課題のリリース情報を確認する

管理者が Jira Software を互換性のあるリリース ツールに接続した場合は、課題の表示画面にリリース パネルが表示されます。Jira Software が接続されたツールに応じて、リリース パネルでは次のような機能が提供されます。

  • Bitbucket Cloud: Pipelines デプロイメントを表示します (ブランチの表示と作成、コミットの表示、プル リクエストの表示と作成の各機能が開発パネルに表示されます)。

  • LaunchDarkly または Rollout: リリースのステータス (機能フラグの数、有効化されているステータス、顧客の割合、ルールが適用された顧客など)。

はじめる前に

管理者が Jira Software と開発ツールを適切にセットアップ済みである必要があります。管理者と開発ツールとの統合についてご確認ください。

リリース情報を Jira Software で利用できるようにする

デプロイメント

コミット メッセージで課題キーを参照すると、リリース パネルにリンクとして表示されます。課題キーを参照する方法については「開発作業で課題を参照する」をご参照ください。

機能フラグ

リリース パネルで機能フラグを表示するには、関連するアドオンをインストールする必要があります。「機能フラグとの統合」をご参照ください。

リリース パネルの表示

すべてが適切にセットアップされると、課題に次のスクリーンショットのようなリリース パネルが表示されます。リリース パネルの情報を見ると、課題のリリース状態を一目で評価できます。コードがデプロイされているかどうかや、顧客に対して有効化されているかどうかを簡単に確認できます。

企業管理対象 Jira プロジェクトの課題ビュー。リリース パネルが課題に追加されて、チケットが展開されている状態。
  1. すべてのデプロイメントが概要としてまとめられます (クリックすると詳細が表示されます)。

  2. 機能フラグは名前別に一覧表示され、基本的ないくつかの概要情報も表示されます (名前をクリックするとフラグ プロバイダーに移動します)

 

デプロイメントの横にあるアイコンは何を表していますか?

リリース パネルに表示されるデプロイメント ステータスは次のようになります。  

保留または進行中

成功

失敗

ロールバック済み

Unknown

調査および情報に対するアクション

リリース パネル上で詳細を知りたい場合、項目をクリックすると詳細を表示できます。

デプロイメント

リリース パネルでデプロイメントをクリックすると詳細が表示されます。パイプライン番号をクリックすると、Bitbucket で表示することもできます。

リリース/デプロイ パネルに、テスト、ステータス、本番環境の 3 つのフェーズが含まれている状態。

機能フラグ

機能フラグ ステータスの詳細は 2 つの方法で確認できます。

  • フラグにカーソルを重ねるとフラグのステータス (ロールアウトの割合など) を簡単に表示できます。

機能ステータスが 100% であることを示すため、「on」のラベルが付いたフラグの上にカーソルを合わせた状態。
  • 名前をクリックすると、プロバイダーのサイトのフラグに直接移動します。

最終更新日 2021年08月27日)
次でキャッシュ 3:36 PM on Oct 18, 2021 |

その他のヘルプ