• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

JSON ファイルを Insight にインポートする

Jira Service ManagementInsight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細をご参照ください

 このインポート タイプは、JSON ファイルを使用して Insight にオブジェクトをインポートします。

JSON モジュール フィールド

このインポート タイプに設定する必要があるモジュール固有のフィールドを次に示します。

設定

説明

ファイル

アップロードするファイルを選択します。このファイルは、新しいデータをインポートする必要がある場合に置き換えられます。

エンコード

ファイルで使用されているエンコーディング。

オブジェクト タイプ マッピングの設定

名前

説明

セレクター

JSON インポートのセレクター。 

[Attribute.*[Attribute]] を使用します

例:

  • 「items」

  • "items.item"

  • "json.data.systems"

JSON 配列のみがセレクターとして有効です。

Data locator

名前

説明

attribute1[*].attribite2[*]..

指定されるデータ ロケーターは、JSON と設定されているセレクターによって異なります。


定義済みの構造と設定

定義済みの構造と設定は、設定に存在する JSON ファイルに基づいて作成されます。必要な構造と設定を作成するには、JSON ファイルの構造を変更する必要がある場合があります。

 

最終更新日 2021年03月 9日)
次でキャッシュ 9:12 PM on Oct 25, 2021 |

その他のヘルプ