ロードマップでエピックの進捗を確認する

Jira Software のロードマップ ビューは、有効にする方法とトラブルシューティング情報を除き、企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの両方で同じです。

チーム管理対象プロジェクトでロードマップ ビューを有効にする方法をご確認ください

チーム管理対象ロードマップの問題のトラブルシューティングに関する詳細はこちらをご覧ください

進捗バーを使用すると、ロードマップでエピックの進捗を素早く確認できます。エピックの名前の下にあるバーは、その課題の全体的な進捗を示します。エピック内のすべての標準課題 (サブタスクを除く) が表示されます。

エピックの進捗は、[ビューの設定] に表示するか非表示にするかを設定できます。

ロードマップで、右上にある [ビューの設定] を選択します。[詳細] セクションで、[進捗] を選択します。1 年以上前に完了したとマークされているエピックは、ロードマップに表示されません。

ロードマップのビュー設定パネルのトリミングされたスクリーンショット。カーソルを進捗チェックボックスの上に合わせます。

エピックの進捗バーは 3 つのセグメントに分かれます。

  • 緑色のセグメントは、完了ステータス カテゴリの課題を表します

  • 青色のセグメントは、進行中ステータス カテゴリの課題を表します

  • 灰色のセグメントは、To Do ステータス カテゴリの課題を表します

エピックの進捗バーの任意のセグメントにカーソルを合わせると、各ステータス カテゴリに含まれる課題の数を確認できます。

ロードマップ上のエピックのトリミングされたスクリーンショット。進捗バーの上にカーソルを合わせると、ステータス分類が表示されます。

バックログの [エピック] セクションでエピックが [Marked as Done (完了としてマーク)] になると、エピックのステータスは完了に更新されます。その後、ロードマップから削除されます。

バックログでのエピックの管理の詳細については、「カンバン プロジェクトでエピックを管理する」または「スクラム プロジェクトでエピックを管理する」を参照してください。

最終更新日 2021年10月 8日)
次でキャッシュ 12:25 AM on Oct 18, 2021 |

その他のヘルプ