カードのカスタマイズ

このページは 企業管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に、[チーム管理対象プロジェクトを利用中です] が表示されている場合は、チーム管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

はじめる前に

ボードおよびその設定を構成するには、次のいずれかである必要があります。

  • ボードの場所のプロジェクト管理者

  • ボード自体のボード管理者

Jira Software Cloud の権限に関する詳細をご確認ください

カードのカスタマイズのメリット

ボード上のカードのレイアウトをカスタマイズして、適切な情報が一目でチームにわかるようにします。次を行えます。

  • カードの色を変更すると、ボード上の特定の課題タイプ、優先度、担当者など、どんな課題でもチームが素早く見つけやすくなります。

  • カードに表示するカスタム フィールドを最大 3 つ追加する

スクラム バックログにあるサンプル課題の注釈付きスクリーンショット

カスタム カードは、スクラム バックログで簡単にスキャンできるように詳細を表示します。この例には次が含まれます。

  1. 課題の概要

  2. 課題の詳細

  3. カスタム フィールド

スクラム ボードのアクティブ スプリントにあるサンプル カード

スクラム ボードにある注釈付きカードの例。カードには課題の要約とアイコンがあります。

課題のカードには次の 3 層の情報があり、常に同じ順で表示されます。

  1. 課題の概要

  2. カードに追加されたカスタム フィールド

  3. 課題タイプ、優先度、担当者、および見積もりを含む、他の関連する課題情報

スクラムおよびカンバン プロジェクトのバックログとボードの両方で、課題の概要が常にカードの最上位に表示されます。

より多くの課題詳細を表示するには、次のいずれかの操作を行います。

ハイライトされたクイック追加ボタン、共有、ステータス、セクションの追加表示、設定リンク、コメント フィールドのある課題。

新しいタブまたはウィンドウでフル ビューを使用して課題の詳細を参照するには、課題キーを右クリックし、新しいタブやウィンドウで課題を表示します。

カードの色を設定する

カードの色を、課題タイプ、優先度、担当者または JQL クエリに基づいて決めることができます。色の割り当て方法を選択した後、カードの種類ごとに色を変更したり、削除したりできます。カードの色は (グローバルではなく) ボードごとに設定できます。

  1. まだ移動していない場合は、企業管理対象プロジェクトに移動します。

  2. アクティブ スプリント (スクラム ボードを使用する場合) またはカンバン ボード (カンバン ボードを使用する場合) を選択します。

  3. [その他] () > [ボード設定] の順に選択します。

  4. [カードの色] をクリックし、必要に応じてドロップダウンからを変更します。カードの色の割り当てを別の方法に変更する場合、以前の割り当て方法の設定は保持され、必要なときに元に戻すことができます。

  5. 色の割り当て方法を選択した後、その色をカスタマイズする手順は次のとおりです。

    • カードに割り当てる別の色を選択 - 色のついた四角形をクリックします。

    • [カードの色を削除] - [削除] をクリックすると、効率的にデフォルトの色にリセットすることができます。このカード タイプに一致する課題がまだある場合、画面をリフレッシュして削除したカードの色をデフォルトの色にリセットします。

    • カードの色を移動 (クエリ ベースのみ) — 垂直 "グリッド" アイコンにカーソルを合わせて色を上下にドラッグし、新しい位置にドロップします。

各課題は最初に一致するクエリに従って色づけされるため、クエリに基づいて色を割り振る場合は順序が重要です (たとえば、1 行目のクエリで "issuetype = bug" に対して赤、2 行目のクエリで "assignee = kevin" に対して緑が割り当てられる場合、Dave に割り当てられたバグは赤で表示されます)。

カードの色の割り当て方法

説明

課題タイプ

課題タイプごとに 1 つの色を割り当てます。ボード上の課題と一致するすべての課題タイプに、デフォルトの色が割り当てられます。課題タイプの色を設定するには、課題タイプがプロジェクト内にすでに存在している必要があります。また、ボードに課題が作成されるまで、カラー値は表示されません。課題タイプの色を設定するには、まずボードに課題を作成する必要があります。

デフォルトの課題タイプと色は次になります。

  • 改善 — 緑

  • タスク — 青

  • 新機能 — オレンジ

  • バグ — 赤

優先度

優先度ごとに 1 つの色を割り当てます。既定の色は、 Jira で優先度に使用されているものと同じです。

担当者

担当者ごとに 1 つの色を割り当てます。デフォルトの色がこのボード上の課題の担当者または担当経験者のユーザー全員に割り当てられます。ボードに課題が作成されるまでカラー値は表示されないことにご留意ください。担当者の色を設定するには、まずボードに課題を作成する必要があります。

クエリ

JQL クエリごとに 1 つの色を割り当てます。どのクエリでも指定できます。JQL クエリのどれとも一致しない課題は灰色で表示されます。JQL 構文に関する詳細は、「JQL」を参照してください。 

クエリの例

特定のコンポーネントに所属するすべての課題を表示する (例:「ユーザー インターフェイス」)

1 project = "Angry Nerds" AND component = "User Interface"

24 時間以内に期限が来るすべての課題を表示する

1 due <= "24h"

特定のユーザーが作成したすべての課題を表示する

1 reporter = "Jane"

および

1 reporter = "Bob"

カードにフィールドを追加する

ボード上のカードの設定により、追加のフィールドを 3 つまで表示できます。スクラム ボードを使用している場合、バックログとアクティブ スプリントに対して異なるフィールドを設定できます。

フィールドをカードに追加するには:

  1. まだ移動していない場合は、企業管理対象プロジェクトに移動します。

  2. アクティブ スプリント (スクラム ボードを使用する場合) またはカンバン ボード (カンバン ボードを使用する場合) を選択します。

  3. [その他] () > [ボード設定] の順に選択します。

  4. [カード レイアウト] を選択します。

  5. 目的に応じて、フィールドを追加または削除します。

また、ボードの列に課題が存在している日数を表示するには、[列の日数] トグルを有効にできます。

列で日数を使用する

このインジケーターは、スクラムボードでは既定で無効に、カンバンボードでは既定で有効になっています。

[列の日数] を有効にすると、課題が列にある日数がカードに一連のドットで表され、停滞している課題を見つけるのに役立ちます - ボードがウォールボードとして表示されている場合、特に便利です。

カードのドット

列の日数

グレーの点 1 つで 1 日を表します。

1 日

グレーの点 2 つで 2 日を表します。

2 日

グレーの点 2 つと黄色の点 1 つで 3 日を表します。

3 日

グレーの点 3 つと赤色の点 1 つで 5 日を表します。

5 日

グレーの点 2 つと赤色の点 2 つで 8 日を表します。

8 日

グレーの点 1 つと赤色の点 3 つで 12 日を表します。

12 日

赤色の点 4 つで 20 日以上を表します。

20日以上

課題を前にあった列に移動する場合、インジケータは課題がその列に滞在した日数の累計を与えることに注意してください。

たとえば、[進行中] 列に課題を移動し、2 日間そのままにします。次に、課題を [コード レビュー] 列に移動し、1 日間そのままにします。コード レビュー中にフィードバックを受け、課題の開発作業が必要になったため、課題を [進行中] 列に戻し、1 日間そのままにします。この例では、インジケーターには、[進行中] 列の課題の累積値である 3 日間と表示されます。

大規模なインスタンス (すなわち、30 万件以上の課題、100 個以上のプロジェクト、100 以上のボード、または 100 以上のオープン スプリント) がある場合、このインジケーターを無効にしてパフォーマンスを改善することを推奨します。

課題カードを印刷する

スクラム ボードまたはカンバン ボードで作業計画を立てたり課題に取り組んだりしている場合に、課題カードの印刷が役立つこともあります。これにより、チームは物理的なボードで印刷済みのカードを利用できます。この物理的なボードをあなたの Jira Software のボードの複製とみなすこともできます。必要に応じて、単一の課題カードや、複数の課題カードの印刷が可能です。現在のボードにあるすべての課題カードを印刷することもできます。

印刷される課題カードには次の課題詳細が含まれます。

  • 要約

  • 課題タイプ

  • 課題キー

  • 課題の優先度

  • 見積り

  • 担当者

  • エピック (アクティブ スプリント/カンバン ボードのオプション)

  • バージョン (バックログからの印刷時)

  • カード レイアウト設定に応じて、最大 3 つの追加フィールド

印刷済み課題カードは、縦向き横向きのいずれでも A4、A3、またはレター サイズのページに適合します。

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

最終更新日 2021年10月11日)
次でキャッシュ 12:24 AM on Oct 18, 2021 |

その他のヘルプ