プロジェクト ロードマップの表示内容

このページでは、Jira Software のロードマップ ビューについて説明します。Jira Software の Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールである Advanced Roadmaps ではありません。

特に明記されない限り、Jira Software のロードマップ ビューは、企業管理対象チーム管理対象の両プロジェクトで同じです。

ロードマップ ビューは、長期プロジェクトの作成と計画に役立ちます。課題のデータがガント チャートで視覚化されるため、1 つのプロジェクト内でチームの作業を管理できます。

ロードマップに表示できるのは 1 つのプロジェクトの課題のみです。

プロジェクト横断計画は、Jira Software Premium および Enterprise に含まれる Advanced Roadmaps でのみ可能です。Advanced Roadmaps によって複数のチーム全体で計画をサポートする方法の詳細についてご確認ください。

Jira Software Cloud のロードマップに関する概要

ロードマップの左側の列には、プランの課題が表示されます。エピックなどの親課題の下には子課題がネストされます。プラン上部のフィルターによって、課題を特定の条件に基づいて表示または非表示にできます。フィルターの詳細についてご確認ください。

Jira Software の初期設定の親課題タイプはエピックです。このドキュメントでもエピックを使用しています。ただし、これは管理者による親課題タイプの設定に基づく動的な値です。たとえば、プロジェクトで親課題タイプとしてフィーチャーを使用している場合は、[Create Feature (フィーチャーを作成)] が表示されます。

ロードマップの各課題には次の項目が表示されます。

  • 課題タイプのアイコン

  • 課題キー

  • 課題の概要

  • 進捗バー (親課題のみ): 進捗バーの詳細についてご確認ください。

  • ステータス (子課題のみ)

  • 担当者 (該当する場合)

プランのタイムライン セクションには、スケジュールされた課題の期間を表すバーがあります。親課題は、手動で設定した日付またはその子課題から推測される日付によってスケジュールされます。ロードマップ上にある親課題のスケジュールに関する詳細についてご確認ください。

スクラム プロジェクトの子課題は、割り当てられているスプリントの日付によってスケジュールされます。スクラム チームの子課題のスケジュールに関する詳細についてご確認ください。カンバン チームは子課題をタイムラインでスケジュールできませんが、今後この機能が導入される予定です。

初期設定では、タイムラインの上部に日付が表示されます。右下隅のトグルによって、、または四半期を切り替えます。プラン上部の日付と併せて、ロードマップにはプロジェクトに関連するスプリント (スクラム チームのみ) とリリースも表示されます。ロードマップのリリースに関する詳細についてご確認ください。

ロードマップを全画面表示にするには、画面右下隅の全画面 アイコンを使用します。

上の例では、タイムライン バーを結ぶ線が表示されています。Jira の他の部分では課題リンクとも呼ばれるこれらの依存関係によって、課題を完了させる順序を表示できます。2 つの課題間に依存関係がある場合は、次の課題を開始する前に 1 つの課題を終了する必要があります。ロードマップの依存関係に関する詳細についてご確認ください。

最後に、ロードマップ上の課題を選択してサイド パネルを開けば、ロードマップから離れることなく課題に変更を加えられます。

その他のヘルプ