• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Insight Discovery サービスを構成する

Windows ベースのシステムでは、Insight Discovery をオプションの定期実行サービスとしてスケジュールすることで、定期的にネットワークをスキャンしたり、ネットワークで同時に実行されている可能性がある Insight Discovery エージェントと情報を交換したりできます。

Insight Discovery サービスを構成する

  1. Insight Discovery ディレクトリに移動し、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「discovery.exe -s」と入力します。

  2. パスワードを入力します。Insight Discovery を初めて使用する場合は、新しいパスワードの入力と確認を求められます。このパスワードは、大文字、小文字、数字、非英数字 (記号) をそれぞれ 1 つ以上含む 8 文字以上の文字列でなければなりません。

  3. [サービス] タブを選択します。

  4. [Service Restart Interval (サービスの再起動間隔)] を選択して、Insight Discovery サービスが再起動するまでの間隔を選択します。デフォルトは 24 時間です。

  5. ネットワーク上で 1 つ以上の Insight Discovery エージェントを実行している場合は [Optional Agent Settings (オプションのエージェントの設定)] を使用して Insight Discovery サービスと情報を共有する方法を構成します。Insight Discovery エージェントの詳細については、このページをご確認ください。

    1. エージェントのスキャン間隔 - Insight Discovery サービスが Insight Discovery エージェントを使用して新しいデータを確認するまでの間隔 (分単位)。この間隔に達すると、このサービスはそれ自体を再起動して、サービス プロセスの実行中には解放できない割り当て済みメモリを解放します。これは実行中のスキャンには影響しません。再起動は、構成されたスキャン設定の間に空き時間がある場合にのみ実行されます。0 に設定すると、この機能は無効になります。

    2. エージェントの IP 範囲 - 利用可能な Discovery エージェントをチェックする IP 範囲を定義できます。共通設定の IP 範囲と同様に、複数の範囲を定義できます。

    3. エージェントの TCP ポート - 設定した IP 範囲で利用可能なエージェントの TCP ポート。

    4. エージェントのタイムアウト - リモート エージェントへの接続ごとの既定のタイムアウト。既定の期間は 3 秒です。

    5. スキャンするエージェントをトリガーする - 設定した範囲で利用可能なすべてのエージェントをただちにトリガーしてローカル スキャンを開始する場合に選択します。

    6. エージェントのファイル転送リスト - 設定した範囲で利用可能なすべてのエージェントと同期するファイルを設定するために選択します。たとえば、パターン ファイルを discovery/pattern/myCustomPattern.pat から agent/pattern/myCustomPattern.pat に転送できます。これは「ソース」ファイルに変更を加えた場合も機能します。エージェント構成 (agent.cfg) を同期するため、agent.cfg ファイルをメインの Discovery フォルダーにコピーして同期の対象としても選択できます。

Insight Discovery サービスを有効にする

セットアップ ユーティリティを使用して Insight Discovery サービスを有効にするには、次の手順に従います。

  1. Insight Discovery ディレクトリに移動し、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「discovery.exe -s」と入力します。

  2. パスワードを入力します。Insight Discovery を初めて使用する場合は、新しいパスワードの入力と確認を求められます。このパスワードは、大文字、小文字、数字、非英数字 (記号) をそれぞれ 1 つ以上含む 8 文字以上の文字列でなければなりません。

  3. [サービス] タブを選択します。

  4. [Install Service (サービスをインストール)] を選択します。

コマンドラインを使用しても Insight Discovery サービスを有効にできます。

  1. Windows または Linux システムの管理者として、コマンドライン インタープリター ウィンドウを開きます。

  2. Insight Discovery ディレクトリに移動して、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「discovery.exe -i」と入力します。

Insight Discovery サービスを無効にする

セットアップ ユーティリティを使用して Insight Discovery サービスを無効にするには、次の手順に従います。

  1. Insight Discovery ディレクトリに移動し、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「discovery.exe -s」と入力します。

  2. パスワードを入力します。Insight Discovery を初めて使用する場合は、新しいパスワードの入力と確認を求められます。このパスワードは、大文字、小文字、数字、非英数字 (記号) をそれぞれ 1 つ以上含む 8 文字以上の文字列でなければなりません。

  3. [サービス] タブを選択します。

  4. [Uninstall Service (サービスをアンインストール)] を選択します。

コマンドラインを使用しても、サービスとしての Insight Discovery コレクターを無効にできます。

  1. Windows または Linux システムの管理者として、コマンドライン インタープリター ウィンドウを開きます。

  2. Insight Discovery ディレクトリに移動して、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「discovery.exe -u」と入力します。

最終更新日 2021年10月10日)
次でキャッシュ 2:13 AM on Nov 27, 2021 |

その他のヘルプ