• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Insight Discovery ナレッジ ベース

Insight にインポートされた検出データへのアクセスを制限するにはどうすればよいですか?

データのインポート先のオブジェクト スキーマへのアクセスは、特定の Jira グループに制限できます。ただし、jira-system-administrators グループのメンバーは、いつでもオブジェクト スキーマ設定を変更できます。その一方で、jira-administrators グループのメンバーに対してスキーマを制限することもできます。

ご使用の製品で携帯電話を検出できますか?

いいえ。工場出荷時状態の Apple iOS または Android は SSH や SNMP のようなリモート アクセスをサポートしていません。リモート アクセスを取得するためにデバイスを脱獄させたり、ルート化したりすることはお勧めできません。

ノートパソコン (PC & Mac) からどのようなデータを収集できますか?

Discovery では、スキャン時にネットワークに接続されているノートパソコンが検出されます。認証情報を使用してマシンに入らなくても、IP アドレスと MAC アドレスが収集されます。ただし、ローカル管理者と同等の認証情報も提供すれば、ホスト名、ユーザー プロファイル、CPU、RAM、インストールされているソフトウェアなど、より多くの情報をマシンから取得できます (「Discovery によって収集されるデータ」を参照)。

既に何百ものサーバーとコンピューターを Insight にインポートしています。Insight Discovery の使用を開始し、(ほとんど) 同じホストを再び自動的にインポートするとどうなりますか?これらは何らかの方法でリンクされますか?

Insight Discovery の初期バージョン時点では、Insight 構成内の既存のオブジェクト タイプまたはオブジェクトは考慮されません。インポートの初回実行時に、インポート先のオブジェクト スキーマを選択することで、検出されたすべてのデータを含むオブジェクト タイプ構造がそこに自動的に構築されます。このトピックについては、後で詳しく取り上げます。

Insight Discovery ではどのバージョンの SNMP がサポートされていますか?

Insight Discovery は SNMP バージョン 1、2、3 をサポートしています。

Linux バージョンの Discovery ツールはありますか?

はい。リリース 2.2.0 以上の Discovery ツールは Mono がインストールされた Linux デスクトップ環境で動作します。該当するドキュメンテーション ページを参照してください。

結果のインポートが機能しないのはなぜですか?

Jira インスタンス (Tomcat サービス) を実行しているユーザーに、構成したインポート フォルダーとファイルに対する読み取りおよび書き込み権限があることを確認してください。

1 日にいくつのシステムをスキャンできますか?

これは、環境内のさまざまな要因によって異なります。いくつかの例については、推奨事項を参照してください。

スキャンはネットワークに影響しますか?

いいえ。スキャン対象のシステムあたりの平均ネットワーク負荷は約 400 KB です。

スキャンはリモート システムに影響しますか?

いいえ。リモート システムの平均 CPU 使用率は約 2% です。

既存のサーバー システムで Discovery ツールを使用できますか?

他のサービスを提供するシステムで Discovery ツールを使用することはお勧めしません。Discovery ツールでは、多くのオブジェクトを処理する必要があり、多くのシステム メモリが消費されます。

2.6.0 にアップデートした後、ESXi ホストが二重になりますが、どうすればいいですか?

ESXi 情報の収集を SSH または SNMP から提供された Web-API に変更すると、ESXi ホスト システムの新しいオブジェクト ハッシュが生成される可能性があります。

これは、"シリアル番号" 属性を収集できない場合がある問題に関連しています。お詫び申し上げます。この問題は VMware によって修正される見込みです。

このような状況に対応するには、次の 2 つの選択肢があります。

  1. 接続された Jira 課題に "古い" ESXi オブジェクトを使用しない場合は、"古い" ESXi オブジェクトを削除できます。

  1. "古い" ESXi オブジェクトを使用する場合は、"新しい" ESXi オブジェクトから "古い" ESXi オブジェクトにオブジェクト ハッシュ値をコピーします。

これで、"新しい" ESXi オブジェクトを削除でき、"古い" ESXi オブジェクトは将来アップデートされます。

Discovery アドオンを 2.9.3 にアップデートした後も、Discovery ツールはバージョン 2.9.1 のままです

いくつかの軽微な修正を加えるために、Discovery アドオンを 2.9.3 にアップグレードする必要がありました。ツールはこのアップデートに含まれていませんでした。ただし、アップデートされたアドオンでは正常に動作するはずです。ツールとアドオンの両方のバージョン番号が合致するように近日修正する予定です。

ライセンスを Discovery ツールに貼り付けると、購入した階層よりも低い階層が表示されます

バージョン 2.9.2 以上において、Discovery ツールをライセンスするために Jira の Discovery によって生成されたライセンス ("Vv..." で始まるライセンス) が購入した階層よりも低い階層を示している場合は、Universal Plugin Manager が古くなっている可能性があります。

これを解決するには、[Jira 管理] > [アドオン] > [Manage Addons (アドオンの管理)] > [Atlassian Universal Plugin Manager Plugin (アトラシアン Universal Plugin Manager プラグイン)] に移動し、UPM を利用可能な最新バージョンにアップデートし、Insight Discovery を無効にしてから再度有効にします。これにより、Discovery ツールを正しくライセンスするために使用される新しいライセンスが生成されます。

RSA キーが機能しないのはなぜですか?

OpenSSH 7.8 より大きいバージョンで生成された RSA キーは、使用されている SSH.Net ライブラリでは動作しません。

これは既知のバグであり、SSH.Net バグ 485 で追跡できます。

RSA キーの生成には "-m PEM" オプションを使用できます。

オプションの Windows エージェントから結果データをインポートすると、エラー メッセージが表示されます。

Discovery リリースに新しい Windows エージェントが含まれている場合は、リリース ノートで都度言及されます。

Discovery ツールが "古い" Windows エージェントから結果データを受信している場合は、結果の構造が非互換になる可能性があります。

その場合、Discovery ツールでは xml データを逆シリアル化できず、ログ ファイルに次のような例外が記録されます。

1 2 Error reading NetworkCommands. Object of type 'System.Boolean' cannot be converted to type 'System.String'.

数百にも及ぶデバイスをスキャンする必要があっても、それらのデバイスごとにスーパー管理者のアクセス認証情報 (ルートのユーザー名とパスワードなど) が必要ですか?これらすべてについて、クライアントのユーザーがデータ漏洩情報を提供しなくてもすむようにする別の方法はありますか?

はい。システムへの接続に使用する "Discovery" ユーザーを作成することをお勧めします。

LDAP または Active Directory と呼ばれる技術的ソリューションを確認して、Discovery ツールに数百もの "シングル" 認証情報を追加しないようにしてください。

カスタム パターンを構築するために使用できる SNMP Walk 結果データを作成するにはどうすればよいですか?

SNMP パターンの場合、Insight オブジェクトに割り当てるデータがどの OID に含まれているかを把握する必要があります。

OID 値は、Discovery 情報クラスの "既定" のオブジェクト プロパティに割り当てることも、Discovery 情報クラスの拡張情報に使用することもできます。

SNMP Walk に OID を含めるには、SNMP Walk コマンドにパラメーター "-O n" を追加する必要があります。

snmpwalk -v1 -O n -c public 192.168.178.60 .iso> walk_out.txt

Discovery サービス名が変更されました。"間違った" サービスを手動で削除するにはどうすればよいですか?

まず、"Discovery.exe -u" コマンドの使用を試みます。

サービスが Windows サービスのリストにまだ表示されている場合は、次の手順を実行します。

コマンド プロンプトを開き、正確なサービス名で次のコマンドを実行します。

システムを再起動すると、サービスがアンインストールされます。

1 sc delete [service name]

 

 

最終更新日 2021年10月11日)
次でキャッシュ 11:10 PM on Nov 26, 2021 |

その他のヘルプ