Advanced Roadmaps における依存関係とは

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

Advanced Roadmaps の依存関係は、最初に完了する他の課題にどの課題が依存しているかを示しています。タイムラインでは、依存関係のタイプに基づいて、スケジュール バーのどちらかの端に依存課題の番号が付いたバッジが表示されます。Advanced Roadmaps には、次の 2 種類の依存関係があります。

  • 完了している前の課題に課題が依存していることを意味する依存元 (「ブロックされている」) は、スケジュール バーの左側にあるバッジによって示されます。

  • 課題が開始中の次の課題をブロックしていることを意味する依存先 (「ブロックする」) は、スケジュール バーの右側にあるバッジによって示されます。

また、Advanced Roadmaps は依存関係が壊れたときに警告します。タイムラインでは、依存関係 (バッジや設定に基づく線など) が赤に変わってこの依存関係の日付が揃っていないことが示されます。これを解決するには、開始日または終了日を変更します。

その他のヘルプ