スプリントの再オープン

Jira Software では、以前にクローズしたスプリントを再オープンできます。これは次のような場合に便利です。

  • 誤って、間違ったスプリントを完了してしまった場合

  • 正しいスプリントを完了したが、早すぎた場合

誤ってクローズされたスプリントや、クローズが早すぎたスプリントはチームのベロシティに影響を及ぼします。というのも、これらのスプリントのデータはまだボードに含まれているからです。このため、そのベロシティ チャートは不正確なデータを反映することになり、スプリントの再オープンも検討に値します。

はじめる前に

  • スプリントはスクラム ボードにのみ適用されます。

  • スプリントを再オープンするには、Jira 管理者か、スプリントの管理権限を持つユーザーである必要があります。

スプリントを再オープンする場合の一般的なポイント

一般的に、スプリントを再オープンしようとする場合には次のポイントを念頭に置いておくとよいでしょう。

  • ボードで並行スプリント機能を有効にしておらず、現在アクティブ スプリントが存在する場合、以前に完了したスプリントは再オープンできない

  • 完了したスプリント内の課題が既に他のアクティブスプリントに移動されてしまった場合、完了済みのスプリントを再オープンできますが、既にアクティブスプリント内にある課題は含まれていません。

  • あるスプリント以外で完了された課題が、その後再オープンしたばかりのスプリントに戻された場合、これらの課題は再オープンされたスプリントのスプリント レポートに "このスプリント外で完了済み" と表示される

再オープンスプリントを詳細に調べる

以下のダイアグラムは、特定のシナリオに応じてスプリントの再オープン時に考えられるフローを示しています。

再オープンする必要があるスプリントの個々の課題に対する質問のフローチャート。

スプリントを再オープンできるシナリオ

以下にリストされているサンプル シナリオでは、次の詳細を前提とします。

  • スプリントを作成して "Sprint 1" という名前を付けました。

  • Sprint 1 に課題をいくつか追加してから開始しました。

  • あなたのチームは現在 Sprint 1 でその課題に取り組んでいます。

  • "Sprint 2" と名付けられた計画済みの将来のスプリントがあります。

単純なシナリオ

以下に、スプリントを再オープンする可能性がある単純なシナリオと、予想される結果を挙げます。

シナリオ詳細

予想される結果

  • あなたは Sprint 1 をクローズしました。このスプリントには完了した課題がいくつかありました。

  • すべての未完了の課題はバックログに戻されました。

  • あなたが Sprint 1 を再オープンしようとする際、これらの未完了の課題はまだすべてがバックログにあります。

  1. Sprint 1 は正常に再オープンされます。

  2. Sprint 1 には、クローズされたときには Sprint 1 にあったすべての完了済みおよび未完了の課題が含まれている。

  • Sprint 1 をクローズしました。このスプリントに完了済みの課題はありませんでした。

  • すべての未完了の課題はバックログに戻されました。

  • スプリントの計画中に、これらの課題をすべて将来のスプリントである Sprint 2 に移動しました。

  • Sprint 2 を開始しました。Sprint 2 は現在のアクティブ スプリントで、あなたは Sprint 1 を再びオープンしようとしています。

  • 並行スプリント機能が有効になっている

Sprint 1 は再オープンできません。これは、クローズされたとき Sprint 1 にあったすべての未完了課題が現在アクティブな Sprint 2 にあるためです。

複雑なシナリオ

一部のケースでは、スプリントを再オープンできるかもしれませんが、結果は期待どおりでない可能性があります。あるいは、スプリントをまったく再オープンできないかもしれません。以下に、スプリントを再オープンする可能性がある複雑なシナリオと、予想される結果をいくつか挙げます。

シナリオ詳細

予想される結果

  • あなたは Sprint 1 をクローズしました。このスプリントには完了した課題がいくつかありました。

  • すべての未完了の課題はバックログに戻されました。

  • スプリントの計画中に、これらの課題の一部を将来のスプリントである Sprint 2 に移動しました。

  • Sprint 2 を開始しました。Sprint 2 は現在のアクティブ スプリントで、あなたは Sprint 1 を再びオープンしようとしています。

  • 並行スプリント機能が有効になっている

  1. Sprint 1 は正常に再オープンされます。

  2. Sprint 1 には、クローズされたときに Sprint 1 にあったすべての完了済みおよび未完了の課題が含まれています。

  3. クローズされたときに Sprint 1 にあり、現在はアクティブな Sprint 2 にある未完了の課題は Sprint 2 に残ることになります。これは、スプリントの再オープン処理中にアクティブ スプリントの課題は移動されないためです。

  • あなたは Sprint 1 をクローズしました。このスプリントには完了した課題がいくつかありました。

  • すべての未完了の課題はバックログに戻されました。

  • スプリントの計画中に、これらの課題の一部を将来のスプリントである Sprint 2 に移動しました。

  • Sprint 2 を開始しました。Sprint 2 は現在のアクティブ スプリントで、あなたは Sprint 1 を再びオープンしようとしています。

  • 並行スプリント機能が有効になっていない

Sprint 1 は次の理由のために再オープンできません。

  • 現在のアクティブ スプリントである Sprint 2 があります。

  • 並行スプリント機能が有効になっていない。

  • Sprint 1 をクローズしました。このスプリントに完了済みの課題はありませんでした。

  • すべての未完了の課題はバックログに戻されました。

  • スプリントの計画中に、これらの課題をすべて将来のスプリントである Sprint 2 に移動しました。

  • Sprint 2 を開始しました。Sprint 2 は現在のアクティブ スプリントで、あなたは Sprint 1 を再びオープンしようとしています。

  • 並行スプリント機能が有効になっている

Sprint 1 は再オープンできません。これは、そのすべての課題が、現在アクティブ スプリントである Sprint 2 にあるためです。

 

スプリントの再オープン

  1. [プロジェクト] を選択してプロジェクトを選択するか、[すべてのプロジェクトを表示] を選択してプロジェクト ディレクトリにアクセスします。

  2. 関連するプロジェクトを選択します。

  3. [レポート] をクリックし、次のアイテムを選択します。

    1. 企業管理対象プロジェクトの場合: [スプリント レポート]

    2. チーム管理対象プロジェクトの場合: [バーンアップ レポート]または[スプリント バーンダウン チャート]

  4. [スプリント] ドロップダウンから該当のスプリントを選択します。

  5. [その他] () > [スプリントの再オープン] をクリックします。スプリントの再オープン ダイアログが表示され、スプリントが再オープンされたときに期待される結果が表示されます。

  6. 再オープンをクリックします。

チーム管理対象プロジェクトに「レポート」が見つからない場合は、そのレポートを有効にする必要があります。もっと詳しく

以下は、スプリントの完了後に再オープンされたときに生じる詳細です。

  • スプリントを完了すると、スプリントの完了というこのイベントは、対応するスプリント レポートに記録される。

  • スプリントを再オープンすると、スプリントの再オープンというこのイベントもスプリント レポートに記録される。ただしレポートでは前方に進んだ新規の終了日が使用される。

  • 再オープンされたスプリントが完了すると、最後の完了日付が終了日としてスプリント レポートに表示されます。

 

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

 

最終更新日 2021年06月 4日)
次でキャッシュ 5:46 PM on Aug 3, 2021 |

その他のヘルプ

コミュニティに質問