カードのカスタマイズ

このページは企業管理対象プロジェクトにのみ適用されます。

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

はじめる前に

ボードおよびその設定を構成するには、次のいずれかである必要があります。

  • ボードの場所のプロジェクト管理者

  • ボード自体のボード管理者

Jira Cloud の権限に関する詳細をご確認ください

カードをカスタマイズする理由

ボード上のカードのレイアウトをカスタマイズして、適切な情報が一目でチームにわかるようにします。次を行えます。

  • カードの色を変更すると、ボード上の特定の課題タイプ、優先度、担当者など、どんな課題でもチームが素早く見つけやすくなります。

  • カードに表示するカスタム フィールドを最大 3 つ追加する

既定のカード レイアウト

課題のカードには 3 層の情報があり、次のパターンに従って重ねて表示されます。

  1. 課題の要約が常にボードとバックログの上に表示されます。

  2. 次に、カードに追加されたカスタム フィールドが表示されます。

  3. 最後に、課題タイプ、優先度、担当者、見積もりなど、課題の詳細が表示されます。

他のすべてのフィールドを表示するには、カードを選択して課題の詳細ビューを開きます。

カードの色を設定する

カードの色を、課題タイプ、優先度、担当者または JQL に基づいて決めることができます。色は (グローバルではなく) ボードごとに設定します。

色を追加する方法は次のとおりです。

  1. まだ移動していない場合は、企業管理対象 ソフトウェア プロジェクトに移動します。

  2. アクティブ スプリント (スクラム ボードを使用する場合) またはカンバン ボード (カンバン ボードを使用する場合) を選択します。

  3. [その他]() > [ボードを設定] の順に選択します。

  4. [カードの色] を選択し、ドロップダウンから方法を選択します。

  5. [Color (色)] 列で正方形を選択し、課題タイプ、優先度、担当者、クエリの色を選択します。方法を切り替えても、設定は維持されます。

一部の色は新しいカラー ピッカーでは使用できなくなりました。担当者と課題タイプの場合は、[削除] を選択して選択した色を更新してください。

優先度の色は、[設定] > [課題] >[優先度] で定義されているグローバル カラーにリセットできます。

クエリの色を編集または削除するには、[その他] [ ] を選択してから以下を実行します。

  1. カードの色を編集するかクエリを更新します。

  2. カードの色を削除して色を除去し、他のクエリで使用できるようにします。その色を使用していた課題は、ページを再読み込みすると既定の色に戻ります。

  3. 点線グリッド アイコン [] を新しい位置にドラッグ アンド ドロップしてカードの色を並べ替えます。

クエリに基づく色づけでは、各課題は最初に一致するクエリに従って色づけされるため、順序が重要です。

たとえば、1 行目のクエリで "issuetype = bug" に対して赤、2 行目のクエリで "assignee = kevin" に対して緑が割り当てられる場合、Kevin に割り当てられるバグは赤で表示されます。

方法ごとに、1 つの色をアイテムに適用できます。たとえば、課題タイプ、優先度、担当者、クエリごとに 1 つの色を選択できます。

色はボード上のカードの左側に細い帯状に表示されます。

メソッド

動作の仕組み

課題タイプ

まず、ボードで課題を作成し、次に課題タイプの色を選択します。

既存のすべての課題タイプに既定の色が割り当てられます。既定の課題タイプと色は次のとおりです。

  • タスク = 青

  • サブタスク = 薄い青

  • バグ = 赤

  • ストーリー = 紫

優先度

優先度の既定の色は、Jira 全体の優先度の既定の色と同じです。

担当者

まず、ボードで課題を作成し、次に担当者の色を選択します。

このボード上の課題を割り当てられたことのあるユーザー全員に既定の色が割り当てられます。

クエリ

どのクエリにも色を追加することができます。JQL クエリに一致しない課題は灰色で表示されます。JQL 構文の詳細をご確認ください。 

クエリの例

24 時間以内に期限が来るすべての課題を表示する

1 due <= "24h"

特定のユーザーが作成したすべての課題を表示する

1 reporter = "Jane"

期日が今月中である課題を表示する

1 duedate > endOfMonth()

カードにフィールドを追加する

ボード上のカードの設定により、追加のフィールドを 3 つまで表示できます。スクラム ボードを使用している場合、バックログとアクティブ スプリントに対して異なるフィールドを設定できます。

フィールドをカードに追加するには:

  1. まだ移動していない場合は、企業管理対象 ソフトウェア プロジェクトに移動します。

  2. アクティブ スプリント (スクラム ボードを使用する場合) またはカンバン ボード (カンバン ボードを使用する場合) を選択します。

  3. [その他]() > [ボードを設定] の順に選択します。

  4. [カード レイアウト] を選択します。

  5. 目的に応じて、フィールドを追加または削除します。

また、[列の日数] を有効にして、課題が列にどのくらいの期間存在するかを視覚的に示すこともできます。これは、時間がかかっている作業を特定するのに役立ちます。

列で日数を使用する

これはカンバン ボードでは自動的に有効になり、スクラム ボードでは無効になります。

大規模なインスタンス (課題が 30 万件、プロジェクトが 100 個、ボードが 100 個、またはオープン スプリントが 100 個を超える) がある場合、このインジケーターを無効にしてパフォーマンスを改善することを推奨します。

[列の日数] を有効にすると、各課題にドットが表示されます。ドットは、その列に含まれていた日数 (および実質的なステータス) を表します。

これは課題が停滞しているかどうかを確認するのに役立ちます。特に、ボードがウォールボードとして表示されている場合に便利です。

カードのドット

列の日数

グレーの点 1 つで 1 日を表します。

1 日

グレーの点 2 つで 2 日を表します。

2 日

グレーの点 2 つと黄色の点 1 つで 3 日を表します。

3 日

グレーの点 3 つと赤色の点 1 つで 5 日を表します。

5 日

グレーの点 2 つと赤色の点 2 つで 8 日を表します。

8 日

グレーの点 1 つと赤色の点 3 つで 12 日を表します。

12 日

赤色の点 4 つで 20 日以上を表します。

20日以上

課題を以前の列に移動した場合、インジケーターに表示されるのは、課題がその列に含まれていた累積日数となります。

たとえば、「進行中」列に課題を移動し、2 日間そのままにしたとします。

次に、課題を「コードレビュー」列に移動し、1 日そのままにしました。

コード レビュー中にフィードバックを受け、追加の開発作業が必要になったため、課題を「進行中」列に戻し、1 日その状態のままにしました。

この場合、ドットには、課題が「進行中」列に含まれていた累積日数 (3 日間) が反映されます。

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

その他のヘルプ