• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

古い課題ビューで課題の関係者を確認する

Jira Service Management 用の新しい課題ビューがロールアウトされ、1 つの一貫した画面で課題の表示と編集が可能になりました。見た目は少し異なり、いくつかの手順が若干変更されています。新しい課題ビューの詳細をご確認ください

古い課題ビューの右側のパネルには、課題に取り組んでいるサービス プロジェクト エージェント、顧客、および他の関係者が表示されます。

ここには、次のような人物が表示されます。

  • 担当者 – 課題の解決を担当している人物です。

  • 報告者 – 元のリクエストを登録した顧客です。

  • リクエスト参加者および組織 – 課題を表示したり、コメントを追加したりできる顧客および顧客グループです。課題の進捗や結果に関心を持っている顧客が対象となります。

  • 投票 – 課題に投票するユーザーは、通常、課題の解決を希望するユーザーです。

  • ウォッチャー – 課題に関する通知を受信する Jira サイトのチーム メンバーです。

  • 承認者 – 課題に承認者が指定されている場合、その人物が課題の承認または却下を担当します。

最終更新日 2021年10月 8日)
次でキャッシュ 6:58 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ