プランで課題が不足している場合のトラブルシューティング

このページでは、Jira Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる高度な計画機能について説明します。

Jira に含まれているプロジェクトのタイムラインについては、ドキュメンテーションにセクションが別途用意されています。Jira のプロジェクト タイムラインに関するドキュメンテーションはこちらからご確認ください。。

 

計画内に課題が正常に表示されない理由はいくつかあります。このページでは、欠落している課題の検索方法、最も一般的な理由、原因のトラブルシューティング方法をご説明します。

該当する計画で見つからない課題を検索する

計画に課題が表示されない理由を把握するための最初のステップは、[課題を検索] 機能で検索することです。

欠落している課題を検索するには、次の手順に従います。

  1. 左側のナビゲーションで [プラン設定] を選択します。

  2. サイド ナビゲーションから [課題を検索] を選択して、欠落している課題のキー全体を入力します。この機能は部分一致をサポートしていません。

計画に課題が含まれている場合は、緑色のボックスにメッセージが表示されます。計画に課題が含まれていない場合は、フィルターをクリアして見つかるかどうか、ご確認ください。

課題が除外されている場合は、該当する計画によってその課題が表示されない理由が表示されます。この情報を利用して、問題の解決に向けて取り組みましょう。

Jira ワークフローで解決状況フィールドが設定されていない

課題を完了としてマークする際、Jira では課題の解決状況フィールドが参照されるのに対し、計画では課題のステータスが参照されます。既定のワークフローを使用している場合は、課題が「進行中」から「完了」ステータスにトランジションすると解決状況フィールドが自動で設定されます。 

カスタム ワークフローを使用している場合は、これを手動で設定する必要があることがあります。Jira 管理者は、「完了」課題の通知に使用されているステータスの受信トランジションに事後操作を追加できます。この事後操作がない場合は、カスタム ワークフローで完了した課題は計画に表示されません。

Jira ワークフローで解決状況フィールドを事後操作として設定する方法をご確認ください。

プランの課題ソースに課題が含まれていない

計画の課題は、課題ソースによって決まります。含まれていない課題ソースはスコープ外とみなされて、計画に表示されません。不足している課題が、計画のスコープの課題ソースに含まれていることを確認する必要があります。

プランの課題ソースを追加または変更するには、次の手順に従います。

  1. 左側のナビゲーションで [プラン設定] を選択します。

  2. [課題ソース] を選択します。計画の課題のソースとして、プロジェクトボード、またはフィルターを選択できます。新しい課題ソースを既存の計画に追加する場合にキャパシティ プランニングを使用するには、チームと課題ソースを手動で関連付ける必要があります。チームと課題ソースを関連付ける方法についてはこちらをご確認ください。

フィルターを検索すると、次のようになります。

  • 該当する計画は、クエリを含むすべての結果を表示します。特定の語句を検索するには、クエリを引用符で囲みます。

  • 複数のフィルターを含めるには、検索クエリの間に+を追加します。

除外ルールを使用して課題が計画の範囲から除外された

計画を作成する際には、次のような基準に基づいて問題を除外できます。

  • 課題が完了してからの経過時間 (既定では、30 日前に完了した課題は計画に含まれない)

  • 課題のタイプ

  • 課題のステータス

  • 特定のリリースに割り当てられている課題

上記の基準を満たす課題は範囲外と見なされ、計画には表示されません。そのため、こうした課題を計画に表示するには、除外ルールを調整して対象の課題を再度含める必要があります。

30 日以上経過した課題を除外するルールを変更するには

プランに表示される完了済み課題の数を調整するには、次の手順に従います。

  1. 左側のナビゲーションで [プラン設定] を選択します。

  2. [除外ルール] を選択します。

  3. [次に指定した日数が経過した完了した課題を除外] フィールドに、完了した課題を計画に残す日数を入力します。該当する計画では更新内容が自動的に保存されます。

既定では、該当する計画Jira で 30 日以上前に完了した課題を除外します。

経過時間に基づいて課題を除外するルールを変更するには

左側のナビゲーションから [計画設定] を選択します。[除外ルール] を選択して、完了済みの課題を計画に表示する最大日数を調整します。

課題タイプまたは課題ステータスを計画から除外するルールを変更するには

  1. 左側のナビゲーションで [プラン設定] を選択します。

  2. [除外ルール] を選択して、[課題タイプを除外] フィルターまたは [ステータスを除外] フィルターを調整します

以前に除外したリリースを計画に追加するには、次の手順に従います。

  1. 左側のナビゲーションで [プラン設定] を選択します。

  2. [除外ルール]、[リリースを表示] の順に選択します。

  3. 以前に除外したリリースで、計画にまた戻すものを選択します。

  4. [Include (含める)] を選択します。

アーカイブされたリリースに課題が含まれている

アーカイブされたリリースの一部である課題は、タイムラインから除外されます。 これを修正するには 2 つの方法があります。

1 つは、アーカイブされたリリースからアクティブなリリースに課題を再スケジュールする方法です。

または、次の手順に従ってリリースをアーカイブ解除できます。

  1. [プロジェクト] ドロップダウン メニューからプロジェクト、左側のメニューから [リリース] の順に選択します。

  2. 検索バーの横にあるドロップダウン メニューを使用して、アーカイブされたリリースをビューに含めます。 

  3. 最後に、リリースの [アーカイブを戻す] の右側にある メニューを使用します。

課題が計画から削除された

プランナーは、一括アクション メニューを使用して計画から手動で課題を削除できます。 これらの課題は計画のビューから削除されますが、除外ルールの要件を満たしていればいつでも再追加できます。 計画から課題を削除する方法の詳細をご確認ください

手動で削除された課題を復元する方法は次のとおりです。

  1. 左側のナビゲーションから [ 計画設定 ] を選択します。 次に、[ 削除済みの課題] を選択します。

  2. 計画に復元する課題を選択します。 これらの課題を階層レベルでフィルタリングするか、検索バーを使用して特定の課題を検索できます。

  3. 準備ができたら、[ 再度含める ] を選択して課題を計画に復元します。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。