計画内で変更を保存する

このページでは、Jira Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる高度な計画機能について説明します。

Jira に含まれているプロジェクトのタイムラインについては、ドキュメンテーションにセクションが別途用意されています。Jira のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメンテーションをご参照ください

 

該当する計画に加えた変更を保存するには、該当する計画の管理者権限、および Jira でプロジェクトを編集する権限が必要です。

計画の右上隅にある [変更を確認] ボタンを使用して、該当する計画で加えた変更を Jira の課題にコミットします。シナリオの表示中に該当する計画を保存すると、そのシナリオの変更がこのモーダルに表示されます。

モーダルが開いて、計画が最後に保存されてから加えられたすべての変更がリストされます。

Advanced Roadmaps for Jira Software Cloud で [変更を確認] モーダルを使用して、計画に加えた変更を保存する方法。

初期設定ではすべての変更が選択されていますが、手動で変更を選択または選択解除できます。除外することにした変更は計画に残って、あとで保存できます。また、このダイアログに表示される課題を上部のフィルターでフィルタリングすることもできます。[変更を確認] モーダルで課題をフィルタリングする方法をご確認ください

最後に、Jira Software で課題をウォッチしているユーザーに対して通知を送るかどうかを選択できます。初期設定では、Jira 通知設定に基づき、すべてのフォロワーに対して変更が通知されます。この警告を回避して、ウォッチャーに更新通知をスパムしたくない場合は、左下隅にある [Sent update notifications (更新通知を送信済み)] チェックボックスを使用します。

準備ができたら、[選択された変更を Jira で保存] ボタンを使用して変更をコミットします。

 

その他のヘルプ