Advanced Roadmaps のロールアップとは

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

プランナーにとって大きな問題は、計画したことが必ずしも予定通りに進まないということです。親課題の値を手動で更新する代わりに、子課題の値に基づいて親課題の値を推測するように Advanced Roadmaps に指示できます。Advanced Roadmaps では、これをロールアップと呼びます。

タイムラインの [View settings (ビューの設定)] メニューから、次の値のいずれかを推測することを選択できます。

現在、この機能はクラウドのお客様にロールアウトされています。ご利用のサイトにこれらの変更が反映されていないか、まだ表示されない可能性があります。

ロールアップ日付は、Advanced Roadmaps で計画を立てるために存在する予測値です。Jira 課題に変更をコミットすると、ロールアップされた値は手動で設定したかのように、静的な数値またはテキストとして保存されます。Jira 課題に保存されているこの値は、計画が進化しても動的には更新されません。

値がロールアップされると、Advanced Roadmaps はロールアップされたフィールドの値の横に矢印を表示します。

この矢印は、Advanced Roadmaps for Jira Software Cloud の値が推測、またはロールアップされていることを示します。

 

その他のヘルプ