リストを整理する

特に明記されていない限り、ソフトウェア プロジェクトのリストは企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの両方で同じです。

  • プロジェクトへのアクセス権があれば、誰でもリストの課題をグループ化できます。

  • ユーザー固有のグループ分けと並べ替えはユーザー本人にだけ表示されます。

  • 他のビューやプロジェクトからリスト ビューに戻っても、グループ分けは保持されます。

リストの課題を特定の属性でグループ化できます。希望に合わせて作業を整理して視覚化できます。たとえば、優先度が高いタスクについて何か妨げとなるものがないかどうかや、個々のチーム メンバーのワークロードをひと目で確認できます。

すべてのユーザーが作業の表示方法を制御できるため、ユーザーが作成したグループはそのユーザーしか表示できません。作業は次の単位でグループ化できます。

  • 担当者

  • ステータス

  • 優先度

  • Sprint

  • ストーリー ポイントの見積もり

並べ替えても、子課題は親課題とともに表示されます。タイプ アイコンはそれぞれの配下でネストされるため、個々の課題が互いにどのように関連するかを明確に確認できます。

たとえば、担当者ごとにリストをグループ化すると、割り当て先のユーザーの下にそれぞれの課題が一覧表示されます。別のユーザーに割り当てられている場合であっても、子課題は親課題の下にネストして表示されます。

これにより、リスト ビューの整理方法にかかわらず、作業の階層や関係性を簡単に追跡できます。

課題のドラッグ & ドロップ

課題をグループ化すると、あるグループから別のグループに課題をドラッグ アンド ドロップできます。

課題をドラッグ アンド ドロップする方法は以下のとおりです。

  1. ドラッグする課題の [タイプ] 列にカーソルを合わせると、 アイコンが表示されます。

  2. 課題を選択したまま、移動先の担当者、ステータス、優先度、スプリント、またはストーリー ポイントの推定にドラッグします。

  3. 問題をドロップします。

これで、課題には移動先のグループの属性が割り当てられているはずです。

ステータス別にグループ化されている場合、課題をドラッグ アンド ドロップすることはできません。

グループ化を解除する

グループ化を解除するには、次の手順に従います。

  1. リストの右上にある [グループ] ドロップダウンを選択します。

  2. [クリア] を選択します。

リスト ビューでグループ化を解除する方法

その他のヘルプ