Advanced Roadmaps で値をロールアップする

プランナーにとって大きな問題は、計画したことが必ずしも最終的に起こるとは限らないことです。親課題の値を手動で更新する代わりに、親課題の日付、見積もり、スプリント割り当てなどの値を子課題の値に基づいて推測するように Advanced Roadmaps に指示することができます。Advanced Roadmaps では、これはロールアップと呼ばれ、プラン内でタイムラインが変更された場合でも課題を正確に保つことができます。

ロールアップされた値を持つ課題は、次に示すようにタイムライン バーがストライプ柄になります。

Advanced Roadmaps for Jira Software Cloud における日付の部分的なロールアップの例

バーの一方向がフェード アウトしている場合は、プランに部分的なロールアップがあります。部分的なロールアップの詳細については「Advanced Roadmaps の部分的なロールアップとは」ページをご確認ください。

タイムラインで課題の値をロールアップするには、次の手順に従います。

  1. プランの [ビューの設定] メニューに移動します。

  2. [ロールアップ] の横には、2 つのオプションがあります。
    [日付]
    その他 - スプリントの割り当て、リリース、チーム、見積もりを親課題にロールアップします

 

最終更新日 2021年10月 5日)
次でキャッシュ 2:33 AM on Oct 19, 2021 |

その他のヘルプ