• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

JSON ファイルを Insight にインポートする

Jira Service Management の Insight は、Premium と Enterprise のみの機能です。これは、企業管理対象プロジェクトとのみ互換性があります。Insight の詳細についてご確認ください

 このインポート タイプは、JSON ファイルによって Insight にオブジェクトをインポートします。

JSON モジュール フィールド

このインポート タイプに設定する必要があるモジュール固有のフィールドを次に示します。

設定

説明

ファイル

アップロードするファイルを選択します。このファイルは、新しいデータをインポートする必要がある場合に置き換えられます。

エンコード

ファイルで使用されているエンコーディング。

オブジェクト タイプ マッピングの設定

名前

説明

セレクター

JSON インポートのセレクター。 

[Attribute.*[Attribute]] を使用します

例:

  • 「items」

  • "items.item"

  • "json.data.systems"

JSON 配列のみがセレクターとして有効です。

Data locator

名前

説明

attribute1[*].attribite2[*]..

指定されるデータ ロケーターは、JSON と設定されているセレクターによって異なります。


Automatically creating object types and attributes from JSON

If you selected Automatically create object types and attributes when creating your import structure, object types and attributes will be created based on the JSON file. Alternately, if you have decided to manually map your data, you may need to modify the structure of the JSON file to create the desired output.

 

その他のヘルプ