値を保持できるものもあれば単一値しか保持できないものもあります。フィールド値ラベルまたは ID を使用して Jira フィールドを参照します。

課題キー

ラベル/説明

複数

タイプ

${key.id}

${key.label}

assignee

担当者

false

ApplicationUser

ユーザー キー

表示名

dueDate

期限

false

日付

dueDate

dueDate

修正バージョン

修正バージョン

true

文字列/カスタム Insight オブジェクト

ID

名前

issuetype

課題タイプ

false

文字列/カスタム Insight オブジェクト

ID

名前

コンポーネント

コンポーネント

true

文字列/カスタム Insight オブジェクト

ID

名前

priority

優先度

false

文字列/カスタム Insight オブジェクト

ID

名前

pid

Project

false

文字列/カスタム Insight オブジェクト

ID

名前

reporter

報告者

false

ApplicationUser

ユーザー キー

表示名

resolution

ソリューション

false

文字列/カスタム Insight オブジェクト

ID

名前

summary

要約

false

文字列

summary

summary

Jira Service Management の Insight には、Jira Service Management Data Center の Insight に含まれるシステム フィールド タイプは含まれません。

これらのシステム フィールド タイプで検索する場合は、これらのフィールドをモデル化した Insight オブジェクトを作成する必要があります (つまり、独自のプロジェクト コンポーネント Insight オブジェクトを作成する必要がある)。その後、それらを別のカスタム フィールドの値として設定するか、フィールド ラベルや ID を使用できます。

複数の値を持つプレースホルダーを使用する

上記の例では、プレースホルダーを使用して製造元フィールド $ {customfield_xxxxx.label} (「xxxxx」は “Manufacturer (製造元)” カスタム フィールドのカスタム フィールド ID) の値を参照しています。プレースホルダーは、クエリを実行する際にクエリ内のテキストを他のテキストに置き換えます。

プレースホルダーは、${customfield_xxxxx.label} などの単一値を返せます。

フィールドに複数の値が含まれている場合、プレースホルダーはインデックス (${{customfield_xxxxx${{1}}}}) を使用して単一値を返します。また、Manufacturer IN (${{customfield_xxxxx${{0}}}}) のようなクエリを使用して一度にすべての値を返せます。

プレースホルダーの使用は、自動化フロー内ではサポートされていません。

 

その他のヘルプ