• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Service Management で Insight の使用を開始する

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

Insight オブジェクトのカスタム フィールドを表示または編集する際は、特別な権限がユーザーに適用されます。

  • Insight オブジェクト カスタム フィールドがポータルのエンドユーザーによってアクセスできるリクエスト タイプに追加されると、すべてのユーザー (Jira Service Management またはアトラシアン製品のライセンスを取得していないユーザーも含む) に対して一時的な「ユーザー」ロールが付与されます。これによって、ユーザーは Insight オブジェクトのフィールドとその値を表示できます。

  • Jira Software、JSM、JSW の各ユーザーに対して、一時的な「オブジェクト スキーマ ユーザー」ロールが適用されます。これによって、Insight オブジェクト カスタム フィールドのコンテンツをユーザーが既存の編集権限を持っている課題内で表示して編集できるようになります。

これらのロールは、ご利用のライセンスでの合計ユーザー数に計上されません。

Jira Service Management の Insight は、アセット、設定アイテム、サービス間の関係や依存関係を記録してマッピングする、非常に優秀なツールです。インシデントの原因や変更によって生じる可能性のある影響をより深く理解して、お客様の企業が所有して統制する内容に関する情報に迅速にアクセスするために最適です。

自社サイトに Insight を設定するには、いくつかのステップを特定の順序で実行します。これによって、基盤が構築されてアセットとサービスのアーキテクチャを構築する方法が明らかになります。

ステップ 1:

  • スキーマを作成します。スキーマは、オブジェクト タイプとオブジェクトのコレクションです。これには、組織全体の資産と構成項目、または特定の部分のみを含められます。複数のスキーマを持つことで、異なるチームが重要な資産を管理できます。Insight にあるオブジェクトの構造化に関する詳細をご確認ください

  • まず 1 つだけ作成して、オブジェクト タイプとオブジェクトを設定します。これによって、Jira Service Management のオブジェクト タイプとオブジェクトを作成して、課題ビューとポータルで検索して表示できるようになります。例: サーバー スキーマの作成方法についてご確認ください

ステップ 2:

ステップ 3:

ステップ 4:

これでカスタム フィールドがセットアップされました、次は Jira Service Management の Insight をフル活用するための基礎を理解する必要があります。

次に、インポート機能を使用して、既存のデータベースから複数のオブジェクト タイプとオブジェクトを作成できます。

 

その他のヘルプ