• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Insight Discovery パターンとは

Insight Discovery はパターンを使用して、ローカル ネットワーク上で検出したさまざまなデバイスや構成アイテムを識別します。Insight Discovery が特定のパターンに一致するデバイスや構成アイテムを検出すると、そのアセットを表すオブジェクトを Jira Service Management の Insight に作成します。

パターンは XML ファイルで、デバイスや構成アイテムがスキャナに表示される方法に関する詳細情報を含みます。

パターン構造

パターンには次のノードが含まれます。

ノード

必須?

説明

<Version>

n

パターンのバージョン文字列

<PatternID>

これからは

パターンごとの一意の文字列

<AlternativePattern>

これからは

そのパターンの代わりに使用されるパターン (例: PowerShell で使われる)。

<ProcessType>

これからは

Discovery-Tool が情報を収集するために続行する実行のタイプを記述します。

利用可能なすべてのプロセス タイプを 1.1 の下に示しています。

<PatternType>

これからは

パターンに該当する Discovery-Object のタイプを記述します。

利用可能なすべてのパターン タイプを 1.2 の下に示しています。

<OrderNr>

これからは

1 つの Discovery-Object は複数のパターンを持てますが、

パターンが実行される順序の設定には順序番号が使用されます

(たとえば、Linux ネットワーク インターフェース用のパターン フォルダーの 3 パターンで確認できます)。

<Command>

n

リモート システムで実行されるコマンドが含まれます。

このコマンドはプロセス タイプによって異なります。例を 1.1 に示しています。

<Processing>

これからは

Discovery-Objects に渡す結果データを処理する C# SourceCode が含まれます。

詳細については「カスタム パターンを作成する」をご確認ください。

<IgnoreCommandCache>

n

true に設定すると、CommandProvider はキャッシュを監視しません。

初期設定では、コマンドの結果はキャッシュに格納されて、同じコマンドの結果がキャッシュから読み込まれます。

キャッシュは、スキャン セッションに対してのみ永続的です。

<RegValue>

n

WMIRegValue で使用されるコマンドと組み合わせて読み取られるレジストリ変数。

<ApplicationName>

n

拡張情報を収集するために使用されるアプリの名前。

<ContextName>

n

オプションの SNMP Walk コンテキスト名。

<WMINamespace>

n

初期コマンドの代替 WMI 名前空間を定義します。

パターン プロセス タイプ

パターンの実行時に実行できるプロセスには、いくつかの種類があります。

タイプ

コマンド例

コマンド結果のタイプ

説明

SSHExecute

ifconfig -a

文字列

接続されているリモート UNIX システムで SSH コマンドを実行する

WMIQuery

SELECT * FROM Win32_OperatingSystem

ManagementObjectCollection

接続されているリモート Windows システムで WMI クエリを実行する

WMIExecute

netstat -an

文字列

接続されているリモート Windows システムでコマンドを実行する

WMIRegValue

<![CDATA[
SOFTWARE\MySoftware\
]]>

オブジェクト

結果オブジェクトは任意のタイプのレジストリ値

WMIRegValue によって、コマンドはレジストリ パスを含んで <RegValue> Node of the Pattern に記述されている値を読み取る。

「Root」は既定で「HKEY_LOCAL_MACHINE\」に設定されるため、コマンドには含めないこと。

結果はレジストリ変数のすべてのバリエーションを含むオブジェクトである。

WMIRegValueList

<![CDATA[
SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\
]]>

一覧

<string>

WMIRegValueList によって、コマンドはレジストリ パスを含み、レジストリ パスの「subKeys」を返す。

「Root」は既定で「HKEY_LOCAL_MACHINE\」に設定されるため、コマンドには含めないこと。

PowerShellExecute

Get-WmiObject win32_computersystem

文字列

接続されているリモート Windows システムで PowerShell コマンドを実行する

SNMP_GET

1.3.6.1.4.1.2021.4.5.0;1.3.6.1.4.1.2021.4.6.0

List<ExtendedInformation>

ExtendedInformation は、次の 2 つの属性を持つオブジェクト:




指定された MIB に対して SNMP GET コマンドを実行する。

ExtendedInformation のリスト、名前 (MIB) を含む ExtendedInformation、および MIB の値を返す。

SNMP_WALK

1.3.6.1.2.1.2.2.1.2;1.3.6.1.2.1.4.20.1.2

List<ExtendedInformation>

ExtendedInformation は、次の 2 つの属性を持つオブジェクト:

指定された MIB に対して SNMP WALK コマンドを実行する。

ExtendedInformation のリスト、名前 (MIB) を含む ExtendedInformation、および MIB の値のリストを返す。

コマンドの結果タイプ

Discovery v.3 以降では、すべてのパターン プロセス タイプにコマンド結果が実装されています。

プロセス タイプ

コマンド結果のタイプ

WMIQuery

WMIQueryResult

WMIRegValue

WMIRegValueResult

WMIRegValueList

WMIRegValueListResult

WMIExecute

WMIExecuteResult

PowerShellExecute

PowerShellExecuteResult

SSHExecute

SSHExecuteResult

SNMP_GET

SNMPExecuteResult

SNMP_WALK

SNMPExecuteResult

VIMObject

VIMCommandResult

パターン タイプ

パターン タイプは、処理の結果として返される Discovery-Object のタイプを定義します。

Discovery-Object の結果はマージされます。たとえば、Discovery/pattern フォルダーには、複数の HostInfo パターンが表示され、それらはすべてホストの部分的な結果を収集するので、Discovery-Tool が属性をマージします。

タイプ

パターン例

説明

タイプ

パターン例

説明

ホスト

Linux_Hostinfo_Hostname.pat

Windows_Hostinfo_Hostname_Model.pat

ホストについて収集されたデータの処理。

HostInfo-Object を処理するパターン関数 (PerformAction)。

デバイス

SNMP_Deviceinfo_Default.pat

ホストまたはデバイスについて収集されたデータの処理。

DeviceInfo-Object を処理するパターン関数 (PerformAction)。

ネットワーク

Linux_NetworkInterfaces.pat

Windows_NetworkInterfaces.pat

NetworkInterfaces について収集されたデータの処理。

親システムの NetworkInterface-Object を処理するパターン関数 (PerformAction)。

CPU

Linux_CPUs.pat

Windows_CPUs.pat

CPU について収集されたデータの処理。

親システムの CPUInfo-Object を処理するパターン関数 (PerformAction)。

OS

Linux_OS.pat

Windows_OS.pat

OS について収集されたデータの処理。

親システムの OSInfo-Object を処理するパターン関数 (PerformAction)。

ファイルシステム

Linux_FileSystem.pat

Windows_FileSystem.pat

FileSystems について収集されたデータの処理。

親システムの FileSystemInfo-Object を処理するパターン関数 (PerformAction)。

アプリケーション

Linux_Application_RPM.pat

Windows_Application_Product.pat

アプリについて収集されたデータの処理。

親システムの ApplicationInfo-Object のリストを返すパターン関数 (PerformAction)。

パッチ

Windows_Patches.pat

パッチについて収集されたデータの処理。

親システムの PatchInfo-Object を処理するパターン関数 (PerformAction)。

ApplicationService

Windows_ApplicationServices.pat

ApplicationService について収集されたデータの処理。

親システムの ApplicationServiceInfo-Object を処理するパターン関数 (PerformAction)。

OSProductKey

Windows_ProductKey.pat

ライセンスについて収集されたデータの処理。

オペレーティング システムのライセンスを処理するパターン関数 (PerformAction)

ApplicationProductKey

例: アプリ プロダクト キー

ライセンスについて収集されたデータの処理。

親システムのアプリのライセンスを処理するパターン関数 (PerformAction)。

ユーザー

Linux_User.pat
Windows_User.pat

ユーザーについて収集されたデータの処理。

親システムのユーザーを処理するパターン関数 (PerformAction)。

グループ

Linux_Group.pat
Windows_Group.pat

グループについて収集されたデータの処理。

親システムのグループを処理するパターン関数 (PerformAction)。

ConnectedPeripherie

Windows_Peripherie_USB_Storage.pat

拡張情報について収集されたデータの処理。

親システムの ExtendedInformation-Object を処理するパターン関数 (PerformAction)。

SNMPExtendedValues

SNMP_Deviceinfo_ExtExampleRAM.pat

例: SNMP 拡張値

拡張情報について収集されたデータの処理。

親システムの ExtendedInformation-Object を処理するパターン関数 (PerformAction)。

ConnectedPeripherie

Windows_Peripherie_USB_Storage.pat

親システムの接続されたデバイスについて収集されたデータの処理。

HostinfoList

Windows_VBox_VMs.pat

Linux_VBox_VMs.pat

仮想ゲストのリストについて収集されたデータの処理。

親システムの Host-Object (仮想ゲスト マシンなど) を処理するパターン関数 (PerformAction)。

PostProcessing




事後処理パターンはすべてのパターン タイプの後に実行されて、ホスト/デバイス情報の追加または変更に使用できる。

HostInfo-Object または DeviceInfo-Object を返すパターン関数 (PerformAction)。

最終更新日 2021年10月10日)
次でキャッシュ 2:13 AM on Nov 27, 2021 |

その他のヘルプ