課題とは

さまざまな組織が Jira を使用してさまざまな種類の課題を追跡しています。課題は、ソフトウェア バグ、プロジェクト タスク、休暇申請フォームなど、あらゆるものを表すことができます。

課題はすべての Jira プロジェクトの構成単位です。ストーリー、バグ、またはプロジェクトに含まれるその他のタイプのタスクが、課題として表されます。

  • プロジェクト管理者の場合は、その他 [] > [設定] を選択して、課題ビューのフィールドのレイアウトを変更できます。

  • 関連するコミット、ビルド、プル リクエストを表示することで、課題の進捗状況が確認しやすくなります。課題の開発情報の詳細をご確認ください

ボードには、一度に最大 5,000 件の課題を表示することができます。ボードで 5,000 件を超える課題を一度に表示しようとすると、エラー メッセージが表示されフィルターの更新を求められます。

プロジェクトおよび課題キー

課題キー

課題キーは、Jira で追跡されるすべての作業の一意な識別子です。これは認識しやすく、簡単に覚えることができます。

課題キーは以下の場所に表示されます。

  • 課題自体 (ラベルとして)

  • 検索結果および保存済みフィルター

  • ボード上のカードやプロジェクトのバックログ

  • 作業を接続しているリンク

  • 課題の URL

  • 追跡している作業を参照する必要があるすべての場所

 

課題キーは、次の 2 つで構成されます。

  1. プロジェクト キー(上記スクリーンショットの「SMART」)

  2. 連番

プロジェクト キー

プロジェクト キーは、プロジェクトに関連する一連の作業を Jira サイト全体でユーザーに対して説明するための英数字の文字列です。プロジェクト キーは、最も覚えやすく認識しやすい課題の識別子です。たとえば、チームのコードネームが Donut World だとします。プロジェクト キー "DONUT" を使用することで、アトラシアン全体のユーザーがそのチームに関連する作業を把握して認識しやすくなります。

プロジェクト管理者は、新しいプロジェクトの作成時にプロジェクトのキーを作成して割り当てられます。Jira ではプロジェクトの名前に基づいて認識しやすいキーが提案されます。プロジェクト管理者は [詳細] オプションを選択することで、プロジェクトの作成時にこれをカスタマイズできます。プロジェクトの設定でも更新できます。キーは大文字で始まる 2 文字以上の文字列にする必要があります。 

プロジェクトの詳細の編集についてご確認ください

その他のヘルプ