• 製品
  • 使用を開始する
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Insight Discovery で共通設定を構成する

ローカル システムをスキャンするには、事前に Insight Discovery で設定を構成する必要があります。Insight Discovery の [共通] タブでは、ツールの一般的な設定を扱います。

  1. Insight Discovery ディレクトリに移動し、ターミナルまたはコマンドライン インタープリターで「discovery.exe -s」と入力します。

  2. パスワードを入力します。Insight Discovery を初めて使用する場合は、新しいパスワードの入力と確認を求められます。このパスワードは、大文字、小文字、数字、非英数字 (記号) をそれぞれ 1 つ以上含む 8 文字以上の文字列でなければなりません。

  3. [共通] タブを選択します。

  4. [共通] タブで設定を構成します。

    1. Number of threads (スレッド数) - 並行実行スキャン スレッドの数を設定します (既定値は 4)。推奨される最大値は、コアあたり 2 スレッドです (たとえば、8 コア CPU を使用している場合、16 スレッドで最高のパフォーマンスが得られます)。

    2. Maximum Scan Thread Time (m) (最大スキャン スレッド時間 (m)) - 構成した分数が経過すると、スキャン スレッドがキャンセルされます。

    3. エクスポート タイプ - スキャン結果の処理方法を選択します。

      1. なし - スキャン結果は移動されず、"Import" フォルダーに表示されます。

      2. FileCopy - スキャン結果は [エクスポート パス] フィールドで指定したディレクトリにコピーされます。

      3. SFTP - スキャン結果は選択したファイル パスにコピーされます。

      4. SFTP-RSA - スキャン結果は選択したファイル パスにコピーされます。ログインと認証情報を入力して、RSA で保護された結果をコピーします。

      5. クラウド - スキャン結果はクラウドにコピーされます。アクセス トークンを入力します。

    4. エクスポート パス - [エクスポート タイプ] で [FileCopy] オプションを選択した場合は、スキャン結果の保存先を入力します。[Test Export Path (エクスポート パスのテスト)] を選択して、保存先の有効性をテストできます。

    5. ログ レベル - ログ ファイルに記録する情報のレベルを選択します。

      1. 標準 - ログ ファイルには、ICMP 結果や Discovery 統計などの基本情報のみが含まれます。

      2. デバッグ - ログ ファイルには、Discovery ツールの使用時に発生した問題をデバッグするのに役立つ詳細情報が含まれます。

    6. Split Log per Thread (スレッドごとにログを分割) - このオプションを有効にすると、Insight Discovery によって複数のログ ファイルが作成され、スキャンごとにサブフォルダーが作成されます。論理スレッドごとにログ ファイルが作成されます。ファイル名の末尾に論理スレッドの内部番号が付加されます。メイン スレッドのファイル名の末尾は常に 0000 になり、このファイルには、開始されたスレッドに関する情報が記録されます。また、特定のスキャン ファイルを検索するときに、このファイルをインデックスとして使用できます。

    7. Delete Logs after (days) (ログを削除するまでの時間 (日数)) - ログ ファイルとフォルダーは、構成した時間が経過すると削除されます。(既定値 = 7 日)

    8. Delete Unknown Hosts (不明なホストを削除)* - このオプションを有効にすると、Discovery ツールによって "不明なホスト" が結果からすべて削除されます。"不明なホスト" とは、ICMP リクエストに応答するものの、完全な詳細を取得するための認証情報が欠落しており、さらに基本情報も取得できないホストのことです ("基本ホスト" の説明を参照)。

    9. ICMP Timeout (ms) (ICMP タイムアウト (ミリ秒)) - ICMP (Ping) リクエストのタイムアウトをミリ秒単位で構成します。(既定値 = 300 ミリ秒)

    10. ICMP Repeats (ICMP 繰り返し) - ICMP リクエストの再試行回数 (リクエストが失敗した場合) を構成します。(既定値 = 0)

    11. Delete Basic Hosts (基本ホストを削除)* - このオプションを設定すると、Discovery ツールによって "基本ホスト" が結果からすべて削除されます。"基本ホスト" とは、ICMP リクエストに応答するものの、完全な詳細を取得するための認証情報が欠落しているホストのことです。Discovery ツールは、DNS リバース ルックアップによるホスト名の取得、および arp キャッシュによる MAC アドレスの取得 (オプション) にのみ対応しています。

    12. SNMP Timeout (ms) (SNMP タイムアウト (ミリ秒)) - SNMP 接続のタイムアウトをミリ秒単位で構成します。(既定値 = 500 ミリ秒)

    13. Delete VM Guests (VM ゲストを削除) - このオプションを有効にすると、Discovery ツールによって何らかのパターンで見つかった "仮想ゲスト" が結果からすべて削除されます。これにより、WMI または SSH 認証情報を使用して VM ゲストを完全に検出する場合に、"二重" ホストが作成されるのを防止できます。

    14. SSH Timeout (s) (SSH タイムアウト (秒)) - SSH 接続のタイムアウトを秒単位で構成します。(既定値 = 40 秒)

    15. Delete Duplicate Device (重複デバイスを削除) - このオプションを設定すると、Discovery ツールによってデバイス (SNMP) が削除されます。ただし、"重複" ホスト オブジェクトは維持されます。このオプションを設定せず、ホストが SNMP インターフェイスを介して応答する場合、結果データにはホストとそのシステムのデバイス オブジェクトが含まれます。

    16. WMI Timeout (s) (WMI タイムアウト (秒)) - WMI 接続のタイムアウトを秒単位で構成します。(既定値 = 25 秒)

    17. Use PowerShell (PowerShell を使用) - このオプションを有効にすると、Insight Discovery によってスキャン対象のリモート サーバーとの PowerShell 接続の確立が試みられます。この接続が成功すると、WMI パターンの代わりに代替の PowerShell パターンが使用されます。また、カスタム PowerShell パターンを使用することも可能です。次の場合は、PowerShell を有効にしてください。

      • Discovery ツールをドメイン環境で使用する場合
        (ドメインでは PowerShell のみが動作します)

      • DNS サーバーに到達可能な場合
        (PowerShell はリモート マシンの完全修飾ドメイン名を必要とするため、各 IP アドレスに対して Discovery ツールによって DNS リバース ルックアップが実行されます)

      前述のポイントが利用できない場合、Discovery ツールのパフォーマンスは劇的に低下します。

    18. vSphere Timeout (s) (vSphere タイムアウト (秒)) - vSphere 接続のタイムアウトを秒単位で構成します。(既定値 = 25 秒)

    19. Auto add sudo (sudo を自動追加) - このオプションを選択すると、すべての SSH コマンドに "sudo" が追加されます。

    20. Try VM Guest scan (VM ゲストのスキャンを試行) - このオプションを有効にすると、見つかった VM ゲストが利用可能なネットワーク インターフェイスの情報とそのシステム/ip に対する有効な認証情報を持つ場合に、Discovery ツールがその VM ゲストに対して "フル" スキャンを試みます。

    21. パスワードを変更 - ここでは、設定のパスワードを変更できます。

*Windows 環境で Insight Discovery を使用する場合にのみ利用できます。

 

最終更新日 2021年10月12日)
次でキャッシュ 2:12 AM on Nov 27, 2021 |

その他のヘルプ