Advanced Roadmaps のスプリント状態

Advanced Roadmaps は 5 つの異なるスプリント状態を使用します。 

  • 過去のスプリント

  • 完了したスプリント

  • アクティブ スプリント

  • [将来のスプリント] と

  • 提案されるスプリント

過去のスプリント

[過去のスプリント] は、その時点でスプリントが存在していたとしたら、過去のイテレーションはどのようなものだったかを名前を付けずに表現しています。これらはスプリントの長さに基づいて作成されて、デモンストレーション目的でのみ使用されます。スプリント ステータス バーにカーソルを合わせても、スプリント キャパシティ ウィンドウは表示されません。

完了したスプリント

過去のスプリントは過去のイテレーションを表すものですが、[完了したスプリント] はチームによって完了したスケジュール済みのスプリントです。完了したスプリントにカーソルを合わせると詳細を確認できますが、情報は変更できません。

アクティブ スプリント

[アクティブ スプリント] は現在進行中で、日付の横に ACTIVE SPRINT バッジがあるスプリントです。

プランで作業を自動スケジュールする場合は、残りのスプリント キャパシティに基づいて次に利用可能な将来のスプリントに課題がスケジュールされます。課題は、現在アクティブなスプリントに割り当てられません。

チームのキャパシティに予期しない変更がある場合 (たとえば、チーム メンバーが病気になった場合)、アクティブ スプリントのメニューでスプリント キャパシティをすばやく更新できます。

将来のスプリント

すでに Jira Software に存在してアクティブ スプリントを呼び出した後にスケジュールされている任意のスプリントは [将来のスプリント] と呼ばれて、名前の横に FUTURE SPRINT バッジが付きます。将来のスプリントの日付は、Jira Software ボードで定義されているとおりにタイムラインに表示されます。Jira Software で日付を設定しない場合、この日付はキャパシティ設定に加えて開始日と終了日の両方が設定されている課題に基づいて推定されます。 

提案されるスプリント

既存の将来のスプリントのスコープを超えて行われるように提案されるスプリントは、タイムラインにも表示されます。これらは [提案されるスプリント] と呼ばれて、日付の横に PROJECTED SPRINT バッジが付きます。

最終更新日 2021年08月10日)
次でキャッシュ 1:36 AM on Oct 19, 2021 |

その他のヘルプ