Jira Software におけるプロジェクト ロードマップの制限

このページでは、Jira Software のロードマップ ビューについて説明します。Jira Software の Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールである Advanced Roadmaps ではありません。

特に明記されない限り、Jira Software のロードマップ ビューは、企業管理対象チーム管理対象の両プロジェクトで同じです。

子課題はスクラム ボードにのみ表示

現在、子課題のタイムライン バーは、スクラム チームと連携している際にのみ表示して編集できます。

カンバン チームを計画している場合、ロードマップにはタイムライン バーのない子課題が表示されます。現在、カンバン チームの子課題をスケジュールする機能は早期アクセスにあります。機能リクエスト チケットに従って、ベータ版に追加される時期を含めてアップデート通知が送信されます。機能リクエスト チケットをご覧ください

ロードマップには、親と標準の各課題タイプのみが表示されます。

Jira Software のロードマップ ビューには、親と標準の各タイプの課題のみが表示されます。Jira Software の初期設定の親課題タイプはエピック、初期設定の標準タイプはストーリータスクです。Jira Software の課題タイプに関する詳細についてご確認ください

Jira Software Premium ユーザーが作成したサブタスク (標準よりも下位) や親よりも上位に位置するカスタム階層レベルは、プロジェクト ロードマップ ビューには表示されません。それらをロードマップに表示して複数のプロジェクト全体で計画を立てるには、Jira Software Premium と Enterprise の各サブスクリプションの一部として含まれている Advanced Roadmaps を使用する必要があります。Advanced Roadmaps における上位の階層レベルに関する詳細についてご確認ください

すべての課題が 1 つのプロジェクトに属している必要があります。

通常、企業管理対象プロジェクトを実行しているチームは、カスタム JQL クエリによってボードを作成して複数のプロジェクトの課題を監視します。ただし、Jira Software のロードマップ ビューは、1 つのプロジェクトに関連付けられたバックログの課題でのみ機能します。複数のボードから課題を取り込むカスタム JQL フィルターを使用している場合は、1 つのプロジェクトの課題のみを含めるように調整してください。JQL フィルターの調整方法をご確認ください

プロジェクト横断計画は、Jira Software Premium および Enterprise に含まれる Advanced Roadmaps でのみ可能です。Advanced Roadmaps によって複数のチーム全体で計画をサポートする方法の詳細についてご確認ください。

エピック課題タイプが存在して、JQL 経由でプロジェクトに含まれている必要があります。

Jira Software には、課題タイプのエピックを含む初期設定の課題階層構造が用意されています。管理者はカスタム階層レベルを作成して、組織がそのレベルでタスクに使用している名前を自由に付けられます。

ただし、このエピックレベルのタスクがロードマップの課題ソースに表示されない場合は、その原因が課題タイプを誤って削除したか、JQL フィルターで除外されているかのいずれかにもかかわらず、上記と同じ警告が表示されます。

ロードマップは 5,000 件を超える課題を表示できません。

プロジェクト ロードマップでは、合計 5,000 件を超える課題は表示できません。また、親課題の数は 500 件に制限されています。プロジェクトがこれらの制限を超えると、ロードマップは読み込まれません。

ボードの JQL を変更して、ロードマップに表示される課題数を減らします。

その他のヘルプ