バージョン レポートを確認して理解する

このページは 企業管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に、[チーム管理対象プロジェクトを利用中です] が表示されている場合は、チーム管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

y 軸がストーリー ポイントを示し、x 軸が時間を示すバージョン レポート。進捗は青色のバーで示されます。

バージョンレポートは、特定のバージョンの完了に向けたチームの進捗を表示します。またバージョンレポートはバージョンの開始日と見積られた残タスクから、チームの進捗のスピード(ベロシティ)をもとに想定されるリリース日を表示します。

はじめる前に

このページの内容は スクラム ボードにのみ適用されます。

バージョンレポートを表示する 

  1. ナビゲーション バーで [プロジェクト] をクリックし、関連するプロジェクトを選択します。

  2. [レポート] をクリックし、次に [バージョン レポート] を選択します。

  3. バージョン レポート ドロップダウンから該当のバージョンを選択します。

バージョン レポートを理解する

バージョン レポートの使用を始める前に、それがどのように動作するかを知っておく必要があります。次の情報はバージョン レポートの主要な機能を理解するのに役立ちます。

  • バージョン レポートはボード固有のものです。つまりボードに保存されたフィルターにマッチした課題だけを含むことができます。

  • バージョン レポートは、"サブタスク タイプ" の課題を除外します。

  • バージョン レポートは "リリースされた" バージョンを表示し、"アーカイブされた" バージョンは表示しません。バージョンのステータスの詳細については、「バージョンの管理」(Jira 管理者向けドキュメント) を参照してください。

  • バージョン レポートは、ボードの列マッピングに基づいています。課題はボードの左端の列にマッピングされているステータスにあると、"To Do" であると見なされます。同様に、課題はボードの右端の列にマッピングされているステータスにあると、"完了" していると見なされます。詳細については「列の設定」を参照してください。

  • 横軸はバージョンの開始日から始まります。開始日が指定されていない場合は、バージョンに最初の課題が追加された日付から始まります。グラフは、合計ストーリー ポイントと完了したストーリー ポイント (または別に選択した見積統計) を使って、特定の時点のバージョンの状態を表示します。これによってスコープがどのように変更されているかや、見積り済みの作業が完了に向けてどのように進捗しているかを確認できます。

  • グラフは次の予測を表示します:

    • 予測リリース日 (青い線) - このバージョンのすべての課題が完了すると見込まれる日です。日次の平均ベロシティと残りの見積り済み作業の量から算出されます。

    • 予測リリース日 (楽観値) (青い線の左側の斜線部) – このバージョンの完了を見込める最も早い日付です ("楽観値" の日付はベロシティの日次平均に 10% を加えることで計算されます)。

    • 予測リリース日 (悲観値) (青い線の右側の斜線部) – このバージョンの完了を見込める最も遅い日付です ("悲観値" の日付はベロシティの日次平均から 10% を引くことで計算されます)。

  • 予測値を計算するには、バージョンの見積もり済み作業のうち 10% が完了している必要があります。

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

最終更新日 2021年06月30日)
次でキャッシュ 12:24 AM on Oct 18, 2021 |

その他のヘルプ