• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Insight Discovery コレクターを構成する

Insight Discovery コレクターを使用するには、まず Insight Discovery ソフトウェア パッケージをダウンロードしてコンテンツを抽出し、コレクターを構成してローカル実行可能ファイルを実行する必要があります。

これらのツールを使用するには、ご利用の Windows または Linux システムで Jira 管理者権限と管理者権限が必要です。

Insight Discovery コレクターをダウンロードして解凍する

Insight Discovery コレクターは Discovery ソフトウェア パッケージの一部です。

  1. Discovery ツールの最新バージョンをここからダウンロードしてください (Discovery_3.0.3.1.zip)。

  2. ツールを格納するディレクトリを作成します。Insight Discovery ツールはこのディレクトリ内のデータの読み取りと書き込みの両方に対応している必要があることに注意してください。 

    1. Windows ユーザーの場合は、C:\Program Files に新しいディレクトリを作成することをお勧めします。

    2. Unix ユーザーの場合は、/opt/ に新しいディレクトリを作成することをお勧めします。

  3. Insight Discovery パッケージ内のすべてのファイルをこのディレクトリに解凍します。

Insight Discovery コレクターを構成する

  1. Windows または Linux システムの管理者として、コマンドライン インタープリター ウィンドウを開きます。

  2. Insight Discovery ディレクトリに移動して、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「collector.exe -s」と入力します。

  3. パスワードを入力します。Insight Discovery を初めて使用する場合は、新しいパスワードの入力と確認を求められます。このパスワードは、大文字、小文字、数字、非英数字 (記号) をそれぞれ 1 つ以上含む 8 文字以上の文字列でなければなりません。

  4. [共通] タブを選択します。

  5. [共通] タブで設定を構成します。

    1. Instance Prefix - Insight にインポートされたコレクターのそれぞれのインスタンスを識別できる、ユーザー定義の文字列を選択します。

    2. インポート フォルダー - Insight Discovery のデータを保存するフォルダーを選択します。

    3. Import ZIP Password (インポート ZIP のパスワード) - データが暗号化された ZIP ファイルに保存されている場合 (推奨)、コレクターでデータを追加する際にパスワードが要求されます。

    4. Export Interval (エクスポートの間隔) - コレクターがインポート フォルダーにデータを転送する間隔を選択します (分単位)。

    5. エクスポート タイプ - データを別のシステムに転送する際のエクスポートの種類を選択します。次の選択肢があります。

      1. なし - データは転送されず /scan フォルダーに保存されます。

      2. File Copy (ファイル コピー) - データを他のローカル フォルダーまたはリモート UNC パスに転送します。次の情報を提供する必要があります。

        1. ファイル/エクスポート パス - エクスポートされたデータの保存先のパス。リモート フォルダーを使用している場合は、完全な UNC パスを使用する必要があります。マッピングされたネットワーク ドライブ パスは動作しません。

      3. SFTP - SSH ファイル転送プロトコルに従ってデータを転送します。ログインとパスワードを入力する必要があります。

        1. ファイル/エクスポート パス - エクスポートされたデータの保存先のパス。初期設定ではポート 22 が使用されます。コロン「:」を修飾子として追加することで、別のポートを使用できます。

        2. ログイン - ユーザーは、宛先サーバーのフォルダーへの書き込み権限が必要です。

        3. パスワード - 認証に使用されるユーザーのパスワード。

      4. SFTP RSA - RSA 非公開キー認証を使用する SSH ファイル転送プロトコルに従って、データを転送します。

        1. ファイル/エクスポート パス - エクスポートされたデータの保存先のパス。初期設定ではポート 22 が使用されます。コロン「:」を修飾子として追加することで、別のポートを使用できます。

        2. ログイン - ユーザーは、宛先サーバーのフォルダーへの書き込み権限が必要です。

        3. パスフレーズ - RSA 非公開キーのパスフレーズ。

        4. RSA ファイル - 認証に使用されるユーザーの RSA 非公開キー ファイルへのローカル パス。

      5. ログイン、パスワード、RSA 非公開キーへのローカル パスを指定する必要があります。

    6. Export ZIP Password (エクスポート ZIP のパスワード) - 必要に応じて、ZIP ファイル (AES-256) のパスワードを設定できます。データが転送される場合は、常に暗号化を使用することをお勧めします。

    7. ログ レベル - ログ ファイルに記録する情報のレベルを選択します。

      1. 標準 - ログ ファイルには基本情報のみが含まれます。

      2. デバッグ - ログ ファイルには、コレクター ツールの使用時に発生した問題をデバッグするために役立つ詳細情報が含まれます。

    8. Delete logs after (days) (ログを削除するまでの時間 (日数)) - ログ ファイル (とフォルダー) は、設定した時間が経過すると削除されます。既定値は 7 日です。

    9. パスワードを変更 - ここでは、設定のパスワードを変更できます。

Insight Discovery サービスを有効にする

Insight Discovery コレクターをサービスとして実行する場合は、セットアップ ユーティリティで有効にできます。

  1. Insight Discovery ディレクトリに移動して、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「collector.exe -s」と入力します。

  2. パスワードを入力します。Insight Discovery を初めて使用する場合は、新しいパスワードの入力と確認を求められます。このパスワードは、大文字、小文字、数字、非英数字 (記号) をそれぞれ 1 つ以上含む 8 文字以上の文字列でなければなりません。

  3. [共通] タブを選択します。

  4. [Install Service (サービスをインストール)] を選択します。

コマンドラインを使用しても、サービスとしての Insight Discovery コレクターを有効にできます。

  1. Windows または Linux システムの管理者として、コマンドライン インタープリター ウィンドウを開きます。

  2. Insight Discovery ディレクトリに移動して、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「collector.exe -i」と入力します。

Insight Discovery サービスを無効にする

セットアップ ユーティリティを使用して Insight Discovery コレクター サービスを無効にするには、次の手順に従います。

  1. Insight Discovery ディレクトリに移動し、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「discovery.exe -s」と入力します。

  2. パスワードを入力します。Insight Discovery を初めて使用する場合は、新しいパスワードの入力と確認を求められます。このパスワードは、大文字、小文字、数字、非英数字 (記号) をそれぞれ 1 つ以上含む 8 文字以上の文字列でなければなりません。

  3. [共通] タブを選択します。

  4. [Uninstall Service (サービスをアンインストール)] を選択します。

コマンドラインを使用しても、サービスとしての Insight Discovery コレクターを無効にできます。

  1. Windows または Linux システムの管理者として、コマンドライン インタープリター ウィンドウを開きます。

  2. Insight Discovery ディレクトリに移動して、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「collector.exe -u」と入力します。

最終更新日 2021年10月11日)
次でキャッシュ 2:13 AM on Nov 27, 2021 |

その他のヘルプ