課題のトランジション

現在、管理者がマッピングしたワークフロー画面で課題をトランジションする方法を更新しています

次のような改善点にお気づきかもしれません。

  1. 新しい ADF エディタを使用してコメントを追加する これには Atlassian Intelligence も含まれます

  2. サービス プロジェクトでのコメントはデフォルトで内部に表示されます

  3. 新しいコメント追加時に既存の添付ファイルを参照

  4. フィールド内で特定の値を検索する

  5. 課題のトランジションが成功または失敗すると確認のトースト

  6. モダンなルック & フィールなど、盛りだくさんです。

これらのアップデートの詳細については、 コミュニティ投稿をご覧ください。

ボード上の列に課題をトランジションするには、Jira 管理者またはボード管理者がボードの列にワークフロー ステータスを事前にマッピングしている必要があります。このようなマッピング設定の詳細については、「列の設定」を参照してください。

列のマッピング先である Jira ワークフローのステータスにその課題を移動させるプロジェクト権限を持っている場合にのみ、課題をトランジションさせることができます。Jira ではワークフロー設定に従い、課題をトランジションさせると、ワークフローの検証、条件、機能、通知のすべてがトリガーされます (詳細については、「ワークフロー」を参照してください)。ただし、現在、ボードでの課題の自動割り当ては行えないことにご注意ください。

オープンな課題のトランジション

課題のトランジションとは、課題を別のステータスに移行すること、またはアクションを実行しても課題の現在のステータスを維持する「ループ」トランジションを実行することを意味します。こうしたループ トランジションは課題アクションと呼ばれます。

課題を新しいステータスにトランジションするには、次の手順に従います。

  1. 課題の上にある [ステータス] メニューを選択します。

  2. その課題の新しいステータスを選択します。

課題ワークフローは、[ワークフローの表示] を選択しても見ることができます。

企業管理対象プロジェクトにあるワークフロー ステータスのドロップダウン。ドロップダウンには、[In progress (進行中)]、[backlog (バックログ)]、[selected for dev (開発用に選択済み)]、[done (完了)] が含まれています。

課題アクション (ループ トランジション) を実行するには、次の手順に従います。

アクションが 1 つしかない場合、課題上部にあるアクションの名前を選択します。

複数のアクションがある場合は、次の手順を実行します。

  1. 課題上部にある [アクション] を選択します。

  2. 実行するアクションを選択します。

Jira Cloud のグローバル ループ トランジション ドロップダウンのスクリーンショット

このアクションは、Jira のコマンド パレットを介してキーボードで実行できます。Jira 内で、command + K キー (Mac の場合) または Ctrl + K キー (Windows の場合) を使用してコマンド パレットを開きます。Jira のコマンド パレットの詳細はこちらをご確認ください。

ワークフローを編集するには、Jira の管理グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。詳細については、「課題ワークフローでの作業」をご覧ください。

リンクされた課題とサブタスクのトランジション

作業中の課題にサブタスクまたはリンクされた課題がある場合、表示中の課題から離れずにそれらをトランジションできます。リンクされた課題またはサブタスクのステータスを選択し、関連するステータスまたはトランジションを選択します。

課題ビューのドロップダウンを使用して、サブタスクを別のステータスに移行します。

ボード上でのトランジション

  1. Jira アイコン > [プロジェクト] を選択し、関連するプロジェクトを選択します。

  2. アクティブ スプリント (スクラム プロジェクト) またはカンバン ボード (カンバン プロジェクト) では、課題をある列から別の列へとドラッグ アンド ドロップしてトランジションします。

  3. ワークフローのトランジション ステータスを示すダイアログ ボックスが開いた場合、フォームを送信する前にすべての必須フィールド (赤いアスタリスクが表示されるフィールド) に入力する必要があります。

対象の列が複数のステータスに関連付けられている場合は、課題をその列に重ねると使用可能なステータスが個別のセクションとして表示されます。課題を列のセクションにドロップすると、対象のステータスへのトランジションが完了します。

複数課題のトランジション

以下の条件に応じて、Shift または Ctrl キーを押して複数の課題を選択し、バックログからプロジェクトのワークフローの次のステータスへとトランジションすることができます。

カンバン バックログでサブタスクを持つ課題をトランジションする

  • 親課題とそのサブタスクの両方をトランジションさせるには、親課題を対応するセクションにドラッグ アンド ドロップします。

  • 親課題またはサブタスクだけを移行するには、まず親課題を展開し、親課題またはサブタスクのみを対応するセクションにドラッグ アンド ドロップします。

  • 課題のすべてのサブタスクが完了したら、親課題自体を解決する必要があります。最後のサブタスクを [完了] 列へ移動させると、Jira には親課題の移動を要求するプロンプトも表示されます。ネイティブな Jira でサブタスクを解決した場合、[アクティブ スプリント] ページを次回開いたときに親課題にボタンが表示されます。

その他のヘルプ